つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校卒業証書再発行の怪、37年目の卒業証書、36年目の卒業アルバム

<<   作成日時 : 2018/03/08 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 思い出すのもつまらないが、高校を卒業して36年目に初めて卒業をアルバムを
目にしたこと、37年目に卒業証書を初めて受け取った、・・・・別に戦災で、というわ
けではない、普通の平時において、異様な家庭環境があったにせよ、これはかなり
の奇異な話である。以前にも書いたことはあるが切り口を変えて。

  でも幼いころ、親がまずい失敗をやって夜逃げ、・・・まあ夜逃げなんかやる家族
、普通に見て見たことはないが、それが二十歳になろうかという頃、長男が教員で地
元の県に赴任という時期に「夜逃げ」なんて、おぞましくて、普通見たことも聞いたこと
もない。だから「成人」の祝なんかうちの家庭にはそんな言葉、概念はない。無である
。古い宿場町の表通りに面した家が夜逃げなんて、もうこの街で100年は話題になりそ
うなとんでもない事態だった。父親の白痴性に由来した汚点だった。普通の大人には
無縁の事態である。

 卒業式、その後もバツが悪く学校に顔を出せず、翌年3月、代理人を活かせたら、
「卒業証書も卒業アルバムもない」、それを聞いて黙ってかえった代理人、夜逃げの
張本人であるが、・・・・・責任は親にあるが、うちの親は終始一貫、夜逃げの責任ま
で私?といいかねない人類史上最低の親だった。

 それから卒業アルバムを遂に見る機会もなく36年が過ぎた。証書は1年足らずで
紛失か廃棄されたという屈辱はあッても不要なものだ、・・・・・・

 史上初めて生徒の卒業証書を紛失した岡山県立矢掛高校

 なわけだが、卒業アルバムの保管はクラス担任、でもこの街での前代未聞の夜逃
げを見て聞いてこの担任もさすがに「もう取りに来ないだろう」と思って「俺にくれ」と
い言うやつにわたしてしまった、か自分のものにしたか、で間違いない。

 で、卒業証書、一年足らずで学校が意図的か過失でも廃棄、紛失はありえないは
ずだが県立矢掛高校ではそうなったのである。校長らの私への憎悪が聞こえるよう
うであの校長の死後遥かになってもこちらの不信感も消えることはない。

 卒業アルバムは学年同窓会を機に「私のアルバムを貸してあげる」という奇蹟の
同期生が現れて、女性ですが、・・・・・コピーできた。

 卒業アルバムは?矢掛高校に何度も問い合わせたが「探してみましたが見当たり
ません」、本当に探したのかどうかウソっぽいが、とにかく埒はあかない。管理は事務
のはずだが、・・・・・

 37年目に卒業の年の最後の登校依頼初めて高校に顔を出した。事務に入って談判
、教頭がいた、「あんたが教頭か」、まあ貫禄のない男だった。

 そこで強硬手段、県教委に「法的措置に訴えるから必ず出てくるように」と電話。県教
委職員の声が震えていた。

 何日か後、つつにいれた「卒業証書」を矢掛高校の事務が持ってきた。

 あの憎むべき校長の名前が記されていた。メンツは何とか、・・・もう証書などいらな
いから焼却処分にした、筒だけが残った。

   高校事務が持参してきた再発行の卒業証書は即日焼却処分

  卒業アルバムは、初めて知る見る同期生の名前と写真があった。36年が経過して
いた。

 こんな珍事、・・・・・普通あるであろうか。


 ご厚意で貸していただいた卒業アルバムをコピー製本

 
画像

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
高校卒業証書再発行の怪、37年目の卒業証書、36年目の卒業アルバム つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる