アクセスカウンタ

つぶやき館

プロフィール

ブログ名
つぶやき館
ブログ紹介
  テーマの方向性は特にありません。ただ自分なりに
真面目に書きたいと思います。



1953年 岡山県小田郡矢掛町出身

   地元の公立高校卒業

   広島大学歯学部卒業

   神戸大法学部学卒業 

大阪外国語大(現在の大阪大外国語学部)中退


       

         


 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 



      
 

 

  
     
 
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
若者の韓国への異常な関心、気になる症候群(2014年2月19日再掲載)
若者の韓国への異常な関心、気になる症候群(2014年2月19日再掲載)    ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/22 10:25
ケネディ大統領PT109の真実、天霧艦長、花見弘平氏
ケネディ大統領PT109の真実、天霧艦長、花見弘平氏  確かに日本帝国海軍の駆逐艦、「天霧」と、その後のケネディ大統領がトップの魚雷艇 PT109との衝突、PT109沈没が戦後の友好美談となったのは事実である。「昨日の敵は 今日の友」なわけで、美談的に取り上げられている。だが天霧艦長の花見弘平氏はなか なか賢明な方である。結果は友好でも花見氏は疑問を感じることが多かったという。映画 のPT109の感想が「ちょっとケネディを美化しすぎているな」、また戦後の日本の外交政策 があまりに親米路線一辺倒なことの不満を覚えておられた。これでは鬼畜米英... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/22 05:15
人生の黄昏をどう生きるべき、自分探しの旅に終わりはないはず。
人生の黄昏をどう生きるべき、自分探しの旅に終わりはないはず。   月並みな言い方だが、ますます超高齢化する日本で老いてゆく姿ばかりが 目につく。人それぞれ、状況は多種多様でも、高齢となると人生崖っぷちである 。人生は残り少ない、サラリーマンで社畜で生き抜いた人は、退職はやれやれ、 恵まれた年金で悠々自適、という心境ならそれでいい。だがことは簡単ではない 。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/21 10:30
真備水害、目立つ国や行政の責任逃れの態度、発言
真備水害、目立つ国や行政の責任逃れの態度、発言  昨日、矢掛町から真備町に入った。ただ車で通過であるが。適当な駐車場所もない ため素通り的になるしかなかった。端的に言って、災害ゴミ、廃棄物の撤去など、後片 付けはあるていど終わっている、ボランティアの姿もちらほらにしか見えなかったが、 沿道の商店、スーパーなどはおしなべて一階、は完膚なきまでに浸水、後片付けは 出来ても営業再開は容易ではない、徐々に再開されるにしても、これを機会に閉店 という店も出ている。スーパーのマルナカ、またディオ(大黒天物産)は敷地内で仮店 舗での営業再開、で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/20 18:40
写楽探しは終わらない、中村此蔵(歌舞伎役者)説
写楽探しは終わらない、中村此蔵(歌舞伎役者)説  古書学というか和本研究の成果と云わねばならないのか、あの大首絵を描いたのは 阿波、蜂須賀公お抱えの能役者、斎藤十郎兵衛だというのがもはや動かしがたい歴史 的事実とされているかのようだ。従来長く、写楽探しは知的好奇心をくすぐり、満たす、 誠に魅力的な歴史的テーマであった。そこに挙げられたのは著名人が別名であの大首 絵を描いたというものであるが、挙げられたのは数多い。基本的に歴史上名を知られた 人ばかりなのは仕方がない。もし、無名人と考えれば、考えようがないからである。その 無名人の系... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/20 00:17
三島由紀夫が乱入の半年前に「月報」で吐露した本音
三島由紀夫が乱入の半年前に「月報」で吐露した本音   まあ、以前にも書いたことだけど中央公論社「日本の文学34」1970年6月配本だったか、 「内田百閨A牧野信一、稲垣足穂」である。この「月報」で三島由紀夫(この巻の解説を執筆) と渋沢龍彦とも対談、ここでというか、まことに同年11月25日の乱入事件を明らかに示唆す る発言を、何やら枯れた風情で三島由紀夫が行っている。見た目もあのキザっぽい、もった いぶった感じがなくて、いたって素直な感じ。あと二年で三島由紀夫も著作権がなくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/19 08:45
高齢男性の女性依存心、女性はいつまでもいてはくれません
高齢男性の女性依存心、女性はいつまでもいてはくれません  実のところ、今後ますます高齢化社会は進展し、いつかは一人になるという時代、 まして最初から結婚しない人が多いが、女性は問題にならないが男性は問題すぎる ほど問題である。別に、高齢男性に限らない、男というものは女性にやたら惹かれる ものだからである。精神的、また肉欲も強いため女性への依存心が非常に強く、それ に翻弄されるといった感じである。「あの女性だけが心の支え」というなんとも切ない 男性が多いものだ。しょせんは神が男と女をそのように造り上げているのだから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/18 10:58
「無思想人宣言」(大宅壮一)、長男の歩への追慕
「無思想人宣言」(大宅壮一)、長男の歩への追慕  こういう話をどこかで読んだことがある。あの大宅壮一の著書の中ではその 本質を語った名著といってよいとおもうが、大宅壮一の素顔が吐露されている。 1956年、昭和31年に刊行された大宅壮一著「無思想人宣言」、実はあの梶山季 之の師は大宅壮一であった。梶山が「赤いダイヤ」を書いている頃のこと、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/17 11:21
児玉隆也(淋しき越山会の女王)の日比野弘氏への手紙
児玉隆也(淋しき越山会の女王)の日比野弘氏への手紙  ラグビー界におけるおける日比野弘氏はいわば巨人と云ってもよい存在では ある。が、その日比野氏あの「淋しき越山会の女王」で一世を風靡した児玉隆也 さんがファンレターを送ったことがあるとラグビー雑誌で読んだことがある。児玉 隆也氏が癌でなくなってしばらく後、日比野氏は記者と飲んでいた。そこでぽつり と、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/16 12:14
桜は散るからこそ美しいと言って済まされるだろうか、折口信夫と柳田国男
桜は散るからこそ美しいと言って済まされるだろうか、折口信夫と柳田国男   まあ、古くは日本語学の山田孝雄による「櫻史」というかなり縦横無尽な労作もあるし、 最近では水原紫苑、女性歌人だが「桜は本当に美しいか」もある。この本はしょせん歌人 の執筆だけに、なにか国家主義、戦争礼賛、人命軽視の助長の道具となった桜の暗部 など何も書いていない。ものは考えようで桜など嫌いでたまらない、という人もじつはいる とにかく桜の木はお行儀が悪い、所構わずという風情である時期になったら勝手に思い 切り、花を咲かせて、そこらじゅう一帯に花びらを散らかしてしまう。あまりに日本人が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/15 19:37
日本のプラモ聖地、真備のエラヤは9月閉店
日本のプラモ聖地、真備のエラヤは9月閉店  これも今日、山陽新聞にでていたけど、と言ってすでに前々から9月からは閉店作業 に入ると計画されていた全国プラモの聖地「エラヤ」真備町川辺、・・・・・本陣殺人事件 の川辺の本陣ってあったけど、・・・・・このたびの豪雨浸水で一回部分は完全水没、全国 プラモファン垂涎の商品多数という10万点の在庫も完全水没、箱やマニュアルはクシャ グシャになってしまった。プラシチック製品なので水没は本体はクリアーでも商品としては もう通常では売れない。表で乾燥させ、全国から殺到のプラモ、模型ファンに売れる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/15 16:22
Facebookの煩悩からの解脱方法
Facebookの煩悩からの解脱方法  低下気味とはいえ、Facebookをやっている人は莫大である。だが今になって思うことは 現実の生活からは想像もできない出会い、現実の生活では絶対に知り合えない人と出会 うことができる、ある意味、なんとも素晴らしいといえば素晴らしいSNS、最大規模の、しか も内容が微に入り、細を穿つ充実ぶりでまるでFacebookを職業!としているかのような人 も少なくない。それがしょせんはムラ社会で群れて喜んでいるだけ、とも揶揄されるが、そ れはそれで仕方のない話である。女性なら女王かプチアイドルと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/14 21:14
知られざるプロレタリア詩人、高橋辰ニ、「詩の導きなしでは人生は闇」
知られざるプロレタリア詩人、高橋辰ニ、「詩の導きなしでは人生は闇」  2018年から多くの作家、詩人、俳人などの著作権が消滅し、自由に使えるようになって そのリストが公開されている。その中に、詩人、高橋辰ニがいる。元来、戦前において「 文芸戦線」で作品を発表もしていたが、いかんせんいまもって作品はいかなる形でも独自 で出版されておらず論評も、大ア哲人氏のものに限られ、そこに引用されている作品しか 現実的に読むことは出来ないのである。無名といえば無名だがその引用された作品から 判断も軽率にせよ、その詩の訴える魂の叫び、苛酷な生活の中から発する訴えは強烈 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/13 22:28
買い換えるような車はない
買い換えるような車はない   車の買い替えは二重の意味で大損である。今まで何百万とお金を注ぎ込んで実質的 には何不自由なく乗れるフル装備の車を中古車価格がつかないという理由で捨て去るこ と。もちろん、新車購入は実は新車価格にオプション装備をつけなければ、まともな車には ならないという現実がある。フロアカーペット、シートカーバーなど必需品でもことごとくオプ ションに回っており、それらが大抵の場合、実に割高である。新車価格のウソの最たるもの はオプションである、オプションでこそメーカー、ディーラーも利益を出すのであ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/12 17:42
頼むから国は天皇制で国民を騙し続けるのはやめてほしい、明治の政治的創作の「天皇制」
頼むから国は天皇制で国民を騙し続けるのはやめてほしい、明治の政治的創作の「天皇制」  といって明治以降の徹底した教育で日本国民は思い込んでいる。端的に言って明治 までは民衆が天皇を意識することはまったくなかった。京都に住んでいる天皇家という だけであり、憲法があったわけでもない、統治機構に関与していたわけでもない。室町 時代以降はただ京都にいる天皇家であった。だが明治以降は、これが一転、いい表現 ではないが徹底した洗脳教育は成功し、日本国民は常に強迫観念のように天皇という ものが頭から離れない、江戸時代までは「京都にいる天皇家」であり、明治以降が初め て「天皇制」で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/11 12:15
昨年のお盆休みの苦渋に二の舞はしない
昨年のお盆休みの苦渋に二の舞はしない  昨年もお盆休みはご連休だった、ま、ルンルンだが結果は悲惨、だが正義を 通せばああなるしかなかった。最初凱歌をあげたのは家内の姉であった。私 をまんまと実家に追い返すことに成功?したと思って、この地元の日本料理店 の蔵(うどん屋ではない)で喜色満面の家内らとの会食、であった。妹を完全に 味方に取り込んだからであった。かくして我が夫婦の間を裂き、自分のバレエ 学校発表会の受付の非礼、不手際はもう無視できて、バレエ学校父兄会も全面 的に味方に引き入れて、まあ、さぞ意気揚々であったはずだ。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/10 19:23
「ルイズ その旅立ち」藤原智子監督、伊藤ルイの生きざま
「ルイズ その旅立ち」藤原智子監督、伊藤ルイの生きざま  1997年くキネマ旬報文化映画部門で第一位に輝いた藤原智子監督による 、その前年亡くなった伊藤ルイさんの生きざまを描いた映画。伊藤ルイさんは 大杉栄、伊藤野枝の間の四女である。Movie Walkerからその概略を引用させ ていただきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/10 11:29
「つぶやき館」出版計画その後、自費出版の採算性
「つぶやき館」出版計画その後、自費出版の採算性  もうブログを初めて8年半が近く、コンサルタントの方から出版のお話もあったが、 ひとまず見送りとさせていただいた。採算を見込める判断して出版社が出してくれた ら持ち出しも別段ないが、この本のあまり売れない時代、容易に無名な人間の本など 出してくれる所もない。・・・・なぜ本が売れない時代と考えるに一つのは昔に比べ、本 の値段が全般に上昇している、けれど最大の理由は住宅事情、と読書習慣の衰退で あろうと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 20:04
西村伊作(文化学院)戦後の豹変、津川雅彦を生んだもの
西村伊作(文化学院)戦後の豹変、津川雅彦を生んだもの  概して芸能人では「文化学院」に行ったというケースが多い、まあ入江若葉も そうだし、亡くなった津川雅彦も最後は文化学院、はるか戦前から奥ゆかしい 教育内容を誇る、といって過言でもなさそうだが、ここで留意点がある。事実上 の創立者といえる西村伊作の戦後の豹変問題である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 10:24
ブログをコピペして自分の記事にするやつが多い、被害にあった
ブログをコピペして自分の記事にするやつが多い、被害にあった  最近、ブログ記事をコピペされたりエロ動画サイトに誘導されるとか、被害に あって困っている。昨晩書いた「林芙美子のタバコ問題」がhttps://able15883.hatenadiary.com/entry/2018/08/08/012010なるブログの早速、コピペされ、自分の記事として投稿している。hatenaであ る。以前にも多かった、私の記事をそのままコピペすればアクセスが増えるのか しらないが、・・・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/08 18:22
津川雅彦はなぜ究極の右翼となったのか?マキノ一族の左右のDNA
津川雅彦はなぜ究極の右翼となったのか?マキノ一族の左右のDNA  映画関係での一族で最も規模が大きく著名なものはマキノ一族である。マキノ 省三を始祖とするがその父親が勤王派農兵を率いて戊辰戦争を戦った、という 事実はある。だがそれ以後のその一族に特段右翼に走った、という人物は見当 らず、沢村貞子のように左翼運動で戦前、二度の逮捕拘束という開明的な女性も いる。だが津川雅彦は僭越にもマキノ某を名乗ったりもしたが、右翼というより、こ の世で最も権力中枢と一体化し、読売テレビの右傾化番組の右のパネリストにな ったり、そもそも日本会議と一心同体で安倍晋三... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/08 10:49
林芙美子におけるタバコ問題と庶民性
林芙美子におけるタバコ問題と庶民性  最近、何かとあの偉大なる女流作家、林芙美子のついてあれこれ考えている。林芙美子 は徹底的に読まれ、研究もされている作家なので今さら新たに申し述べることもなさそうだ が。平林たい子みたいに林芙美子の親友を名乗っても、イズム詮索で芙美子を「弱い性格」 と断じるのはお門違いというもので、そのような建前と無縁な、右であれ、左であれ、気取っ た思想に拘泥することこそ芙美子が忌み嫌ったことである。何よりも本音の真実の人だった 。だから明るくもあり、暗くもある、単純に明るい人間などいるはずもない。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/08 01:18
世界的なプラモデルの聖地、真備の「エラヤ」の被災
世界的なプラモデルの聖地、真備の「エラヤ」の被災  今日の山陽新聞の社会面にトップでデカデカと出ていた。在庫10万点を誇る、プラモ ファン垂涎の商品を取り揃えた日本というより世界的なプラモデルの聖地、真備町川辺 のおもちゃ屋、プラモデルに特化、「エラヤ」が決壊による浸水被害をもろにうけて一階 は完全水没、全在庫商品がだめになってしまったという、再開の見通しは現実的に立て られないという悲劇のニュース。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/07 10:11
エマ・ゴールドマン、思想の母の伊藤野枝への影響
エマ・ゴールドマン、思想の母の伊藤野枝への影響   あの甘粕事件で陸軍首脳の指令によって憲兵隊に扼殺された伊藤野枝は自分の 娘に「エマ」と名付けた。あの伊藤野枝にあれ程の影響を与えたエマ・ゴールドマンとは 、フェミニストというよりアナーキストと呼ばれているエマ・ゴールドマン、21世紀にもな って奇妙な後進性を露呈する日本の現実からすれば、今こそエマ・ゴールドマンともい えるのではないか。反フェミニズムを最大目標とするような右翼団体が跋扈する日本な ら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/06 18:20
高校野球で「超高校級」はなぜ消えた、死語となったわけ
高校野球で「超高校級」はなぜ消えた、死語となったわけ  つまらないこととは思うが、その昔、かなり前だと思う、その時点くらいまでは高校野球の 豪腕、実力派の投手を表す言葉で頻繁に「超高校級」という言葉が頻繁に使われていた。 例えば最後の頃、使われた高校野球の投手はだれくらいだろうか、1968年、昭和43年ころ 、例えば平安高校の池田とか、・・・・三重高校の水谷、もちろんそれ以外に多くの投手が 超高校級と形容された。だがもうこの言葉は使われていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/05 17:08
黒島伝治、農民とと反戦、根底にあるリアリズム、醤油文学
黒島伝治、農民とと反戦、根底にあるリアリズム、醤油文学  実際、黒島伝治は今となってあまり語られることもない、またお世辞にもあまり 読まれているとは思えない作家であるがその残した作品は素晴らしいと思う。 日本文学の下手な著名大物作家など足元にも寄れない、というと大げさでも 、それほど端倪すべからざる作家であると思える。プロレタリア作家と簡単に カテゴリーに組み入れるやり方もどうかとは思うが、プロレタリア文学の、広義 のプロレタリア文学の到達点ともいべき作品群である。その意味で葉山嘉樹と 双璧であろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/04 12:46
東京医科大の女子一律減点、・・・ただ不正体質の一つの表れでしかない
東京医科大の女子一律減点、・・・ただ不正体質の一つの表れでしかない  最初は文部官僚の息子の不正入学、合格点に達してもないのに合格させたことが 発端であったが、2011年くらいからか、女子受験生の一律減点、男子受験生の加点 など、募集要項などにも当然一切記載がないのに女子受験生の不当な排除が公然 と行われ続けてきたこと、が現在話題である。右翼がかった連中から妙な擁護もある が、私は東京医科大学の不正体質のひとつの表れでしかないと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/03 22:14
真備大水害、長野士郎(6期)石井正弘(4期)岡山県知事の大罪
真備大水害、長野士郎(6期)石井正弘(4期)岡山県知事の大罪  まあ、誰が悪いというのではなく、復興に努力しよう、では済まない。直近では 1997年に法的に義務付けられた河川整備計画すら全く放置して治水事業に全く 取り組もうとしなかった岡山県政、県知事の責任である。真備の住民感情でも 派手な箱物行政に終始し、出身地の総社市に利権を誘致した6期にも及ぶ元 自治省事務次官の長野士郎、それに続く4期に及んだ、結局は何もやらなかった 無為無能な石井正弘県政が直接の責任者というべきである。石井などは道州制 とか、下らぬことばかりホザいていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/03 01:01
車検、整備から戻った車の調子が悪くなっているのはなぜ?
車検、整備から戻った車の調子が悪くなっているのはなぜ?  先日、イエローハットで車検をした。普通ならイエローハットではやらないが今回 はその前にかかりつけのモータースで「タカタ」のエアバッグ、助手席のエアバッグ の部品交換のリコールでカーナビを壊されたため、お灸をすえるため今回はパス したのである。だが、やってわかったのはイエローハットでは本当に通り一遍の 整備しかできない。例えば「クーラント交換」が出来ない、「強化剤を入れておきま す」これで車検勧誘はおこがましいが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/02 11:12
杉田水脈など論じる価値なし、優生思想を鼓舞して出世街道の日本会議
杉田水脈など論じる価値なし、優生思想を鼓舞して出世街道の日本会議  このたびの杉田水脈の「生産性」発言、「差別でなくて区別だ」は古来の陳腐な 言い草である。端的に言って日本会議系列の女性右翼はその主張は全て同一で あるといってよい。パターンが決まっている、戦争体験も戦争近接体験もまったくな い。日本会議の幹部でも年齢的には戦争体験と無縁である、その主張はまさしく 明治の強固なる迷信を絶対化する保守的な頑迷な思想であり、かぐわしい日本古 来の伝統という趣は皆無である。だが21世紀にもなってその日本会議が事実上政 権政党の自民党と事実上一体化し、日本会... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/01 12:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる