つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山県立大生殺人事件 

<<   作成日時 : 2013/08/23 20:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
もう記録もあまり残ってないというか、ネットでも全く情報はないが、・・・。

 記録は乏しいというより全くないのである。

 どうも中国地方の公立大、・・・・新設の県立大学においては不幸で奇異
な殺人事件が発生するものなのだろうか、・・・・・?

実は中国地方に限らず、全国の新設、それに近い公立大で共通な現象の
ようで原因はどこにあるのか?

 記憶に新しいといっていいのか、・・・・島根県立大の女子学生の惨殺事件
はいまもって犯人は検挙されておらず、事実上の迷宮入りと言われている。

 それは岡山県総社市に新設された岡山県立大学の話である。

 これは岡山県立大の学生が殺人の被害者になったのではなく、殺人犯に
なった、・・・・ある意味、被害者になったより悲劇的だった事件である。

 岡山県が岡山県立短大を4年制とし、移転拡充する方針であったが長く在任
した長野士郎岡山県知事の出身は総社市であって、・・・・・だから長野病院っ
てあるが・・・・・そのため総社市に立地が決まった。

 現在、岡山県には数多くの四年制大学が立地しているがまだ1993年当時は
少なく、貴重な四年制大学として期待された。

 1993年4月の開学、・・・・その翌年の1994年1月、・・・・であったか、・・・
創立間もない岡山県立大学生による殺人事件が発生した。

 その寒い冬に事件は起こった。

 岡山県立大男子学生が総社市のレンタルビデオ店に行った。

 そこでその男子学生が店内にいた別の男性客と何らかのトラブルになってナイフ
で刺し、死亡させた。

 殺人を行った男子学生は下宿のアパートに帰っている所を警察に逮捕された。
まだ未成年だっただろうか、・・・・。

 総社市で殺人事件など、まず起きることはなくそれまでで、・・・・もほとんど起き
てはいないに近い状況だった。

 そこで起きた学生による思いもよらない殺人事件。

 突然の陰惨で不幸すぎる事件に市民は息を呑んだ。

 男子学生は逮捕され、拘留中、自殺を遂げた。

 学生の遺族は警察を訴えた、・・・・・。大事な子供だったはず、・・・・しかしその
子供が殺人をやってしまった、・・・だが自殺は無念、というわけなのか。

 これは全く忘れられた事件だが、ここで私が感じるのは、・・・・

 異郷、または異郷に近い状況の土地の大学に入って生活する学生の孤独な心情
である。まして総社市のような田舎では、・・・・・寂寥感は強い。

 そこで起こったこの事件、大きく取り上げられたことはない。未成年ということもあった
のかもしれないが。

 せっかく希望の大学に入っての不幸な事件にあまりに不憫さを覚えた人が多かった
はずである。

 また大学の立ち上げの時期、ここで意外な事件が起こりやすいものだ、ということ。

 島根県立大女子学生が殺害された悲惨な事件は大きく取り上げられた。この事件
を聞いたとき、すぐに同じく新設間もない県立大で起きた不幸な事件を思い出した。

 県立大学には何か不幸の種でも宿っているのか、・・・・・と。

 私立大学とはなっていても地方自治体共動運営の公立大といってもいい東北
公益文科大での19歳学生の同級生殺害事件、・・・地方、田舎の創設間もない
「公立大」ではなぜ殺人がおきやすいのか、・・・・・偶然とは思えない。

 大学の新入生は孤独に陥りやすい。そこから思わぬ不幸が襲うことも少なくない。
大学新入生には、まして創設間もない田舎の大学では心の、生活のケアが何より
重要だと思える。


 もう誰も語らない、1994年初頭の寒い冬の総社市で起きた孤独な学生による不幸
すぎる事件である。

 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
岡山県立大生殺人事件  つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる