つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 性欲に翻弄された哀れな虚妄の男の末路(紀州のドンファン?)

<<   作成日時 : 2018/06/10 22:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
  こんな下らぬ男などについて書けば品位を汚すので、またメディアが面白がって
書きまくる、まあ、その御蔭で「朝から晩まで日大」の愚劣も終息しかかっているが、
その対象の無意味さは同じことである、でもテーマ欠乏の状況で一度だけ私の感じる
ところを書くと、・・・・・・

 現実は二度の脳梗塞で失禁、垂れ流し、歩行も不自由、おおむつが離せない、その
事業も現状はお先真っ暗、高利金貸しの甘い汁の時代は遠の昔に終わっている。預金
額も、通帳を見せて通行の女性をナンパしようしたというには、たかが10億円程度、特別
少ないわけじゃないが、これじゃちょっと小金をためた婆さんにも追いつかれるレベルだ
。近くのホームに私の叔母が入っている。父の兄の三度目の嫁さんだが、ドケチに徹して
守銭奴の道、ホーム代は以前勤めた被服会社での厚生年金と駐車場賃貸でまかなえる
。預金額は2億円はあるだろう、以前、広島銀行矢掛支店の副支店長の数多くの定期預
金をごまかされて6千万ほど盗られてこれだ、激怒した広島銀行は矢掛支店を廃止処分
にした。

 まあ、紀州のドンファンの異名、女好きは間違いないが、面白おかしく書いて売らんが
ためのゴーストライターの仕業である。東京で公務員、官僚相手の相手の金貸しで財を
なした、にせよ、そんな金など長い目で見ればしれたもの、規制が厳しき昔語りである。
差し押さえた土地も多くは和歌山で価値は乏しい、税務署からは徹底的に狙われる。

 資産家とした場合、事業家と見た場合取るに足らない。だが無類の女好き、若い女性
好きは事実、失禁おむつの状態でも22歳の若い背のたかい女と結婚だから。だが全て
は虚妄の極み、哀れな末路である。

 本では4000人を抱いた、・・・・・・・別に多いとも思わないが少なくもない、ただ若気の
至の性欲過多の時期なら仕方ないが、一定の年令を超えてこの生き方だったら、そい
つはおかしい。ある時点で愛情の伴わぬカネで買うセックスなんて全く虚しいだけ、と
気づくはずだ。ある時期までならやむを得ないとしても長く続くと、そいつは大馬鹿者で
しかない。私でさえ独身時代がなく、まあ、遊んだ時代はある。三桁以上の女性との、下
らぬ体験、でもこれは結婚以前の愚行でしかない。ある時点で断固卒業すべきことだ。

  確かに男性の性欲は凄まじい、特に若い頃から壮年にかけては、だからある程度
その時期、「遊ぶ」のも仕方はないがある年齢を過ぎても、若い頃と同じ性欲に根ざした
女狂いをやっていたら、そいつはちょっとおかしい。まして結婚もして家庭をもったら。こ
の男は子供が出来なかったそうだが、いい年して通帳を見せて女を誘うごときナンパは
人間のクズとしかいいようがない。

 少々金貸しで金をためて財を成したと本当に思っていたのだろうか、本当の金持ち
、資産家はこんな男ではない。ただ「ドンファン」というキャッチフレーズ、宣伝文句で
名を成した?のだろうが、末路は脳梗塞の体の不自由な高齢者、おむつをいつもや
っ垂れ流し、

 性欲に翻弄される続ける男は惨めだ、汚らしい、汚物だ、唾棄すべき存在で消え去る
べき、きれいごとじゃない、いい年して何をやっているかである。

 これくらいのコメントで十分だろう。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
性欲に翻弄された哀れな虚妄の男の末路(紀州のドンファン?) つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる