アクセスカウンタ

<<  2018年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
それでも「アクセルとブレーキの踏み間違え」ではない
それでも「アクセルとブレーキの踏み間違え」ではない  日本人は調教されやすい国民である。国やメディアが限りなく「アクセルと ブレーキの踏み間違え」と繰り返したら本当にそうだと、・・・・・・思っているの かどうか知らないが、異論を唱える声も限りなく小さい。そこからまじで「アク セルとブレーキの踏み間違え」防止のメカ搭載、なんてニュースもあった。ま だ町工場でも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/28 12:57
「にんじん」(J・ルナール)に見る、子供でも骨身にしみる生きるつらさ
「にんじん」(J・ルナール)に見る、子供でも骨身にしみる生きるつらさ  ジュール・ルナールの「にんじん」は極めて有名な作品で、戦前デュヴィヴィエ監督の 映画がまた有名である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/27 22:49
日本の近代史がなぜ天皇制への生贄の歴史となったのか
日本の近代史がなぜ天皇制への生贄の歴史となったのか   天皇制への生贄?それは近代の始まった明治以降に限った話である。それまでの 日本の長い歴史で「天皇」を理由とした死刑執行など、ほとんどなかった。室町時代 にはほぼ完全に形骸化した。端的に言えば天皇の存在は庶民には無関係なものであ った。土地を支配する領主、地主、台頭した武士こそが庶民の脅威であった。しかし明 治以降は天皇という存在が庶民への直接的な脅威となって降り掛かった。近代諸制度 をもって擬似的一神教、伊勢神宮を本宗とする天皇教(国家神道)が国家原理となった からである。それは... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/27 01:07
石上露子、・・・・・初恋に殉じ、一生を捧げた歌人
石上露子、・・・・・初恋に殉じ、一生を捧げた歌人   小板橋  ゆきずりのわが小板橋 しらしらと一枝のうばら いづこより流れか寄りし 君まつと踏みし夕べに いひしらず沁みて匂ひき ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/24 20:49
ラリーを捨てたインプレッサ、そしてスバル
ラリーを捨てたインプレッサ、そしてスバル  元来WRX STiはインプレッサの中からWRC、世界ラリー選手権を目指すという意味合い のネーミングであった。当然、WRX STiとはインプレッサの中の特別グレードを意味してい た。ずっとインプレッサWRX STiで2011年のフルモデルチェンジで新型インプレッサがその ラリー仕様のWRX STiを引き継がなかったため、インプレッサの名前が取れてただWRX STiとなってしまった。インプレッサからラリーが消えたのである。同時に結局、スバルの ラリーからの撤退に直結した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/23 23:22
神近市子、疵を背負って二度人生を生きた女性
神近市子、疵を背負って二度人生を生きた女性   戦前は大杉栄との日蔭茶屋事件で二年間服役し、一旦はそこで死んだ女性、 瀬戸内寂聴さんは神近市子について「人生の負を見事にはねかえし、・・・・・・・・ 後半生を輝かしく生き抜いた点」こそが神近市子の本領としている。たしかに語弊も あるにせよ、福沢諭吉が維新を生き抜いた知識人を指して「一身にして二世を経る」 すなわち神近市子も「一身にして二生を経る」ような人生であったと評す人もいるが 、確かに言い得て妙である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/22 22:05
ヘイト、民族差別は全て自分たちに跳ね返ってくる
 今時の日本の右傾化、保守化が嫌韓を基盤とする民族差別感情、蔑視憎悪 感情に由来していることは明白である。しかも政権政党、メディアがそれを諌める どころか、あたかも正当なことのように火に油を注ぐ言動を繰り返していることは やはり日本の右傾や、保守化の根源が多くのレベルで共通な基盤を持つことを 明確に証明している。長年の民族差別、憎悪感情に起因しているとはいえ、この ような差別感情は少なくとも戦後の日本では「表向き」はタブー視されていたが、 もはやその良識のタガすら完全にかずれてしまっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/22 12:39
ヘイトの街、右傾化のメッカ,大阪でのG20開催
ヘイトの街、右傾化のメッカ,大阪でのG20開催  G20開催はその都市の知名度、格を多少は向上させるのかどうか、だが その昔の1970年大阪万博、 その後の関空建設誘致の「関西の復権」の 在阪メディアの大合唱、で、また今度は大阪が右傾化のメッカ、嫌韓、嫌 中国のメッカとなっての歪んだスタンスからの発展、なにかといえば「関西 財界」である。大阪のヘイトは府政、市政のお墨付きであるから、そのヘイト デモもなんとも身の毛のよだつものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/21 19:30
若山健海(牧水の祖父、医師)の種痘の導入への貢献
若山健海(牧水の祖父、医師)の種痘の導入への貢献  「幾山河超えさりゆかば果なむ国ぞ今日も旅ゆく」のあの偉大なる歌人、若山 牧水の祖父が種痘の日本への導入に貢献があった、とはネットでも数は少ない が紹介されているし、書籍中の紹介もあるがそれらは論文も含めて現在参照は こんなである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/21 00:17
京大生・山崎博昭(1967年、羽田闘争で死亡)の現代的意義
京大生・山崎博昭(1967年、羽田闘争で死亡)の現代的意義   多くの若者から理想が失われて久しい、だが高度成長期の若者は違った、命を かけて戦争に反対し、権力に立ち向かった、今の風潮が権力の二号化した若者を 生み続けているのとは隔世の感である。1967年10月8日、午前、当時の佐藤栄作首 相は激化し、泥沼化していたベトナム戦争における米軍を支援のため、南ベトナム 訪問を組み入れたアジア・太平洋五カ国外遊ののため羽田空港から出発しようとし ていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/20 00:09
「糖質排除」と「低炭素社会」、生命サイクル、炭酸同化作用否定の暴挙のお題目
「糖質排除」と「低炭素社会」、生命サイクル、炭酸同化作用否定の暴挙のお題目  もう詳しく反論すれば際限もない現代の「地球は二酸化炭素の増加で温暖化して いる」という、ドグマ、しかも正式に之を正しいと認めた学会など存在しないに等しい のに、政治権力、メディアのこのドグマの宣伝流布はまた徹底している。「二酸化炭 素の増加で地球は限りなく温暖化している、氷河も消えている、南極の氷も、異常気 象もこの温暖化のせい、世界は温暖化対策に全力を尽くさねばならない」、・・・・・・ 数限りない温暖化「対策利権」を生み出している。メディアも政府もこのドグマにまさに 毛筋の幅の疑... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/19 00:03
聴覚向上の努力は重要、限りなく聴力が向上する方法
聴覚向上の努力は重要、限りなく聴力が向上する方法  聴覚ほど重要なものはない、視覚より重要?といえば語弊があるが、聴覚こそ人間の 精神発達の根幹をなす感覚である、・・・・・・ともったいぶらなくても、この世は爆音や イヤホン、騒がしい音で聴力の低下、難聴を招く好ましくない状況に満ちている。 難聴は絶対に避けなければならない、さらに進んで聴力を向上する努力が重要である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/17 22:50
山窩小説の偽造者?三角寛、真の山窩小説はどこに
山窩小説の偽造者?三角寛、真の山窩小説はどこに  山窩という流浪の被差別民の存在は文学や民俗学の分野では結構、 大きな領域を占めてはいる、いるけれど一般には馴染みがないのは事 実である。被差別民といえば集住の被差別民しか思いつかないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/16 19:34
「まだ見ぬ妹」その後、・・・・・・暴発を乗り越えて
「まだ見ぬ妹」その後、・・・・・・暴発を乗り越えて       何回か書いた「まだ見ぬ妹」、・・・・・知り合ったきっかけはFacebookである。彼女は 既婚である。でも私は「兄」だから別に支障もない。「お兄さんは生後間もなく亡くなった、 両親はそれをいつも悲しんでいた、私もお兄様がずっとほしかった」という心からの言葉 を聞いた時,私にとってあるいは「生き別れの妹」かと運命的なものさえ感じた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 22:08
望月衣塑子(東京新聞記者)を孤立させてはならない
望月衣塑子(東京新聞記者)を孤立させてはならない  これぞ記者魂という菅官房長官への質問、当然である、食い下がっての執拗 な質問、こうでなければ意味はないだろう。だがこの記者本来の姿勢に右翼御 用メディアなどは個人的な中傷を行っている。ネトウヨの攻撃もすごい。自民党 のネット対策である。NHK「クローズアップ現代」に出演した菅に国谷裕子さん が安保関連法案について食い下がって質問した、・・・・・・ら官邸にしてみたら 自分の道具とみなしているNHKでこのような厳しい質問を浴びせられることに 立腹したようでその日のうちに官邸からNHKに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 11:58
神社本庁と富岡長子宮司、富岡八幡宮の対立。テロ加担の噂も
神社本庁と富岡長子宮司、富岡八幡宮の対立。テロ加担の噂も   昨年末、江戸を代表する神社の一つであった富岡八幡宮宮司、女性宮司が 斬殺されるという事件が発生した。その根底にあるのは戦前ファシズムの流れを そのまま戦後も汲んでいる神社本庁の時代錯誤である。内部では不動産売却や 解雇無効裁判などトラブルが頻発する神社本庁、明治以降のファシズムに利用さ れ、ファシズムと一体化した、神道本来の伝統とは全く無縁な悪しき「伝統」に染ま る戦後の神社本庁の存在そのものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 00:12
ケーディス大佐と鳥尾鶴代の燃え上がった恋
ケーディス大佐と鳥尾鶴代の燃え上がった恋   日本の保守派とされる人たち、安倍晋三首相はその代表だが、日本国憲法は 「押し付けられた」、「押しつけ憲法」と同時に戦後の日本を規定する最たるもので ある日米同盟、日米地位協定、日米合同委員会などは絶対的な信奉の対象、こ れはおかしい。日本国憲法否定こそが戦後保守派のお題目となっていることだけ は事実である。・・・・・・その日本国憲法の原案をさくせしたのがGHQ内のG(民政 局)次長のチャールズ・ルイス・ケーディス大佐である。ソノケーディス大佐は日本 人女性との不倫関係にはまり、そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/14 12:05
8020運動、なぜ誤りか?歯の疾患による苦しみからの解放こそ大切
  もう随分前から歯科医師会なドが運動している歯科衛生の社会運動?で8020 運動が最も正当まっとうな運動として推進されている。言っていることは単純であ る。「自分の歯でできるだけ長く食べよう、自分の歯で食べることほどいいいことは ない」80歳で自分の歯20本、・・・・歯冠補綴となった歯が純粋に自分の歯、まして 抜髄してメタルコアなどの入った歯を「自分の歯」とカウントするのかどうか、まあ 自分の歯といえば自分の歯かもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/12 18:47
兼六園の銅像は何だろうか?
兼六園の銅像は何だろうか?  おなじみと云うべきかどうか、金沢市の兼六園にある日本三大名園の一つである 兼六園、その中にある銅像、だが他の園内の建築物に比べて何か浮いているとい う印象は免れない。なぜここに、この奇怪な銅像があるのか、であるが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/12 00:12
若松賤子、「小公子」、「小公女」への道と生涯
若松賤子、「小公子」、「小公女」への道と生涯  若松賤子(わかまつ しずこ)1864〜1896、31歳での早世ともいえるがその児童文学 、女子教育への啓発、貢献の業績は大きい。賤子の賤の字が特徴的である。なんとい っても『小公子』、『小公女』の翻訳、紹介、まずその邦題の命名の見事でその名を残す 。若松賤子については児童文学者の林豊美さんの研究が貴重である。それをも参考と させていただいて女子教育、児童文学のパイオニアであった若松賤子について述べて みたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/10 21:41
OSK Revue Cafe ラファエロ教会OSK公演での意外な苦渋
OSK Revue Cafe ラファエロ教会OSK公演での意外な苦渋   ま、騙されたと思って一度、行ってみようと思っていた大阪のラファエロ教会 でのOSK、公演、OSK Revue Cafe であったが、この冬は寒い、新大阪駅で 待つ身は寒い、寒すぎた。心斎橋ならいいが、いつも感じるのだが、この御堂筋 、本町あたりはオフォス街で何か殺伐として、飲食店もろくにないしコンビニも少 ない、店舗も少ない、公衆といてもなくてここでトイレしたくなると困りそう、まあ、 砂漠みたいな場所である。そこにあるラファエロ教会、教会と名はついても日本 に数多いニセ教会である... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/09 11:36
岡山ファミリー歯科の悪徳歯科医、再逮捕(岡山県警)
岡山ファミリー歯科の悪徳歯科医、再逮捕(岡山県警)  先日、岡山県警に逮捕された岡山市の「岡山ファミリー歯科」岡山市北区津島 新野、歯科医師、福原淳郡容疑者(53歳)、垂に別の傷害罪で起訴、をさらに別 の傷害罪容疑で再逮捕した。山陽新聞記事によると ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/08 12:04
日本、女性こそ神,太陽という現実
日本、女性こそ神,太陽という現実   別に新興宗教に限らず古代より、日本においては女性=太陽神という 信仰めいた精神的習慣がある。魏志倭人伝に記された卑弥呼、それまで 男王を立てていたら戦乱、女王である卑弥呼が即位したら国は収まった、 その卑弥呼の死後、男王となったらまた戦乱、・・・・・女性でなければならな いということ、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/07 22:22
AT車の運転は実はやさしくない、マニュアル限定免許の創設を
AT車の運転は実はやさしくない、マニュアル限定免許の創設を  先日の岡山県赤磐市での小学生の下校の列に軽自動車が突っ込み、一人死亡 した惨事、軽乗用車運転の70歳の女性が逮捕された。この軽乗用車はAT車であっ 。この70歳女性は一貫して軽トラでもマニュアルを運転していてAT車には全く不慣 れで運転を嫌がっていたという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/06 12:35
日本最初の本格映画女優、川田芳子が草加で孤独死した理由
日本最初の本格映画女優、川田芳子が草加で孤独死した理由  草加市って知っている?私は草加市に数日宿泊したことがある。草加といえば 「草加煎餅」にしても、何か、足立区の向こうにある、まあ、随分と田舎な街という 印象を子供心に受けた。垢抜けがしない。足立区にしたって最近は発展したとは いうが、東京のハズレ、田舎という場所である。ともかく草加市はおよそ華やいだ ところがない。・・・・・・そこで、草加市で1970年、昭和45年、大阪万博の年である が、日本最初の本格映画女優、スター映画女優となった川田芳子が孤独死した 。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/05 18:42
甲山事件、・・・「冤罪」にしても今に尾を引く後味、心証の悪さ
甲山事件、・・・「冤罪」にしても今に尾を引く後味、心証の悪さ  私にとってこの事件はその起きたタイミングがちょうど実家の不渡り、夜逃げという 時期と重なるという何とも印象に残るタイミングであった。この種の知的障害の施設 ではえてして奇妙な死亡事故、事件が起こる。常識的にはいかな異常な保母がいて も入所の子供を浄化槽に突き落とすなどという馬鹿げた行為は行うことはなさそうに 思える。生理でも、だがこの事故か事件の奇妙な点は二人の子供が浄化槽に落ちて 死んでいた、一人が落ちて二日後に別の子供が落ちて死んだ、誰かに突き落とされた 、か遊んでいて?蓋は閉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/04 21:00
久坂葉子の光芒、生きた軌跡、同人誌「VIKING」を自殺で21歳で去る
久坂葉子の光芒、生きた軌跡、同人誌「VIKING」を自殺で21歳で去る  現在も継続中の文芸同人誌「VIKINNG」は昭和22年。1947年10月創刊であった。 例会が東京と神戸で行われているようで、神戸に拠点があるというのも特色であ る。長い歴史の間に乗船者と下船者が入れ代わり立ち代わり。生まれている。そ の天才的船長は富士正晴であった。その発端は、富士正晴は詩人の伊東静雄 の紹介で島尾敏雄と知り合いになり、人間的魅力に富んだ島尾の二回目の訪問 と、彼の自費出版「幼年期」の文体の初々しさその島尾がガリ版を持ち込んだこと などがあり、だったら同人誌を作ろ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/03 15:40
稀代の殺人鬼、11人女性殺害、小野悦男を「支援」したルーテル教会牧師
稀代の殺人鬼、11人女性殺害、小野悦男を「支援」したルーテル教会牧師  まずあの支援、誤った支援がなければ、控訴審で有罪がくだされていたら 幼女の陵辱も41歳女性が小野に惨殺されることもなかった、無罪判決の背後 の冤罪とは無縁の小野悦男を支援したルーテル教会牧師、長谷川健三郎や 人権派弁護士の重大な道義的を超えた殺人を誘発したと言って何ら過言では ない実質的責任があるのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 22:18
八海事件、・・・・・・最後までクロと信じて疑わなかった地元の闇
八海事件、・・・・・・最後までクロと信じて疑わなかった地元の闇  八海事件については語り尽くされた感があるが、時代により風化は避けられない ものであり、1956年、今井正監督「真昼の暗黒」、それは、冤罪を確信した正木ひろ し弁護士の献身的活動、キャンペーンが先行するが、それにもかかわらず死刑、無 罪、死刑、無罪というエレベーター判決を繰り返した異常な事件、裁判だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 11:55

<<  2018年2月のブログ記事  >> 

トップへ

つぶやき館 2018年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる