つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の女性の愛情表現、駅ホームでのハグとキス

<<   作成日時 : 2018/03/01 13:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  
画像
日本の女性ってあまり公衆の面前、中で愛情表現を現さないものだ。でも
それも個人差である。概してアジア人女性はあまり愛情表現を現さない、・・・・
と思い込んでいるのは誤りである。身近に見ても人混みでも構わずハグして
キスする女性はいる。

 神戸在住の中国人が電車の中で、またホームで見た日本人女性の愛情表現
への驚き、でもこれはしょせん固定観念に囚われているとしかいえない。

 神戸在住で妻と生活する毛丹、1962年生まれ、北京生まれ、は大阪の会社に
勤務し始めて覚えた最初のものは梅田発お神戸行きの快速電車の最終の時間
である。
 
  ある夏の夜、大阪で級友たちと飲み、盛り上がった後、神戸行きの最終電車
に飛び乗った毛丹は一人の女性に目を留めた。「目を真っ赤にして、右手で吊革
をもち、左手にクリーム色のバッグを持っている。彼女は横に立つ男性に何やら
しきりに訴えている。

 「聞いてもらいますよ」と念を押しながら

 「私の成績が誰かに劣っているとでもいうんですか、なんであんなしょーもない
男にお茶を出さないと行けないんですか、朝っぱかららデスクを拭いてあげて、
、私がなんでこんなことをしないといけないんですか?課長、言ってください」

 女性はどうやら営業部門の総合職で、その上司の男性と同伴らしい。お茶ば
かりいれる雑用をやらされる不満をぶつけられて上司は狼狽している。女性を
横目で見ることもせず、会社位の規則などを盾に言い逃れをしている。これ
に対し、女性は興奮してきたが声も大きくならず、近くで観察する毛丹には、
レが伝統的な日本女性の美徳、と思えた。

 だが電車が芦屋に到着し、男性がやっと逃げられるというように急いで彼女
の手を振り切り、「それじゃ」と言った後、やにわに男性に近寄った女性が、以前
からの彼への愛を告白し、顔にキスして上目遣いに彼を見つめた。

 男性の頬にはくっきりと口紅の跡、彼の足取りは乱れたが、すぐに落ち着きを
取り戻し、電車から降りて急ぎ足で雑踏に消えた。

 他方、女性はすべての力を使い切ったかのようだった。彼女はきっと酒の力を
借りて捨て身になったのだろう、・・・・。

 さて、この毛丹が半ば仰天した光景、・・・・私は意外とは思わない、これは会社
野中の人間関係である。

 私の経験、彼女は新幹線ホームでも新幹線ないでも所構わずハグしてきてキス
してきた。好き好きビームだそうだが、名門国立女子大を出ての彼女の愛情表現
には、・・・・心を動かされた。中国人の見た日本人らしからぬ光景?も決して実は
珍しいものではない。

 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本の女性の愛情表現、駅ホームでのハグとキス つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる