アクセスカウンタ

つぶやき館

プロフィール

ブログ名
つぶやき館
ブログ紹介
  テーマの方向性は特にありません。ただ自分なりに
真面目に書きたいと思います。



1953年 岡山県小田郡矢掛町出身

   地元の公立高校卒業

   広島大学歯学部卒業

   神戸大法学部学卒業 

大阪外国語大(現在の大阪大外国語学部)中退


       

         


 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 



      
 

 

  
     
 
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
マルクス主義の倫理が日本のが資本主義を発展させた
マルクス主義の倫理が日本のが資本主義を発展させた  民主党政権時代、一体改革で相続税の税率アップ、控除額の引き下げで庶民 レベルまで相続税で気をもむ世の中になった。世界には先進国でも相続税なしの 国はおおいし、あっても日本ほど苛烈ではない。日本の社会主義税制に驚く外国 人は多い。中国からしてそうである。日本は右翼の国、社会主義を憎む者たちが 権力を握り、社会全体もそうだ、・・・・・とは言えるが、ここがおもしろいところで、 例えばネトウヨに日本の世界一厳しい相続税性、社会主義税制をを問うたら、案 の上、現状追認のすっきりしない発言が相... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/22 00:15
「須磨寺付近」(山本周五郎)の謎の須磨寺夫人とは
「須磨寺付近」(山本周五郎)の謎の須磨寺夫人とは    山本周五郎は関東大震災で勤務先の質屋「きねや」が焼失という憂き目に あい、当分、東京の復興は困難と考えて新天地を関西に求めた。そこで小学校 時代の友人、桃井達雄のねの嫁ぎ先であった神戸市須磨区の須磨寺そばの 離宮前二丁目の木村豊橘宅に寄宿し、翌大正13年1月まで雑誌記者を生活の 糧として、文学修行に励んだ、・・・・そのときの人妻との奇妙な恋、その女性の 人間像の不可思議さを若者の目から捉えた「意欲作」、・・・・・だというが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/20 16:53
まだ見ぬ妹を想って、・・・あゝいとしの生き別れた妹
まだ見ぬ妹を想って、・・・あゝいとしの生き別れた妹  私にまだ見ぬ妹がいたといえば誰しも驚かれるだろうけど、実はいたのである。 もう来年は高齢者入りを日控えているというこの年令で、・・・・生き別れた妹とまさ か、逢えようとは、・・・・・・。彼女がなぜ今の今までその存在がわからなかったのだ ろうか。彼女は妹というくらいだから年下である。まさに生き別れである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 21:21
「智恵子抄」伝説を考える、もし智恵子が光太郎と結婚しなければ?
「智恵子抄」伝説を考える、もし智恵子が光太郎と結婚しなければ?  智恵子抄は高村光太郎が愛妻を詩にうたった驚嘆に知名度の高い作品であり、 また同名の歌謡曲、二代目コロンビアローズの歌唱でこれも有名である。名曲で あり、これらが相まってますます智恵子抄伝説、実態が知られぬままの「聖女伝 説」になっている。・・・・とはいえ、その紹介の評論は非常にまた多くもあり、実態 が知られていない、というのも語弊があるが、一面、それは真実をもつと考える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/18 15:17
極東共和国、・・・・・日本軍シベリア出兵の落とし子に秘められた理想国家
極東共和国、・・・・・日本軍シベリア出兵の落とし子に秘められた理想国家  問題が多かった日本軍シベリア出兵は1922年に終焉を告げた。その後すぐに ソ連と日本の間の緩衝国家としての極東共和国の終わりを告げることになった。 わずか二年の存続期間であった。1922年10月25日午後2時頃、シベリアから撤 退する日本兵、その小一時間ほどあと、今度は極東共和国人民革命軍がウラジ オストクの大通りに姿を表し、群衆から熱狂的な叫び声があがった。この日、極 東のウラジオストクは本来の所属である極東共和国の手に戻った。だがその極東 共和国も一ヶ月後、消滅に至ったのである... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/17 11:35
髪は黒くなければいけない?同一性幻想による強制社会の恐怖
  日本の文化、社会的意識は単一性の強要である。単一性幻想である。 周囲にに染まり、すべてを同調させられる、その根底には恐ろしいほどの 日本人というものへの単一性幻想が存在し、構成員たる日本員へ何から 何まで単一性を強要する、・・・・・・とは古来分かりきったことであり、別段 、、目新しい指摘どころか陳腐過ぎる指摘でしかない。その陳腐すぎるが ゆえに強固過ぎる、集団への属性の単一性、同調性を何より求められる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 17:23
シリウスのごとき金子みすゞ、26歳で自殺
シリウスのごとき金子みすゞ、26歳で自殺    生前においても知名度を誇った詩人、金子みすゞ、だがその現在の存在感はさら に限りなく重い。だがその生涯は不遇だった。1930年、昭和5年3月10日、詩人の金 子みすゞは自ら命を絶った。まさしく、それは突然であった。すでに童謡詩人として 多くの人の心を捉えていた。いわば、すでに憧れの詩人といえる存在だった。その 死によって、金子みすゞの名前は人々の記憶から去っていった。その詩もごく一部 の人だけが ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 09:33
なぜ日本の相続税は世界一高いのか?歴史的背景、官僚の国家社会主義
なぜ日本の相続税は世界一高いのか?歴史的背景、官僚の国家社会主義   現状において日本の相続税は世界一高く厳しく峻烈である。もはや社会主義を 目指す過程の私有財産制度否定の域に達している。日本は伝統的に極めて相続 税の厳しい国であり、古来「三代で財産は相続税でなくなる」という言い伝えがある。 これを誇張と反駁するムキもあるが現実はそれは真実である。節税に知恵を絞らな ければ三代に財産など国に召し上げられてしまう。ここまで苛酷な国からの財産の 収奪、本当にその目的は、真の要因は何であるのか、・・・・・・世界に冠たる赤ギ ライ、ネトウヨの洪水、社会主義... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 18:50
ドレフュス事件,・・・寛容な国、フランスで起きた反ユダヤ主義の暴発
ドレフュス事件,・・・寛容な国、フランスで起きた反ユダヤ主義の暴発      周知のごとく、ヨーロッパには古代から半ユダヤ主義というものが根強く存在する 。それについて論ずれば余りに膨大で何百冊かそれどころではない量になるだろう。 ここで一つ指摘すべきことは、反ユダヤ主義と無関係でありそうな日本において、実は 右翼思想、近代天皇制ファシズムと関連して根底において反ユダヤ主義が存在してい ることである。これは日本の戦前からのファシズム、右翼思想がナチズムと何か異なる ように見えて実は共通な基盤が多いことを意味してる。戦争加害、民族への加害を「で っち... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 10:17
宝塚の由来、宝塚温泉から宝塚歌劇の源流
宝塚の由来、宝塚温泉から宝塚歌劇の源流   宝塚は宝塚歌劇、宝塚温泉で有名である。が、そのそもそもの由来は室町時代 まで遡るといわれる。だが宝塚という名称自体は近代以降のものである。さて、つぎ のような言い伝えがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/12 08:25
輝いてすぐ消え去った同人誌「玻璃」(1955〜1956)の中の詩人たち
 その昔、季刊誌で『花、現代詩』というごく薄い小冊子があり、そこに詩人の太田浩 氏が「戦後抒情詩の周辺」と云う随筆を連載したことがある。その第11回目において 、鵜澤寛の詩、さらに雨宮テイコの詩を紹介している。雨宮テイコのしを引用した後に ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 15:34
腎臓病、・・・生き残る患者、死んでいく患者の分岐点
腎臓病、・・・生き残る患者、死んでいく患者の分岐点   私が非常に重度のの腎臓病を発病してもうすぐ、正確にはもう一年必要だが、 まあ、大きく見たら発病50週年となる。なぜ、あのとき中三の三学期の1月、もうす ぐ高校受験、の時期、あそこまで重度の腎臓病を発病したのか、釈然としない。 もちろん、わかくして腎臓病を発病する例は多いから珍しくもない、ともいえるにせ よ、健康状態も悪くはなく、・・・・・・それがある日、全く経験もない、咽頭炎、単なる 風邪でもなく、また扁桃腺炎でもない、ヤケ強ような激しい咽頭の痛み、それから 二三日して頭皮に浮腫... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/10 00:02
本山茂久(雅樹ちゃん事件犯人)の死刑執行時の醜態(続つぶやき館から転載)
本山茂久(雅樹ちゃん事件犯人)の死刑執行時の醜態(続つぶやき館から転載)     予備ブログとしていた「続つぶやき館」をこのたび閉鎖することにしたため、幾つかの きじを「つぶやき館))に転載します。話題としては暗くイヤな話で気が引けるが、多少の 価値もあるので。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 22:19
「作家の勉強」藤沢桓夫(大阪手帖より)
「作家の勉強」藤沢桓夫(大阪手帖より)    作家の勉強   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 12:18
白人に「日本人は特別なアジア人」と褒めてもらいたいですか?
白人に「日本人は特別なアジア人」と褒めてもらいたいですか?  日本の保守主義、現代の右翼の特徴は徹底しいたアメリカとの蜜月を常に計る、 まあ、自民党政権がそうだということだが、日米地位協定の固定化、絶対化を伴う、 敗戦による占領体制の継続を半ば以上絶対化し、日米友好!を図ろうとする。 それと同時に対米戦争の壊滅的敗北にともなう日本国憲法を、アメリカによっても たらされたと云ってよいような日本国憲法を「戦後レジーム」の対象として憎悪し、こ の廃棄をつねに画策する、という奇妙な矛盾である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 00:10
ピカソに見る芸術と女性
ピカソに見る芸術と女性  そもそもピカソの絵画を見て感心しなければならないのか、という疑問はある。 ピカソに感心できないのは芸術に素養がない証拠、と思われたくないので感心し たフリをみなしてるだけなのではないだろうか?ゲルニカなど特別な政治的な メッセージを含んだものなら、また別の価値観はあるにせよ。・・・・・ま、ともかく 多くの人の「感心したフリ」の上に「20世紀最大の画家」としての名声が名高い パブロ・ピカソであるが、その生涯は女性遍歴に彩られている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/07 11:25
リベラルとファシズムの区別もつかない若者?
リベラルとファシズムの区別もつかない若者?  先日の朝日新聞だったか、若者たち、もちろん高校生も含めてイメージとしては 「自民党はリベラル」さらに「改革」の政党なのである。なにより近年の保守政権に よる教育内容への影響力公使が確かに中高生の若い頭脳に保守支持をもたらし ているとはいえる。だが日本の政治風土を考えると、やむを得ない面はあるかも しれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/06 18:09
身近に見た広島大総合科学部長殺人事件(続つぶやき館から転載)
身近に見た広島大総合科学部長殺人事件(続つぶやき館から転載)  私が予備ブログとしていて、すぐに中断した「続 つぶやき館」の中、2010年5月 の記事、その後「つぶやき館」でも関連記事を書いたが、最初に書いたこの記事 が生々しい。それを私の執筆ですから転載致しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 09:27
アメリカ人は懐古趣味が強い、Rip Van Winkleから禁酒法時代
アメリカ人は懐古趣味が強い、Rip Van Winkleから禁酒法時代  アメリカ人の属性で何がもっとも重要か、あるいは本質かと問われたら私は 「懐古趣味が強い」と答えたい。とにかくアメリカ人に接して、つくづく感じること はその懐古趣味である。懐古趣味と云って日本の右翼、保守層のいう「戦前 回帰」という近代ファシズム回帰なんていやらしいものではない。まさにノスタ ルジーである。アメリカ建国にまつわる実は悲しい多くの事実、ニューヨークが まだオランダ植民地みたいだった頃のことからして、ワシントン・アーヴィングが 「スケッチブック」The Sketch Bo... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 00:02
あゝ、失楽園(ダブル不倫)の甘い誘惑と結婚幻想
あゝ、失楽園(ダブル不倫)の甘い誘惑と結婚幻想  かって一世を風靡した渡辺淳一の「失楽園」、1995年9月1日から約1年間に 渡り、日本経済新聞に連載された不倫恋愛小説である。もうダブル不倫による 失楽園の世界など数知れる人が語り、また論じている。濡れ場作家の渡辺淳 一はなぜこうも、いやらしいのかと読むのも恥ずかしい小説かも知れないが、ま た現実に不倫の世界がこの世から消え去ることもない。そして不倫とは突然に 全く降って湧いてくるものである。実際に体験しないとその甘美さは分からない もの、・・・・・であるがリスキーである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 07:42
池田遥邨、(玉島乙島出身)関東大震災の修羅場に飛び出した勇気
池田遥邨、(玉島乙島出身)関東大震災の修羅場に飛び出した勇気    現在の倉敷市玉島乙島、まだ浅口郡乙島村出身の日本画家、池田遥邨 (いけだようそん)のキャリアで際立つのは日本画家らしからぬ関東大震災直後 に被災した現場に飛び出しての写生の断行である。市民からは、「こんなときに 写生とは何ごとだ!」と野次られ、日本画壇は花鳥画が圧倒的に主流、批判もさ れ、干されもした。 、 1923年、大正12年9月1日の関東大震災は東京、横浜を中心に未曾有の大被 害を生じさせた。その大震災発生後、一ヶ月もたたないある日、現在の倉敷市の 玉島乙島の出... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/02 11:41
芥川龍之介と片山広子(松村みね子)の軽井沢恋愛
芥川龍之介と片山広子(松村みね子)の軽井沢恋愛  もう今さら申し上げるまでもない、軽井沢に出かけた芥川龍之介とアイルランド 文学者、片山廣子(松村峯子)との恋愛、である。すでに成書も出ているし、よく 書かれるテーマでもある。以前、私は「大導寺信介の半生」との成立とにも関連し て取り上げた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/01 10:59
日本にリベラル政党がなぜ育たなかったのか?
日本にリベラル政党がなぜ育たなかったのか?  リベラルの定義と言って厳密に考えれば難しいのだろうが、近代の自由主義、民主 主義思想、経済は自由主義経済、また人道主義的な要素も基本的に持つ政党、と いっていいのではないか。これだけなら戦後日本の歩みからしてリベラル政党は当然 に存在していたはずであるが、現実はどうであったか、戦後保守政党が合同、保守合 同が成された1955年対抗政党は日本社会党であった。日本は日米安保体制に組み 込まれ、国家資本主義的な、同時に国家社会主義的な性格を色濃く持ちながらやや ギクシャクしながら歩み続け... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/31 12:29
スバル完成車検査不正、・・・・・・やっぱり、欠陥車体験
スバル完成車検査不正、・・・・・・やっぱり、欠陥車体験  スバルで30年以上、太田市の群馬製作所で完成車検査の不正が行われて いたという報道というのを聞いて、「ああ、やっぱり」という思いがする。初めて スバル、といって軽だがまず「こんな状態でなぜ完成車として出荷したのか?」 という疑問を感じた。「現場が荒廃しているのかな」とも思った。スバルでなくても 完成車出荷での状態に疑問を感じた経験は何度もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/30 19:02
君は野口英世になれるか、・・・あれだけの努力ができたら
君は野口英世になれるか、・・・あれだけの努力ができたら   私が小学生時代、各クラスに学級文庫があり、「偉人の伝記」シリーズは当時 多かった。特に、手に障害があったにもかかわらず、そのハンディを克服し、世界 有数の細菌学者にのしあがった野口英世はその偉人の典型だった。おしなべて 小学生向けの偉人伝記は聖人君子みたいな書き方だった。「てんぼう」とからかわ れても負けず、善意の寄付もあっての手術でなんとか治り、刻苦勉励。ただし、東 京に出た野口清吉が借金魔、また吉原に通ったなどということは書かれていなか った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/29 21:23
「松本人志と創価学会の親近性」佐高信を読む(歴史文書)
「松本人志と創価学会の親近性」佐高信を読む(歴史文書)  ま、こう指摘されたら「やっぱり」という思いである。連立政権を見るまでもなく。 では創価学会と安倍政権は?ま、深く考えても仕方がない、もうちょっと前の 「新・政経外科」の佐高氏のいたって「常識的」な見方である。でも反論もあるで しょうが、歴史文書!として転載いたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/28 19:48
我が母校、矢掛高校の陥落、普通科定員80名、商業科がトロイの木馬
我が母校、矢掛高校の陥落、普通科定員80名、商業科がトロイの木馬   わたしの母校、岡山県の矢掛高校、岡山県では県立旧制中学では四番目の 創立、倉敷市にも、現在の広域の倉敷市の範囲にも笠岡市にも戦前旧制中学 は存在しなかった。岡山一中(朝日高校)、津山中学(津山高校)、高梁中学(高 梁高校)に次ぐ四番目の栄光、台湾からの留学生もいてそれらは戦後台湾で指 導的立場に立っている、疎開とは言え、横溝正史さんのご子息も、花街の母の 作曲者も、また財界関係、大学教授などはとにかく数多い、全国的な知名度はな くても知る人ぞ知る、の伝統校なのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/28 12:10
2017年の寒い夏、バレエ発表会の受付でのトラブル
2017年の寒い夏、バレエ発表会の受付でのトラブル  これは一度書いて、一旦は削除した、一応事実関係を説明しておかないと私 の知人などに理解してもらえないと思ったからである。そこで事実関係について 部分を再掲載すると、・・・・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/27 11:44
「あるがまま」とデモステネス・コンプレックス
「あるがまま」とデモステネス・コンプレックス  森田式精神健康法は実は全く無意味、役に立たない、という酷評がある。 禅の奥義をその根底に据えているのかどうか分からないが,たしかに禅と通 じる物があるという。世に禅病という、「からくりのようにその病自体に治らぬ 原因が潜む」始末の悪い病があるという。「あるがまま」にと思った瞬間に 「あるがまま」から遠い状態になってしまう。矛盾ではないのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/27 00:57
「聖戦貫徹決議案」昭和15年3月、はじめて出てきた「聖戦」
 日本が戦前、行った戦争は全て「聖戦」とされていたかといえば、それは違う。『聖戦』 なる言葉が初めて用いられたのは昭和15年3月、衆議院における決議案である。その 新聞報道、「毎日新聞」を神戸大の経済経営研究所が保管し、その衆議院での聖戦 決議案報道を発表している。そこにおいて「聖戦」とは国家神道的思想の下に、天照 大神の万世一系の天皇が統治する神国日本の戦争の発動、という観点からの「聖戦」 、戦争目的を汪兆銘政権の全面支配による全中国に日本傀儡化、蒋介石政権の打倒 、未来永劫の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/26 01:52

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる