つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 車を修理、整備に出してカーナビを壊されたら

<<   作成日時 : 2018/04/28 11:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
現実に決して少なくない問題で整備、修理、車検、リコールにマイカーを出した
らカーナビが作動不良になって帰ってきた(出す前は無論、完全に性正常なわけで
ある)というケースは結構多い、話にも聞く。だが現実に我が身に降りかかると、そ
の痛手に茫然自失となった。整備、修理、車検車を出したらどこか調子が悪くなっ
たということは実に多い。多いにせよ、その中でカーナビの作動不良の惹起は最も
明確で大きな損害である。精密な電子機器であるカーナビは修理は容易ではない。

 私の場合、助手席のタカタ製エアバッグの部品交換のリコール、私の場合、助手
席には決して人は乗せないから無意味だがお決まりなら仕方ない、といいたいが
無意味なリコールで結果は大損害であった。迷惑なタカタである。

 助手席エアバッグの部品交換ではインパネを取外さねばならずカーナビも取り外
す。当然、事前にバッテリーのアースは取り外しているはずだが。

 とにかく私の欠陥助手席エアバッグの部品交換でカーナビを取り外し、インパネを
取り外した。カーナビ、テレビワンセグなども含めたカーナビは精緻である。接続にも
細心の注意を要する、販売店でもなくマニュアルももたない整備工場、モータースに
果たしてカーナビが扱えるか?

 まさかとおもったが帰ってきたインプレッサGH系に昨年8月取り付けたばかりといっ
てよいパナソニック製カーナビは異常だった、開閉ができない、単に物理できな要因
でもないことはCDの出し入れができない、全ての面でレスポンスに異常があった。

 モータースに問い合わせると、「開閉の問題だけならすぐ直せますから取りにあが
ります」、・・・・・・開閉だけではない、この返事を聞いてここに頼んでも無理と判断し
た。なにかやって「壊れていなかった」と強弁くらいしかしないと感じた。

 販売取り付けしたイエローハットに言ってそのカーナビを見てもらったら、・・・

 「一時的な逆電流か何かで電子回路が壊れて作動不良が起きている」

 これじゃ基盤をごっそり変えないと無理で、保証修理対象外である、修理費用が
何万円、また期間がどれだけかかるか分からない。もうあきらめるしかなかった。
また同じレベルのカーナビ、はしんどいのでCD再生のカーオーディオを取りけて
もらった。
 
 で現実の対処、壊したモータースは悪意ではない、と言っても金をとって車を直す
業者が大切なカーナビを壊して「仕方がない」とか「済みません」ですむ問題ではな
い。カーナビを壊すのは想定内であり、受け入れろ、とも言えない。カーナビが修理
整備の際、付随的に壊されるのは受任義務、のはずはないだろう。

 明らかにカーナビを壊した方に責任がある、新品価格でなくともその半額相当分
でも弁償する、また新品を買う羽目になったことも勘案して更に、損害金を出して、
本来は当然だが、現実、ではどうするかとなると難しい。話に応じないので裁判では
損害の何十倍化になる。話し合いでいくらかでも誠意を引き出す、ていどだろう。

 今度はクラッチ修理にだしたら勝手にリコール部品交換をやられてその際のカー
ナビ破壊である。落とし所はクラッチ交換代金から相当分を値引きしてもらう、である
がまだ請求書もないので相手の出方がわからない。ある人を介して、も考えられる
。相手は個人モータースである。ソレがベストとは思える。

 だが損失をそっくり回収は夢のまた夢である。こういう災難もある、と思うにせよ、
廃車まで大切に使う予定のカーナビを壊されたダメージはあまりに大きい。

  結果:請求書が来たがクラッチ交換、ブレーキローター交換などブレーキ関連
交換整備、23万円也、さらに「リコール対策済み」で14万円の最近取り付けたカーナ
ビ破損(廃棄)、新本のカーオーディオ4万円はまるまる損失、でした。


   壊されたパナソニック  Strada

 
画像

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
車を修理、整備に出してカーナビを壊されたら つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる