つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS カローラスポーツは国内ではあまり売れない?名前ばかりのスポーツ

<<   作成日時 : 2018/07/20 12:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日本でカローラで通っている、カローラセダン(アクシオ)、ワゴン(フィールダー)
はヴィッツと車台が共通の国内専用車である、海外でのカローラで今まで売られ
ていたのは「オーリス」という名称で売られていたハッチバックである。グローバル
カローラは端的にいえば日本のオーリスセダンである。そのスタイル、リアウィンド
ウの処理を見たらオーリスが国内で販売されていたグローバルカローラの一種
と即座に解る。

   グローバルカローラ、セダン

  
画像


 
画像


 カローラスポーツ

 
画像


  
画像


 グローバルカローラのハッチバック版を国内で「オーリス」として販売してきた
トヨタである。で、いかにもカローラ的というべき国内専用カローラはそのままに
して若者を取り込もうとグローバルカローラのハッチバックをオーリスのモデル
チェンジという形で国内販売に打って出た。国内専用カローラがセダンはユーザ
ーの平均年齢が70歳、ワゴンでさえ60歳という極度の高齢者向けとなってしまっ
た現状に変革を加えたい、がオーリスの名称廃止、グローバルカローラをカローラ
スポーツとして本格的に売り出そうという思惑ではあるが。とはオーリス自体、そこ
そこ売れていたがお世辞にも人気沸騰とは到底言えない、何か半端な車であった。
そのスタイルを受け継ぐカローラスポーツ、多少スポーティーな味付けだが。

 とはいえ、カローラスポーツはまた国内仕様でありすぎる。このままではやや
幅の広がったプリウス、またサイズの割には貧弱感のある1.2Lダウンサイジングタ
ーボ、・・・・・・

 スイフトにおけるスイフトスポーツとはいに付はは全く異なる。スイフトスポーツは
純然たるスポーツグレードである、がカローラスポーツは特殊な国内専用カローラ
にグローバルカローラのプラットフォームで国内仕様パワーユニット搭載の「接ぎ木
されたカローラでしかない」、遥かに軽量コンパクトなスイフトスポーツが1.4Lターボ
なのにでかいサイズで1.2Lターボではさしてスポーツ性を売り物にはできそうもない
。スポーツと言いながら最も装備のプアなグレードにのみマニュアル設定では到底
本気とは思えない、スポーティーをなくす手段としてインプレッサ前モデルが最貧の
グレードにのみマニュアルを設定したことに通じる。

  国内専用に別系統のグローバル化ローラを導入したため便宜上「スポーツ」と
名付けたに過ぎない。国内用を配慮してハイブリッドがメインのグレード展開。1.2L
ターボは売れないと見る。

 車幅は1790mmでグローバルカローラの今後の車幅となりそうだが、プリウスの
1750mmという国内でも使用しやすい車幅からして、乗りにくいを感じる人は多い
だろう。要は国際的なCセグメントの車幅だが、アクセラより売れない気がする。
とはいえ、トヨタだから顧客は多く、販売力はあるからそこそこはさばけるにせよ、
どこか国内では魅力に欠けたウリにくい車に仕上がっている。

 そもそもスポーツと言いながらマニュアルが最初にでてこない、しぶしぶ一部の
貧相なグレードのみに6MTが取り付けられる、何がスポーツだ!といいたくなる
だろう。

 結局、カローラスポーツはスポーティーバージョンではない、相対的には国内専
用と比較したらスポーティーだというかもしれないか最貧グレードにのみマニュアル
という設定からもスポーツというのは名前だけというしかない。

 もう一つのプリウス、かってのオーリスに似た車幅の広いプリウスという選択肢に
なろうかと思われる、でもオーリス由来のブサイクさは否定できない。

 プライスは概して安い。それも値段相応と気づく時が来るだろうが。

 カローラスポーツは若者を惹きつけるスポーティーバージョンというのは偽りで
ある。あれならハイブリッドで考えるとセリカ最終型そのままの現行プリウスに若者
は惹かれるだろう。ターボで考えたらスイフト、スズキに劣ること数段である。

 結局、国内に置おけるカローラ国内専用の位置づけが世界であまりに特殊という
ことの矛盾の露呈といえないこともない。ご都合主義がスポーツという詐称!に現れ
たといえる。

 試乗会で一番でたクレームは後席居住性のかなりの悪さ、狭苦しさ、後方視界の
悪さである。実用上では大きなマイナスである。実用性能に欠ける面があるなら確
かにスポーツだろう。

 宣伝は盛んだが本当にスポーツ志向の若者ドライーバーには魅力は乏しいだろう
。販売はそこそこに堅調に推移するだろう。オーリス時代よりは販売台数は増やしそ
うだ。

 ただし従来のユーザー層の高齢者層は乗っても来ないし、さりとてスポーツ志向の
ドライバーから見ても魅力は乏しい。グレードが増えただけ、オーリスよりは販売が
伸びるというだけである。スタイル自体に心沸き立つというものが見られない。依然
として高齢者向け?とおもわせかねない地味な感じである。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
カローラスポーツは国内ではあまり売れない?名前ばかりのスポーツ つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる