つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界的なプラモデルの聖地、真備の「エラヤ」の被災

<<   作成日時 : 2018/08/07 10:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
今日の山陽新聞の社会面にトップでデカデカと出ていた。在庫10万点を誇る、プラモ
ファン垂涎の商品を取り揃えた日本というより世界的なプラモデルの聖地、真備町川辺
のおもちゃ屋、プラモデルに特化、「エラヤ」が決壊による浸水被害をもろにうけて一階
は完全水没、全在庫商品がだめになってしまったという、再開の見通しは現実的に立て
られないという悲劇のニュース。

 エラヤは元来、西隣の矢掛町商店街に古くから営業の「エラヤ」おもちゃが主だが多様
な商品の伝統の「エラヤ」その息子さんが大学を出て真備におもちゃ屋を開業した。高校
の同期生である。年齢はしかし私より下、エラヤのエラは矢掛の農村地域にある「江良」
えらという地名にちなんだもの。江良の出身者で他の業種でも「エラヤ」という店はある。
玉島にもエラヤというパン屋がある。ルーツは同じである。江良の特有名で名前が団迫
だんざこ、である。まず他の地域にはない名前。

 子供時代、私はプラモデルに夢中になって矢掛商店街のエラヤに足繁く通ったもので
ある。子供時代の原風景といってよい。エラヤはプラモデルを当時から多数そろえていた
、これが店長の団迫に受け継がれてある時期、「プラモデルだけに特化しよう」という決心
を導いたようだ。単純なおもちゃ屋では近くにイオン倉敷の例の大規模点があるし。トイザ
ラスかな。トイザラスなんか比較にならないエラヤのプラモデル充実、日本トップかもしれ
ない。外国からもお客が来るという、ネット通販も行っていた。

 矢掛商店街のエラヤは多彩な商品のある大規模店!だったがプラモデルの充実は光っ
ていた。その伝統を受け継いだ彼だが、・・・・・かれは法政かな、高校当初から私立大学
受験を決めていて社会選択科目を「地理」としてなにか専門的な本を買っていた、ちょっと
並でない、マニアックな部分があったな。高1の時、美星出身の樋口が団迫をなにかひや
かしていた場面が印象に残っている、ひやかしたくなるマニアックさだったのか、その樋口
もその後「少年チャンピオン」の編集長になったものだ、みな、並じゃない。

 でも垂涎ともいわれる10万点の在庫がもう商品にならない、在庫だけで1億円以上だろう
、建物などの損害を考えたら団迫が「もう先が見通せない」は現実である。8月中旬開店、
在庫が割引で売れた段階で9月から閉店作業に入る。先はわからないの一言。でも彼は
老けたなぁ、テレビ取材でも見たけど面影がない。今年の誕生日で63歳、やめるには早い
が、またいちから、というにはどうにも、しんどい年齢、若ければもう一度チャレンジ、お客
さんはついているんだから、でも資金を考えて年齢も考えたら、と迷っているようだ。

  でも12万円の値が就いていた商品もあったそうだから、付加価値の高い商品が多いか
ら在庫損害だけでも3億じゃきかないかもしれない。お気の毒だ。

 古来矢掛町商店街にあった「エラヤ」はおもちゃ屋でも大規模で異例なほどプラモデル
を置いていた。」いわばプラモデルはお家芸なわけだ。ありきたりのおもちゃ屋では無理と
判断して20年前からプラモデル、模型店に特化したのもお家芸を活かしたと思う。


  矢掛町商店街の「エラヤ」左のコンクリート、シャッターの建物

  
画像



   


 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
世界的なプラモデルの聖地、真備の「エラヤ」の被災 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる