つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇太子夫妻、矢掛高校、矢掛町訪問は中止、落胆と安堵

<<   作成日時 : 2018/07/11 10:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 このたびの豪雨、大水害の被害の大きさは真備町を中心に岡山県でも甚大で
あった。真備町の大水害ばかりが大きく報じられるのはやむを得ないが、実は
矢掛町も大きな被害を被っている。浄水場の浸水もあり、広範囲で断水してもい
る。ここでこの岡山県の全体的な大被害を考慮して皇太子夫妻の岡山訪問、そ
の際の矢掛町、矢掛高校訪問も中止となった。岡山県にはまた夫妻で来られる
機会があろうかとも思うが、矢掛町、矢掛高校訪問は永遠に潰えたというしかな
い。

   
画像


 ご予定では今月11日に矢掛町で国の重文、石井家旧本陣、また矢掛高校を
訪問視察、12日に岡山市北区伊島町での「人と科学の未来館サイピア」を訪れ
て見学生献血推進連盟の活動を見学後、同全国大会へのご出席のご予定であ
った。

 だがこの度の未曾有の水害で皇太子ご夫妻がのご配慮で岡山市で開催予定
の第54回献血運動全国大会への出席のご予定などを辞退されるむねが発表さ
れた。別にこちらから拒絶したわけではない。献血運動全国大会自体も中止が
決まった。

 ということなのだが、矢掛高校訪問、さらに矢掛本陣の近々天皇になられる
皇太子殿下、また夫妻での訪問という破天荒なまでの栄誉は夢に終わってし
まった。だが、・・・・・・・

 対応しなけrばならない矢掛町関係者、また矢掛高校の校長など関係者は、
落胆もあるにせよ、重大な責任接待から解放されたという安堵の気持ちが大き
いと思う。特に矢掛高校校長は、

 もう豪雨大被害への対応で岡山県は精一杯である。皇室警備に警察を大きく
さくのは現時点で非現実的である。中止は妥当な判断であった。たとえ中止とな
ッテも矢掛町、矢掛高校に皇太子ご夫妻が来られるという栄誉の計画はこれは
未達成となっても栄誉となって残ることである。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
皇太子夫妻、矢掛高校、矢掛町訪問は中止、落胆と安堵 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる