アクセスカウンタ

つぶやき館

プロフィール

ブログ名
つぶやき館
ブログ紹介
  テーマの方向性は特にありません。ただ自分なりに
真面目に書きたいと思います。



1953年 岡山県小田郡矢掛町出身

   地元の公立高校卒業

   広島大学歯学部卒業

   神戸大法学部学卒業 

大阪外国語大(現在の大阪大外国語学部)中退


       

         


 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 



      
 

 

  
     
 
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
差別の時代を生きる意味、・・・障害者、高齢者、福島、異民族、異端の存在
差別の時代を生きる意味、・・・障害者、高齢者、福島、異民族、異端の存在  福島の原発事故による放射能汚染で避難、転居している生徒への差別が 問題となっているが、とにかく痛感するのは、社会全体が、大変に差別的に なっているということである。民族が違うから差別、これか歴史的なかなり古典 的な差別にしても、現代は、何か一種の「穢れ」をそこに感じたら即座に差別が 始まってしまうし、「穢れ」感情と、全体の流れに沿わない「異端」的な存在への 呵責ない差別感情が実に露骨である。障害者がこの世に生きるのは有害無益 というナチス流の優生思想、それが高齢者、病人にも及んでい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/10 15:07
プリウス暴走の記事はなぜ削除、揉み消されるのか?
プリウス暴走の記事はなぜ削除、揉み消されるのか?  現実にトヨタのプリウスの暴走事故、コンビニ特攻や多くのシチュエーションに おいての暴走は極めて多い。ネットで指摘されるが、一般に新聞、雑誌メディア ではトヨタの広告掲載の拒否という圧力、さらに政治的な圧力でプリウスの暴走 が取り上げられることはまずない。ネットでもプリウス暴走が取り上げられると、 即座に「母数が多いから当然だ」とか「なぜプリウスばかり取り上げる」などという かなりトヨタの息がかかったカウンター記事をアップしてくる。あるある程度有力 なサイトが「プリウス暴走事故」を取... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/09 10:35
林養賢はなぜ金閣寺に放火したのか、ー意外な正義感と半端さ
林養賢はなぜ金閣寺に放火したのか、ー意外な正義感と半端さ   昭和25年、1950年に起きた金閣寺放火事件、ここに従来の金閣寺は全焼 してしまった。この事件、金閣寺放火事件の理解は端的に言えば三島由紀夫の 「金閣寺」的な解釈によるものであり、その影響は今も根強い。すなわち「見下し 視線による吃音一元論」というわけで、三島の「金閣寺」は林養賢の吃音問題を 「仮面の告白」流の、ねっとりした隠微な文章で綿々と書いたものといってよい。 すなわち林養賢の金閣寺放火は吃音でうだつが上がらぬ悩みとそこから来る 反感、自分の不幸な生い立ちがなせた結果、と、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/08 09:55
慰霊と謝罪と真珠湾攻撃、・・・・・慰霊はしても謝罪はしないは欺瞞
慰霊と謝罪と真珠湾攻撃、・・・・・慰霊はしても謝罪はしないは欺瞞  安倍首相が真珠湾を訪問し、慰霊して日米の和解を達成する、という訳で日本 の御用メディアは「アメリカも絶賛」しているとか。論点は多岐にわたる。日本会議 をバックにする現在の自民党は「戦前の戦争、とくに15年戦争における日本軍の すべての行動、戦闘行為、作戦の絶対的正当化」は最大のドグマである。だから 対米戦争であれ、対中戦争であれ、南方の戦線での戦い、全ては絶対的正当化 の対象であり、何が何でも謝罪などしない。ただし対米戦争でのアメリカ人被害に ついては謝罪はしないが慰霊だけはしてや... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/06 22:04
ボブ・ディランが「傲慢無礼」?ディランを知らない人間の言うことさ
ボブ・ディランが「傲慢無礼」?ディランを知らない人間の言うことさ  ともかく12月10日はノーベル賞授賞式、・・・・そこで話題の文学賞受賞の ボブ・ディランは出席しないという。もちろん、現在のノーベル賞は発表後は 辞退も出来ず、また授賞式にでなくても受賞自体には関係のないことである が、・・・・この世はノーべル賞が欲しくてたまらない人間(学者、研究者、作家、 など、・・・・‥)で満ち溢れているのに、ボブ・ディランという、遥かに世俗の栄 誉など超越した存在への受賞決定は、ほほえましい、というのか、なんとも 爽快で済まされない皮肉な印象を受ける。・・・... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/06 10:52
モナ・リザ盗難事件(1911年)の真実
モナ・リザ盗難事件(1911年)の真実  あの史上最も有名な名画というべきレオナルド・ダ・ヴィンチ作「モナ・リザ」が パリのルーヴル美術館から忽然と姿を消したは1911年8月22日のことであった 。モデルが誰かがまだ特定されたとは言い難いが、緻密に眼瞼黄色腫まで描 いているその技法は古今に絶していると言えないこともない。いうまでもなくモ ナリザは日本での通称であり、「La Joconde」はイタリア、フランスでの名称とさ れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/05 10:45
誰がなんと言おうと「アクセルとブレーキの踏み違え」は大ウソだ!真実を隠蔽するな!
誰がなんと言おうと「アクセルとブレーキの踏み違え」は大ウソだ!真実を隠蔽するな!  相変わらず、コンビニに突っ込む、病院に突っ込む、誤って急発進、暴走、その 挙句の死亡者さえ出る、そのたびに、例えば「高齢者」という切り口とか原因は「ア クセルとブレーキ」の踏み間違え、と繰り返し、警察やメディアが発表して真相を 糊塗してしまうやれ、自動ブレーキ、さらには自動運転まで口にする自動車メーカ ーも「アクセルとブレーキの踏み間違え」という、誰が考え出したの分からない捏造 の事故理由のおかげで「全てドライバーの人為ミス」で済ますのか、完全にシカトし て一顧だにしない。本当に「... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/03 21:00
実は低い高齢者(加害)事故率、ー蠢く警察利権、(高齢者講習)メディアを使って世論操作
実は低い高齢者(加害)事故率、ー蠢く警察利権、(高齢者講習)メディアを使って世論操作     今、ネットのポータルサイトで年齢に関係なく起きる交通事故を「高齢者」 の切り口のみで大きく報道し、ポータルサイトのニューストップに連日掲載 されている「高齢者交通事故」、・・・今何が起きているのか、それを知ること は重要である。新聞や警察の報道に反して交通事故の正確な年齢別事故率 を知っているのは保険会社である。だからこそ、年齢が基本的高くなるほど、 保険料は安くなるのである。別に保険会社は嘘、偽りはない。あるいは、こ こで行政から圧力がかかり、高齢者の自動車保険料(任意保... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/02 11:55
「菊と刀」ルース・ベネディクト、・・・・・日本人はどこまで特異な民族か?
「菊と刀」ルース・ベネディクト、・・・・・日本人はどこまで特異な民族か?  アメリカは対日戦争の勃発により、日本の研究、日本人の研究に本格的に取り 組んだことは、例えば敵性語排撃ていどの反応しか示せなかった日本とは、およ そ格の違う対応ぶりであった。ここから日本文学研究者や著名な日本関連の学 者を生んだことは歴史上の、ある意味、偉業である。ドナルド・キーン氏を思えば 分かるであろう。日本の対米理解といえばアメリカの兵士は女とチャラチャラする ばかりの軍隊精神のまるでない、弱虫ばかりという相手を侮蔑する低級なレベル に終始したのと比較すればいい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/02 00:08
戦後の武装天皇制の発露、米軍基地継続提供メッセージ
戦後の武装天皇制の発露、米軍基地継続提供メッセージ  ともあれ日本は散々な敗戦を喫した。世界中から袋叩き、だがそれを救ったの が、その後の冷戦構造の勃発、そこから日本がアメリカへ、よくいわれる「自発的 隷属」の宣言を行い、最大の戦勝国、世界の支配者、アメリカに擦り寄ることで敗 戦国の肩身の狭さを、ある部分、抜け出すことに成功したことである。日本国憲法 では天皇は象徴天皇制、基本的には立憲君主制で政治に直接関与しない、では あるが、戦後の現実として沖縄に半永久的に軍事基地を残すというマッカーサー へのメッセージ、さらに講和条約の前年、来... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/01 10:34
インプレッサGH2ボンネットをGRB(WRX STi 2007〜)のターボ用ボンネットに交換
インプレッサGH2ボンネットをGRB(WRX STi 2007〜)のターボ用ボンネットに交換  別に愚行とは思えない。安い投資だと想う。もはや見た目はあのGRB(インプレッサ WRX Sti)とオーバーフェンダーを除けば瓜二つ。オーバーフェンダーは基本的にス タイル的にいいものではないから、これは構わない。GH8、つまり2Lターボの2.0GT もターボ用ボンネットだが,遥かにそれよりWRX STiに近い。2007年発売のインプレッ サWRX STiは2011年、インプレッサのフルモデルチェンジとともにインプレッサの名 称が取れて、ただのWRX STiとなったが実質インプレッサG... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/30 15:20
日本会議の言う「伝統は」は本当に「伝統」なのか?本当に正当性の根拠か?
日本会議の言う「伝統は」は本当に「伝統」なのか?本当に正当性の根拠か?  いうまでもなく、日本会議は自らの主張の正当性の根拠を「伝統」に置いて いる。これは繰り返し、日本会議や、また自民党の言うことでもある。「伝統」 であるから正しいことである、それゆえ、それを現代に復活させることは伝統 に基づく「美しい日本」の復元である、だがそれらは全て明治という長い日本 の歴史から見れば、あまりに特異な時代に創設された「明治の制度」でしか ないはずである。改憲も日本の「伝統」に復するためであるという。だが、しょ せんは「明治の制度、考え方」をあたかも古来、何千年の日... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/29 21:32
facebook「友達リクエストしてないのにリクエスト送信済み?」の怪
facebook「友達リクエストしてないのにリクエスト送信済み?」の怪  最近奇妙なことに気づいた。私自身はこちらから友達リクエストは決して 行うことはない。これはポリシーである。だが「友達かも」が表示されるので、 どんな人かな?と覗いて見る程度のことはある。・・・だが昨日になるが、ふと 「リクエスト送信済み」というものを開けてみたら、・・・・・仰天した。なんと結構 、少なくない数、しかも全然知らない人に「リクエスト送信済み」となっていたの だ。PCなのであまり誤操作もないはずだし、リクエストしないのが心情なのだ から、・・・・でももしリクエスト送信済み... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/29 12:25
「高すぎる都民税」 (吉行淳之介)を読む
「高すぎる都民税」 (吉行淳之介)を読む  国税を酷税ということもあるが真の酷税は地方税である。その税目の多さ、 課税率の高さはちょと驚くほど、・・・その大半は地方公務員の人件費のため に使われると思って間違いないだろう。都道府県税と市町村税(東京では特別 区税)と二重の構造である。住民所得税、固定資産税、都市計画税などは特に 負担が重く、東京などでは「まるで固定資産税を払うために働いているようなも のだ」という悲痛な歎きさえ、もう当たり前のものだが、役所は何を言おうとも冷 酷そのもので聞く耳も税額を下げる考えなど毛頭持って... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/28 17:56
奈良県警による医師取調中の暴行致死事件
奈良県警による医師取調中の暴行致死事件    奈良県山本病院における肝臓腫瘍切除手術における患者死亡事故につき、業務 上過失致死容疑で逮捕された、同手術に助手として入っていた医師が2010年2月6 日に逮捕され、同月25日に死亡した件につき、岩手医大法医学教室の教授、出羽 厚ニ氏が取調中の警官による暴行によって死亡したと認められる、として奈良県警 の担当警察官(氏名不詳)を刑法の特別公務員暴行陵虐罪などに該当するとして奈 良県警に告発状を提出した、というのは周知のとおりである。受理が危ぶまれたが 結果的には奈良県警はこれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 18:54
「賢者の贈り物」(O・ヘンリー)、全てが徒労と分かった時、貧しい夫婦は、・・・・・
「賢者の贈り物」(O・ヘンリー)、全てが徒労と分かった時、貧しい夫婦は、・・・・・  〈One dollar and eighty-seven cents.That was all・・・・・・〉、「1ドル87セント、それ が全てだった-」で始まるO・ヘンリー原作の「賢者の贈り物」(The Gift of the Magi) 続けて「乾物屋や八百屋や肉屋で値切って、そんなしみったれた買い方が意味す るケチくささを黙って非難されて顔を赤らめながら、一回で1枚、2枚と貯めた銅貨 だった。デラはそれを三度数えた。1ドル87セント、しかも明日はクリスマスなのだ」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/26 15:49
「獄室の暗影」など、尾崎士郎、・・・・・大逆事件で刑死した人達の正当な解釈の究明
「獄室の暗影」など、尾崎士郎、・・・・・大逆事件で刑死した人達の正当な解釈の究明  今となれば大逆事件で死刑判決を受け、獄中につながれた幸徳秋水の 書簡も発表されているが、尾崎士郎がまさに処女作として(発表は相前後 したが)書いた幸徳秋水の獄中書簡想定の小説「獄室の暗影」は主にその 予審調書などを手がかりに想像を巡らせて書かれたものなので、政治社会 における闘争に生涯を捧げた幸徳秋水の書簡、としてはあまりに文弱に流 れたかのような文学趣味に満ちたもので、何か釈然としない印象を受ける、 ・・・・・・これはさりとて「獄室の暗影」の価値をいささかも損なうものでないこ ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/25 10:41
戦前回帰の原資としてのTPP推進の崩壊
 いったいあの安倍政権は何を目指しているのか?不思議に思えるだろう。巨大 右翼組織の日本会議と一蓮托生といえるほどの一体化、その政策はブレーン五 人衆とされる極右論客に指南そのままであり、特に日本会議のシンクタンクである 日本政策研究センターの伊藤哲夫に依拠している部分が大きい。日本会議の当 初の最大の目的は反フェミニズムであり、「男女共同参画社会」反対、「選択性夫 婦別姓制度」反対な古典的!なものであるが最近は「子供に権利などという言葉 を教えるな」という具合で現実に、「反権利」の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/23 22:52
史上最強ウェールズ 、日本遠征(1975年)の懐かしい映像
史上最強ウェールズ 、日本遠征(1975年)の懐かしい映像  でもウェールズの本拠地で33−30の今一歩の大健闘で惜敗のラグビー日本 代表、・・・・・世界選手権では南アに勝つし、アメリカ、サモアにも勝利。ただ伝 統的にスコットランド、それからフランス、豪州などは苦手としているが(現在も その傾向がある)。でもですね、強くなった日本代表、隔世の感がある。ウェー ルズは弱いわけではないが、以前の精彩はない。今年のNZ遠征もオールブラ クスに圧倒された。(最終戦でトライするJ・P・Rウィリアムズ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/23 11:29
現代土人考、・・・西村防衛庁長官の「土人国」発言で辞任(1971)
現代土人考、・・・西村防衛庁長官の「土人国」発言で辞任(1971)  大阪の機動隊が沖縄の辺野古へ派遣され、沖縄の反対住民に「土人」と 罵倒したという話で、いわば「未開の原始人同様の生活レベルの土着原住民」 に与えられる蔑称の「土人」という言葉の使用だが、・・・・・早速、産経、右翼論 客、右翼雑誌などは機動隊擁護のキャンペーンを繰り広げている。反対住民の 暴虐とばかりの倒錯した批判も行っている。いかにも右翼が幅を利かす現代日 本の風潮をよく示して入る、・・・が沖縄に乗り込んだのは機動隊の方である。 沖縄の人から見れば闖入者である。基地をどこに作ろうが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/22 12:30
遠くの彼女より自分の女房、・・・ココロのスキマは埋まらない
遠くの彼女より自分の女房、・・・ココロのスキマは埋まらない  ここでいう、「遠くの彼女」とは基本的にはネット世界での遠くの彼女の ことである。SNSということだが、ネット世界では「女性」というだけで、いや でも男にモテる。その昔、だったら一度女性のフリしたらどういう反応か? と試してみたことが一度だけある。即座に多数の男性から送信されたメール やコメントのたぐいが集まった。「やっぱり女性ってモテるんだな」と半ば呆れ もしたし納得できた部分がある。でもあの綿々と綴った半ば求愛の文章を読 めば男の持つ「さが」の悲しみを切実に感じざるを得なかったし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/21 16:57
名文新聞記者の系譜、・・・入江徳郎、福湯豊ライバル物語
名文新聞記者の系譜、・・・入江徳郎、福湯豊ライバル物語  最近と言うか近年、名文新聞記者っているのだろうか。まあ、御用新聞か かって天声人語などで名文を披露していた新聞記者がいた朝日新聞も、・・・ かっっての風情はなさそうに思える。だがそのかって間違いなく存在した名文 新聞記者の系譜を回顧してみると、・・・・・全てが合理化され、没個性,真に 個性と言い得る名文が歴史的には存在していたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/20 22:00
懐かしの東淀川駅、塚本駅、・・・・昭和30年頃の東淀川区
懐かしの東淀川駅、塚本駅、・・・・昭和30年頃の東淀川区  現在は、もうかなり前だが東淀川区は淀川区と東淀川区に分区された。元来 は西淀川区と東淀川区が大阪市の淀川北側を占めていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/19 22:14
今でも夢に見る生まれ育った古民家
今でも夢に見る生まれ育った古民家  またまた「家の履歴書」みたいな話で愚痴っぽくなるが、還暦を何年も過ぎ ても夢に出てくる家、というとやっぱり生まれ育った家である。その後の家が 夢に出てきたことは一度もない。とにかく古民家だった。古民家もちゃんとし てきれいに扱えば、例えば、この商店街にあった赤沢家みたいに旅館として 古民家再生し、「矢掛屋」として瀟洒に生まれ変われるが、・・・・・うちの場合 廃品回収みたいな商売を戦前やっていたようで、すっかリ汚らしくもあり、な にやら幽霊屋敷の趣すらあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/19 01:21
J.J.ウィリアムズ(J.J.Williams)ウェールズ全盛時代の名ウィング、そのプライベート
J.J.ウィリアムズ(J.J.Williams)ウェールズ全盛時代の名ウィング、そのプライベート  され、いよいよラグビー日本代表のウェールズ遠征であるが、歴史的には 1973年、招待を受けてのイギリス遠征、ウェールズともカーディフのトウイッ ケナム競技場で対戦、伊藤のトライなども飛び出したが完敗を喫した。1975 年には日本遠征のウェールズと日本代表は三試合を行い、いずれも完敗、 特に最終戦は「これで帰れる」と気を良くしていたウェールズ代表に82対6と 完膚なき敗北を喫した。・・・・・時は流れて日本ラグビーも強くなった。時差ボケ があったのか、日本に遠征してきたやや二軍的なウェ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/17 20:15
戦争はなぜ恐ろしいのか?善良な市民を残虐な殺戮者に変貌させる
戦争はなぜ恐ろしいのか?善良な市民を残虐な殺戮者に変貌させる  すっかり右翼が幅を利かせる現代の日本の風潮である。日本会議に代表され る右翼団体は強力なロビー団体としてすでに実質的に政権党の自民党を支配 している。閣僚はほとんど日本会議の会員である、自民党に占める日本会議 の会員の比率も増加の一途である。その右翼団体、それと一体化する政治家 の主張は何かといえば、戦後、一貫しているといえる。生長の家から発した日本 青年協議会は、しょせんはそれらをまとめ上げただけである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/16 19:50
預金亡者になるより、いさぎよく金は使うべきなのか?名作「青蛙物語」沢田五郎
預金亡者になるより、いさぎよく金は使うべきなのか?名作「青蛙物語」沢田五郎  現実問題として、日本人は一応の公的年金制度、サラリーマンな厚生年金、 公務員にはさらに優遇された年金制度はあっても、いつまでたっても、老境に さしかかってもどうにも将来が不安で節約と忍耐の生活を送り続ける、という 人が実に多い。それが間違っているとはもちろん言えない。不確実性の時代 で年金だって切り下げられる可能性は高い。まして十分な年金のない自営業 者の場合など、節約と忍耐の限りのつつまし生活を送る人はさらに多い。不安 は結局、払拭できないのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/15 18:13
あまりにひどい高齢者憎悪、・・・交通事故にかこつけて
 もうごくごく最近の新聞、そのネット、テレビの槍玉に上がっているのは 高齢車の交通事故である。たしかにその被害は悲惨だ。しかし東京の病 院駐車場」からの出口での、アクセルを誤って踏んだことによる、いわば 本質は「オートマ事故」の一件でも「83歳の女」という具合で「女性」とは 呼ばず凶悪犯っとしての憎悪むき出しのテレビ、新聞系ネット、新聞紙面 見る時、高齢化社会による高齢者憎悪が交通事故にかこつけて噴出して いるのでは、と慨嘆せずにはおれない。産経の記者が今にも警察に「高齢 者から何... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/14 10:18
雨宮テイコの抒情詩
 老化防止には感性を維持し、さらに磨き上げることが大切であると感じる。フ とみかけた雨宮テイコの誌。創作時期は同人誌「玻瑠」時代に限られており、 その後は結婚し、平凡な家庭の主婦になったと聞いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/13 20:49
認知機能検査(運転免許更新)をどう考えるべきか、その対策
認知機能検査(運転免許更新)をどう考えるべきか、その対策  どう考えるべきかといって警察庁が神経医学学会の抗議などに耳もかさず 、「認知症=排除すべき」との思い込みで75歳以上の高齢者に運転免許更新 時に、いつからか「認知機能検査」なるものを行っているのは周知の通りであ る。よほどのことがない限り、クリアーは容易と思われる。ただ運転を行う上で 危険を生じると言うなら、ある意味で全疾患が対象となる。精神疾患もそうだが、 でrは認知症?となると疑念は残る。物忘れと、現実の運転上の認知機能の関 連などそれは精神医学学会、神経医学学会でも承認されて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 15:06

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる