アクセスカウンタ

つぶやき館

プロフィール

ブログ名
つぶやき館
ブログ紹介
  テーマの方向性は特にありません。ただ自分なりに
真面目に書きたいと思います。



1953年 岡山県小田郡矢掛町出身

   地元の公立高校卒業

   広島大学歯学部卒業

   神戸大法学部学卒業 

大阪外国語大(現在の大阪大外国語学部)中退


       

         


 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 



      
 

 

  
     
 
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
人間最後は必ず一人になる、その時の覚悟
 核家族化の進展は収まることはない、もちろん三世代家族というのも存在はしている が例外である。生涯独身の人も増えているし、また死別や熟年、あるいはその前での 離婚で、とにもかくにも人間必ず一人ぼっちになる。最初から独身の人は一人に慣れ てはいようと、やはり老いての独り身、孤独はつらいものがある。だが基本的には例外 を除いて人間必ず一人になると覚悟しなければならない。最後一人となるというのは、 そこに至るプロセスは様々でも、例外を除けば必ずそうなる、ということであり、特殊で なく最も可... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 16:57
坂口安吾の精神病理、・・・病状拾遺、東大病院神経科入院
坂口安吾の精神病理、・・・病状拾遺、東大病院神経科入院  坂口安吾が東大病院神経科に入院したのは昭和24年の2月23日であり、4月 19日まで約二ヶ月間であった。当時、安吾は42歳であった。安吾は明治39年の 10月20日生まれである。担当医が患者の、しかも神経科入院を書くというのは 、患者の秘密を守るべき医師としていかがなものか、という疑問を抱かれるの は当然だろう。ただしこの入院については安吾自身が「精神病覚え書」その他 において詳しく隠すことなく書いているから、担当医であった私が何かの機会に 書き留めて置くのも有意義であると考える。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/19 13:21
あゝ、憧れのドリー・ファンク・ジュニア
あゝ、憧れのドリー・ファンク・ジュニア  私がドリー・ファンク・ジュニアあお初めて、テレビであるが、目にしたのは 1969年末か1970年か、日テレ系のプロレス中継であった。最初パッと見た その顔貌、表情はおよそ、それまでのプロレスラーらしくもない、一言で云え ば、「おとなしい」、うつむき加減のその顔はえも言われぬ魅力があった。 その試合ぶりはいかにもレスリングらしい、繰り出すダブルアームスープレッ ス、必殺のNWAをジン・キニスキーがら奪取したスピニングトゥーホールド、 さりげなくもダイナミックで常に根底でねちっこいアマ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/17 21:36
黄春明(台湾現代作家)の『さよなうなら・再見』日本人と台湾人
黄春明(台湾現代作家)の『さよなうなら・再見』日本人と台湾人  日本との関わりといって日本統治下の台湾に生まれ育った黄春明だから 、いやでも日本との関わりは深いものがある。その日本との関わりを描いた ものでユークな視点でなお傑作といえるのが「さようなら・再見ツァイチェン 」ではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/17 11:18
熟年離婚と孤独死の増加
 もちろん、今後は孤独死が益々、増加の一途であろう。いくら政府が旗を 振ろうと核家族化の波は止まるはずはない。高齢化の挙句、孤独死は増加 の一途である。最近、といってちょっと前だが、私の従姉妹、神戸に住む従 姉妹である。従姉妹はもちろん女性で県立の神戸商大を出たサラリーマン だったが、いつからか失業した。グリコに勤務していた従姉妹は神戸に移り 住んで退職、失業した夫ともに介護事業、ヘルパーなどの派遣を行ってい たが廃業、再び失業、女性ならまだ働ける場所もあるが、・・・・何年か前に ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 11:01
忠直卿行状記(菊池寛)陰口を立ち聞き、乱行の近代心理
忠直卿行状記(菊池寛)陰口を立ち聞き、乱行の近代心理   菊池寛が純文学を書いた時期は短い。だがそのいずれもが、的確なデッサンで 見事にそのその登場人物の心理を描ききる。菊池寛が士族の家のであってせいか、 武士階級を描いた作品が出色である。短編だが「形」、かっては教科書にも短いせ いかよく載せられていた。だが純文学と言える初期の作品の中で、全作品で最も 最高位、というべきか、その肺腑をえぐるようなシャープで洞察に満ちた常に明確な 記述でその狂乱の主君、忠直卿を描いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 20:30
インド独立の英雄、二人のボース(ビハリ・ボース、チャンドラ・ボース)
インド独立の英雄、二人のボース(ビハリ・ボース、チャンドラ・ボース)   1975年、昭和50年の1月だったかNHKのラジオ、特派員報告だったか、インド からの報告で「あのインド国民軍の総帥であったチャンドラ・ボースは実は生存 しており、チャンドラ・ボースが現れるという噂で何十万人という人々が集まった 」これを聞いて初めてインド独立の英雄、チャンドラ・ボースという歴史的人物の 存在を知った。チャンドラ・ボースは敵の敵は味方である、独立のためには手段 を選ばない、という割り切った考えでナチス・ドイツに身を寄せていたがインド国 民軍の創設発展のため、日本に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 15:05
離婚はそんな簡単なもんじゃないよ
 このお盆は動乱だったが、全くバカバカしいような些細な事がキッカケ。で、それ で家内が昨日は激昂、1000%離婚決定、私の思い通り、という感じ、それまでは離婚 は私が冗談で言ったり、詰まっが涙目で、でも昨日は違った。カーナビを取り付けるた め車で妻が行くから車で迎えに行こうか、というと「いいわ、タクシーで」これで離婚 という感じで朗らかにバイバイして車で走り去った。まあ、私にも大きな責任がっあっ て「昨日までは離婚と言うと涙が出ていたけど、呆れ果てて涙も出なかった」そうだ。 でもこの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 08:15
大逆事件と「熊本評論」の歴史的意義
 大逆事件100周年を記念しての彷書月刊の特集記事、その中の、「大逆事件 と『熊本評論』」である。これについては単行本も出ている、ここに書かれている ように熊本は自由民権運動の先進地であり、大逆事件という事件の極度なフレー ムアップでの犠牲者は熊本出身者に多く及んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/12 22:32
モルガン雪、世界に日本女性の魅力を認めさせた功績
モルガン雪、世界に日本女性の魅力を認めさせた功績  日本女性はミ魅力的な人は魅力的である。端的に言えば、モルガンお雪はその 実力、魅力を世界に認めさせた、日本最初の女性といっていい。基本的には京都 の士族の家の出、姉が芸者置屋を経営していた関係で自分も芸妓に。内面からに にみでる、得も言われr魅力が外見の魅力と呼応して、世の男性を、内外問わず、 とりこにするほどの魅力があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/11 11:21
北朝鮮危機、それでも戦争は勃発しない、息を潜める在日
北朝鮮危機、それでも戦争は勃発しない、息を潜める在日  きな臭さも頂点達している。今までの前例で将来をすべて判断などできそうに はない。アメリカの行動パターンは基本的には相手に先に手を出させる、という が別にフセイン政権、カダフィ政権打倒でも先制攻撃している。だが、そレを見て 北朝鮮は体制の保証は核兵器、弾道ミサイルに如くものはない、という信念を得 ての核兵器と弾道ミサイルの飽くことなき開発である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/11 00:04
改憲の手段、隠れ蓑としても安倍内閣の「経済」の失墜
改憲の手段、隠れ蓑としても安倍内閣の「経済」の失墜  安倍新内閣の発足にあたって、安倍晋三は「この内閣の目的は経済、経済、 経済であります」と白々しく言い放っている。この改憲のための支持を拡大す るための手段としての経済政策利用は第二次安倍内閣発足前において日本 政策研究センターの伊藤や日本会議関係の安倍のブレーンが提案したもので あった。分かりやすいいのは株価操作、円安の誘導である。共済年金おの資 金は手堅い運用を維持し、民間サラリーマンの年金資金のみを株価操作のた 目の天文学的流用した。「運用だ」と云えばなんとでも言い逃れはできる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/09 22:05
(再)荷風と浅草の踊り子、桜むつ子と戦後カストリ雑誌の終焉
(再)荷風と浅草の踊り子、桜むつ子と戦後カストリ雑誌の終焉  現在は忘れされているが、戦後、、終戦後であるが数多くの大衆雑誌が 、それらはカストリ雑誌とも称されるが、・・・・・生まれては消えていった。そ れはまさしく当時の焦土、何もない日本の苦しみから生まれた精神のエネ ルギーのほとばしりであり、文化的意義も非常に高いが、ほぼ全てが散逸 している。それはその時代の庶民の生活、感情、意識を現しており、また 当時の文学作品の発表の舞台ともなっているのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/09 11:29
人生は涙の谷を心に刻んで生きる
人生は涙の谷を心に刻んで生きる  しょせんは人生いろいろである。人生は果てしない夢と迷いと彷徨である。 ここまで生きてきて、やはり迷い、悔恨は払拭できることはない。しあわせな 高齢期の鍵は、・・・・・幸福だった人生の思い出に浸って、生涯を懐古して 生きる?そういうことはあるにせよ、人生なんてそんなに甘いもんじゃない。 生まれてから不、散々に踏みにじられて辛酸を嘗め尽くすってことは珍しい 話ではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/08 12:32
「斬」綱淵謙錠(直木賞受賞)はいかにして書かれたのか
「斬」綱淵謙錠(直木賞受賞)はいかにして書かれたのか    綱淵謙錠が、三期ぶりの直木賞の受賞、それまで該当作なしが続いて いたが、満場一致で選ばれたのは昭和47年、1962年である。綱淵謙錠、 1924年、大正13年9月21日、樺太で生まれる。1943年、昭和18年,旧制の 新潟高校入学、この時にロシア文学、さらにT・S・エリオットに夢中になった 。後年、中央公論社でもエリオット全集の編集、出版の中心となったことに つながっている。東大入学も資金が続かず退学、また復学。卒業後、中央 公論社に入社、谷崎潤一郎全集、T・S・エリオット全集... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/07 19:18
Facebook、1000人以上の友達を持つ人は注意
Facebook、1000人以上の友達を持つ人は注意  三日前か、典型的な業者によるスパム女性から、もちろん架空である。 基本データは皆無のくせに、性別、異常い丹羽会生年月日、プロフィール 写真はどこかのモデルを使った写真の盗用、紹介では「日本と韓国のハー フです」とある意味、低級な男どもの心をくすぐるデタラメな記載をしている。 教科書的なスパム、、業者に因るスパムで、「まず普通の男なら釣られるこ とはないだろう」と思っていたら、一日で1000人以上増やしている。3日前に は300人以下が今は1600人以上となっている。一人の普通の女性... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/07 11:38
ダイアナ妃との離婚に至る、チャールズ皇太子の心境と本音
ダイアナ妃との離婚に至る、チャールズ皇太子の心境と本音  なぜチャールズ皇太子とダイアナ妃は離婚したか?それはチャールズ皇太子が 最初からダイアナ妃を好きじゃなかったから、世間ではダイアナ妃の人気は今でも 異常に高い。女性に聞けば「ダイアナ妃はアイドル」だというのである。何か記念の 展示会も日本であるとか。女性から見ると「ダイアナ妃はアイドル」だがチャールズ 皇太子が最初からダイアナ妃を愛さなかったか?それについては以前のブログで 書いたので改めて書く必要はない。ダイナアナ妃があまりに大味で大柄でスリムさ がなく、男好みでないのである。カ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 13:08
「死出の道艸」管野スガ
「死出の道艸」管野スガ   1911年(明治44年)1月25日、管野スガは前日に男性死刑決定者の 死刑執行が行われたことも知らされず、死出の旅路についた。事件は 明治以降の近代天皇制の暴力の象徴であり、極度のフレームアップが 行われた。処刑直前、管野スガは「われ、我が主義のため死す、万歳」 と叫び、すぐに死刑執行された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/05 15:57
NTTよ、何がセキュリティを守るだ!NTTの犯罪、解約カードで勝手に引き落とし
NTTよ、何がセキュリティを守るだ!NTTの犯罪、解約カードで勝手に引き落とし  最近、「セキュリティはNTTに任せろ」という意味合いのCMをNTTはしきり 流している。このNTTは西日本、東日本だと思うが、ちょっとあまりにひどい 、まあ全くの常識以前の行為を現実にNTT西日本は行っている。これはもう 複数回、書いたことだが、一体何を考えているのか、その異常な状態は続い ている。別に今の所実害もないにせよ、あまりの異様さに驚くばかりである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/04 18:22
横溝正史の謎、全作品、著作に「矢掛」、その地名が一度も出てこない
横溝正史の謎、全作品、著作に「矢掛」、その地名が一度も出てこない  戦前はいざしらず、横溝正史は岡山県と非常に関わりが深いことは、もう 周知の事実である。横溝正史の父親は船穂町、現在の倉敷市船穂町柳井 原の出身であること、横溝正史の妻も岡山県の東部、和気閑谷あたりの出身 であること。そこから戦争末期、空襲の東京から柳井原に近い隣接というべき 吉備郡岡田村字桜、現在の倉敷市真備町岡田地区に疎開したこと。そこに 在住することで新たな新境地を開拓、岡山県を舞台とする、特に岡田村の東 隣接の川辺村を舞台とする金田一耕助初登場の「本陣殺人事件」、また笠岡 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/04 10:32
大逆事件の紀州・新宮グループの名誉回復、顕彰運動
大逆事件の紀州・新宮グループの名誉回復、顕彰運動  本宮町「大逆事件」犠牲者の名誉回復を実現する会、2003年1月27日、 第一回発起人会開催、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/03 10:44
少女ポルノ天国とリンクする日本会議の保守的女性観
少女ポルノ天国とリンクする日本会議の保守的女性観   日本は世界でも稀なほどの少女ポルノ、児童ポルノ天国である。これに ついての日本人の意識が驚くほど希薄である。未成年女性、少女に対しての 淫行買春は後を絶たない。最近は芸能人が未成年女性に手を出すケースが 多い。俳優の小出恵介の淫行問題や文科省官僚トップが「出会い系バー」に 出かけていた事実、政治的立場を抜きにして、「貧困問題を調査のため」と いう前川の弁明は素直には信じがたいものはある。出会い系バーは未成年 の淫行の温床には違いない。前川が次官就任後になぜリークしなかったのか ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/02 19:38
「死んで生きよ」の人生哲学、「白昼の死角」より
 いうまでもなく「白昼の死角」は高木彬光による傑作社会推理小説である。 戦後のどさくさの時代、東大法学部の学生であった主人公、鶴岡七郎が、 法を巧みにくぐって驚異の詐欺を繰り返す、いわば犯人の側から描いた 推理小説である。だが単にその詐欺の手法より、その時代背景を見事に 描ききった人間の内面に切り込むその深みは松本清張を凌駕するであろう 。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/01 21:38
Facebookの「利用解除」は賢く使おう
Facebookの「利用解除」は賢く使おう 端的に言って大学生、高校生でFacebookの病みつきになると、本も 落ち着いて読めない、要は勉強に身が入らなくなる。大学生の場合 は就職がある。Facebookの記載が読まれて悪影響もじつはあり得る。 反保守的な政治的意見は就職ではマイナスに作用しがちである。も ちろん大学生ゆえのヒューマニズム、正義感は当然なことであり、私 は非常に好ましいとしか思えないが、この世はしょせん汚濁の世界な のである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/01 12:31
子供を虐待する親をなぜ弁護するのか、擁護するのか?
子供を虐待する親をなぜ弁護するのか、擁護するのか?  知恵袋の類を見ると「子供を虐待する親が理解できない」という質問があれば 、その「回答」の多くは「虐待する親ばかり責めても仕方がない」という具合の、 本音は「責めたところで無意味」というのではなく「虐待するには理由がある」とで もいいたげな一種の擁護論、正当化論なのである。もちろん、虐待の肩をもつよう な傾向の者が好んで「回答」しているにせよ、これは法律の世界、官界を見渡して も明らかに存在する親による虐待擁護の社会風潮である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/31 22:33
手を変え品を変えての右翼女性政治家抜擢登用の安倍
 噂によれば今度の内閣改造で、「神武天皇は絶対にいたと思います」で 靖国参拝も欠かさない、の右翼女性政治家、三原じゅん子の入閣が確実 視されている。・・・・・・・それにしても安倍が抜擢する女性議員は全て一人 たりとも例外なく、右翼政治家に徹した、まさに右翼女性政治家そのもの であり、日本会議流バックラッシュに挺身する反動分子である。そのような 女性政治家以外は登用しないのだから、もう競って皆、右傾化保守化を 計り、口では「神武天皇は絶対に存在した、神武天皇の偉業を引き継い で」とい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/31 11:48
金田一春彦氏の青春、・・・軍国教育、軍隊に反発して
金田一春彦氏の青春、・・・軍国教育、軍隊に反発して   ま、実際、わたしは旧制の浦和高校を留年しています。一年から二年に 上がれなかったのです。でも私はその留年を悔いる気持ちは別にありませ ん。私は浦和高校に、東京の府立第六中学、今の新宿高校の四年修了で 合格し、入学しました。当時の旧制中学は五年制でしたが、四年修了時点 も受験は可能で受かれば入学できました。私は運良く、四年修了で入れた ので高校に入ってからの一度の留年は正直全然、平気で気に留めません でした。といって何も無条件に留年を肯定賛美しているわけではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/30 14:21
公明党、壊れたブレーキ、本音が自民とファシズム推進
公明党、壊れたブレーキ、本音が自民とファシズム推進  創価学会は先ず政治では参議院選に進出、当初は「衆議院には進出しない」 といっていたがすぐにホゴにされて公明党の創設、当初は人間性社会主義を 唱え、革新のスタンスをとっていた。創価学会は平和運動に熱心となった。その 平和団体!としての創価学会の理念実現の政党?かといえば本音、腹は一貫 して自民党と組んで政権に参加し、権力の一翼を担う、であったことは間違いな い。だがそれを長く押し隠してきた。自民党と連立も、「自民党の暴走、ファッショ 化を防ぐブレーキとなる」と自己弁護していた。だは、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/29 21:00
安倍晋三と稲田朋美、戦争を知らない子どもたちの意気投合
安倍晋三と稲田朋美、戦争を知らない子どもたちの意気投合  端的に言えば安倍晋三も稲田朋美も全く「戦争を知らない子供たち」の世代 でしかないが、その生育環境がその思想を決定した。特殊である、父親の安倍 晋太郎は政治活動で家にはあまりいるはずもなく母親も選挙活動、地元対策 などであまり子供に構わない、あの大日本帝国憲法復活の岸信介の邸宅に 入り浸りだった安倍晋三、稲田と実の父親は名うての右翼活動家である。それ に反発する場合もあるだろうが、それは全くなくてただ右翼の洗礼に染まった。 稲田は「産経新聞が私を政治家にした」とは云うが、その右翼家庭... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/28 11:17
加計学園問題の安倍失墜への意外な効用
 現在何が話題を最も集めているのかといえば、獣医学部新設に伴う加計 学園問題である。最初はたかが、獣医学部のたった一つの新設くらいのこ とを騒ぎ立てて、とは思ったが、よく調べると森友学園同様化それ以上なの か、大きな問題を孕んでいるとはわかった。それによって半永久独裁政権か とさえ思われた安倍政権が終焉の時期ともみなされる結果を招いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/26 22:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる