つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 在日のハングリーさを持ち続けた西城秀樹

<<   作成日時 : 2018/05/17 18:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  別にどこかのネトウヨサイト、ブログみたいに「この芸能人も在日だった」と、囃すような
ものでは毛頭ない。西城秀樹が在日は周知の事実で、外見はそれらしく見えない、にしきの
あきらと同様である。それらしく見えないというのもこれまた偏見である。要は在日であるとか
ないは人間として一切、本質的な意味はないわけである。・・・・・あるがこの差別にさらされる
日本で在日として生まれ、生きた西城秀樹が如何なる精神を育んだか、一事が万事、在日で
あることの法的な制約、また恩恵の欠如は口に出す出さないに関わらず心の深い影を落とし
たはずである。別に西城秀樹一人のことではないが。在日である以上は有名人であろうが常
時、その証明書を携帯しなければならない、もし警官に咎められたら逮捕される、今もそうな
のかどうか知らないが、疎外を存分に味わされ続ける運命である。

 ところで今から何年か前、いつだったかな、10年以上は前だろう、韓国でのディナーショー
を終えて直後、脳梗塞を発症した。実際、脳梗塞、程度にもよるにせよ、その後はもう明るく
ない、最も中枢に紛れもない病変が生じたのであるから。まさかいくら飲んでもこの齢で脳
梗塞になろうとは夢にも思っていなかったはずだ。

 ところで広島市の出身の在日、芸能人、スポーツ人は多い、まして在日は芸能に才能を
持つ。矢沢永吉もそうだし、で、西城秀樹、高校があの石田学園山陽高校、かってはサッカ
ーが強かったものだ。

 西城秀樹が山陽高校にかよっていた当時はそれは広島中心部、今はフジ広島店の敷地
にあった。在日の西城秀樹の親の仕事はパチンコ店だった、姉がひとりいる。これは後藤組
のあの組長の愛人となった。やはり在日は深い影をおとしている。山陽高校を経営の石田学
園は大学創設のため市内の一等地の土地を売却し、大学創設後は高校に全く経営意欲を
失った感がある。現在の山陽高校はやや低調である。

 あまり知られていない、当たり前だが、西城秀樹は中学を出て滑り止めで岡山県の井原市
の興譲館高校を受験している。職員だった人から聞いたから事実である。

 早くから将来は芸能の道と思っていたようだ。山陽高校で西城秀樹と同級だったという人
を知っているが、高校時代からしきりに口にしていたそうだ。容姿にも恵まれている、という
自負はあったようだ。アイドル系である。韓国系と云えばなにか演歌的な歌手を想起しがち
だが西城秀樹、にしきのあきら、神戸一郎などという美形的なラインもある。

 私とは同世代と言いたいが西城秀樹が若い、少しだが、まあ野口五郎が最初は演歌で
スタートしたのとは対照的で、売り出し方はスッキリしたアイドルだった。

 63歳とは早いようだが早期の脳梗塞発症であっただけに闘病は熾烈であったはずだ。在日
としてはかなりの成功者には違いないが、あまり口にも出さなかったが、その差別にさらされる
ことへのハングリーさはあったはずだ。

 偏見に満ちた行為で在日探し、そのサイト、ブログがある。もちろん卑劣である。何の人間と
しての価値に差異がある道理はない。この嫌韓の時代、口には出さずとも西城秀樹もつらか
ったはずである。心情は察せられる。


 

 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
在日のハングリーさを持ち続けた西城秀樹 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる