つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 義理の兄弟姉妹とどうつきあう?

<<   作成日時 : 2018/03/06 10:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
たしかにこれは普遍的問題ではある、よくネットでも相談されている。あまり
とり立てて斬新な発想もなさそうだ、当たらず触らず、で済まされるならいいが
、ドロドロの部分もあるものだし。

 昨年、家内の姉と思いもよらぬトラブル、まさかバレエ発表会を観に行って
ここまでトラブルとは予想だにしなかった、が、起きてしまえば仕方がない。さ
すがバレエに全力情熱という方だけに、少しでケチを付けられたら、と思うと、
もう一歩も引かない、ま、忘れるしかなさそう。

 もう一つのケース、長男夫婦とだが、そもそも結婚式にもでてないし、最初か
ら疎遠である、そえんだけならいいけど。

 まあ、くどくどかくつもりはない。だが一言、

 長年母に献身的に尽くすを私のことを「身辺を知っている」といかにも、イヤ
らしく侮蔑的に触れるなど言語道断で、だったらこっちだって知っている。

 長男夫婦のくせに一切母の面倒もみず、費用負担もしない。

 私のFacebookを印刷して、わざわざ母に見せるなど嫌がらせ行為

 母の終の棲家を売ろうと、・・・・画策するなど、母の住む家がなくなるじゃない
hp−無に入れたらその費用はすべて私だそうだ。

しょせんはわずかな財産、きれいに半々でいい、とばかり思い込んできた私だ
が、別に今も変わりはない、だが以上のような態度を続けるなら、最後に反撃手
段を発動しないとも限らない、というスタンスは今後続ける。今後の出方次第と
いうことになる。私のことだ、口先だけでない反撃手段は持っているからね。

  子供まで使ってFacebookのコピーを親に見せる、嫌がらせで、そこまで
不埒な行為を行う以上はもう私の善意は期待できないこと、墓穴をほったと
いうこと。長男の嫁だとふんぞり返って言いたい放題、だったら「家だけもって」
どっかにいってくれたらいいだけ。

 話し合おうとは思わない、ケチな財産、半々でいい、はずだが、今後の言動次第
で野暮でも法的手段を行使の可能性は保留し続ける、ということである。

 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
義理の兄弟姉妹とどうつきあう? つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる