つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS facebookをやめるには未練捨てて潔く人間関係を断ち切ること

<<   作成日時 : 2017/07/24 11:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
 最近は若い人がFacebookをやめてTwitter、LINE、Instagramなどの、それ
ほど気を使わないSNSに移っているという記事を見かける。確かにそれは事
実でFacebookはLINEへの誘導で使うケースも実に多いようだ。あくまで他の
SNSというスタンスでのFacebook利用は増えている。

 なぜFacebookはやめるべきか、まず時間を食い過ぎる、そのため本業
や勉学に支障をきたしやすい、Facebookでの架空の(友達)との人間関係に
翻弄され、気になる友達が「いいね」をくれない、でも他のユーザーに対して
は「いいね」をやっている、コメントも、・・・・・端的に言えばピンサロのホステ
スにヤキモチを焼くような愚かな心理である。Facebookに精神的にも、また
時間でも翻弄されて占領されかねないという生活の危機である。

 といってSNSのベースとして他のSNSのためにFacebookを残しておく、と
いう利便性は無視できない。でアカウント削除でなく利用解除となるが、ま
ず利用解除は再開できる、データはそのまま維持されていえるとはいうが
現実に再開したら消えていたという人もいるから油断はできない。

 だがやめたい、Facebookの束縛から開放されたいという人は、もう全て
の未練を捨てて利用解除を行うしかない、アカウント削除は一ヶ月後でそ
の間にログインすればキャンセルとみなされる、から現実削除しにくいとい
える。だがら行うべき現実作は利用解除、・・・・・・であるが。

 で早めたくてもやめにくい、その理由は、結局、人間関係への未練であ
る。それは端的にいうと、女性に未練たらたらの近松秋江の世界と言え
る。

 惚れた京都の遊女に入れ込み、雨の中をその住居の周囲を歩き回る、
別れた妻が日光?だったかに宿泊したという話を聞いて日光の旅館の
宿帳をしらみつぶしに見せてもらう、・・・・など。

 結局、ある種の「友達」に未練タラタラの感情がフェースブックをやめ
る最大の障害と言える、相手にシェアされてる自分の投稿コンテンツ
も消えるのでその点で迷惑をかけるのでは、という気遣いもある。

 全ては人間関係のシガラミである。Instagramなどは写真投稿であり
、たしかに無味乾燥な印象は避けられないが、・・・・・。

 Facebookをやめるには瞬時にできる利用解除、引き止めるコメントに
だまされないこと、時刻は深夜がいい、親しい人にも特に連絡も予告も
するべきではない。酒の勢い?それも手段だが、飲む必要もない。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
facebookをやめるには未練捨てて潔く人間関係を断ち切ること つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる