つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒューマニズム欠乏の時代と落合恵子さん

<<   作成日時 : 2018/04/23 16:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
弱者迫害のカタルシスに浸る者たちの群集心理をベースとする現在の日本の
保守化、ファシズム化は進展するばかり、、それが政権や政権のバックにいる
巨大右翼団体ともかなりの部分、一心同体である。むずかしいことを言わなけれ
ば近代史に於いて広義の社会主義思想とともにヒューマニズム思想は発展して
きたといえる。「社会主義は誤り」と最近は学校で教えているのかどうか知らない
が戦争の記憶が薄まり、「冷戦構造」が崩壊したということが、世界の中で、この
日本という国では「社会主義思想」それからの人道主義、ヒューマニズム思想の
否定に繋がってしまい、これが逆に言えば「もう何をやっても何を言ってもいい」
常軌を逸脱した非人道的な罵詈雑言が平気で飛び交う日本になってしまった。

  イギリスのファビアン協会に示される漸進主義、これこそヒューマニズムの
政治的原点である。社会主義が人間解放を目指し、そこから全体主義の極地
のソビエト型共産主義が生まれた。だが漸進主義的社会主義こそ社会主義の
王道と思える。それこそがヒューマニズム思想の揺藍ともなった。啓蒙思想の
長い歴史の中から出てきた社会主義の思想、またヒューマニズム、近代啓蒙
思想の産物である、・・・・・・「社会主義」を否定したらロック以来の啓蒙思想ま
で否定しようという現代の日本のようである。長い年月をかけて近代国家が
積み上げてきた啓蒙思想に由来の民主主義思想、社会改革思想、ヒューマ
ニズムを「冷戦の崩壊」で全て否定できた、と思い込んだかのような日本の反
動であり、いったんそうなったら何をやっても言ってもいい,タガの外れた無軌
道がネトウヨから政権まですみずみまで浸透している。政治権力は気に入らな
いメディア、キャスターを辞めさせるのさえ自由、ということらしい。

 政権党がネトウヨの総元締めともされる、全てそうだとも言えないにせよ、大半
は自民党のネットサポートクラブの指図かもしれない。とにかく反ヒューマニズム
が時の権力と結びついているのである。ネトウヨの反ヒューマニズムハマって徹底
している。ユセフ親善大使だったか、アグネス・チャンさんがあれほどネトウヨから
攻撃されるのである。善意を憎むのである。ナチスの優勢思想、反民主主義、反
ヒューアニズム思想と共通とも言えるにせよ、そのゲスぶりは際立っている。

 かくも絶望のこの反ヒューマのズム、ファッショ化の時代、もちろん日本である。
落合恵子さんのリベラルな論調、発言は暗夜に光る灯火であろう。

 最近、落合恵子さんが書かれたエッセイ「若き友人へ」モズから編集委員をされ
いる雑誌に掲載されていたものである。

 『真っ直ぐであることはひとつの美しさであろう。けれど、真っすぐありたいと願い
ながら、心のうちに大小さまざまな揺れや惑い、迷いを見ることも少なからずある
はずだ。

  勁く生きたいと思う。弱さを知らない、やみくもの強さや攻撃力、数を頼んでの
暴力とは別の次元で、勁くありたいと思う。けれども、そう望みながら、そうはいか
ない時もある。

 立ち止まることを忘れ、揺れを省いた真っすぐさは、真っすぐであるゆえに折れや
すい場合もある。しかし、一方で、「しなやかさ」を目指して、芯を曲げてしまう場合も
ある。

 他者の中に、むろん自分のなかに揺れを見つけた時、私はそれを止めようとは思
わない。揺れる時は揺れていい。揺れるだけ揺れるがいいと、と。

 「ちょっと考えたいから」

 あなたは言った、だから、少し活動から距離を取る、と。

 そのひとの考える時間を邪魔することは誰も出来ない。見送るしかない。でも以外
の場所でも会おうと思えば会える、じゃあね!である。

 揺れや迷いに強引に蓋をしてはならないと思う。そう伝えるしかなかった。

 ・・・・・・版元から送られてきたト・ジョンファンさんの詩集「満ち潮の時間」が机の
上に。

 韓国の現代詩人でありながら、1989年全国教職員労組の結成に參加したことで
免職、投獄されたこともある。支持するものもいれば、そうでないものもいる、くらい
しか私にはわからない。

 ただ、詩集の中「揺れながら花は咲く」というタイトルの詩の後半の一節が、今夜の
私に心に響いた

 ・・・・・・雨に打たれずに咲く花がどこになるだろうか、・・・・打たれずに歩める人生など
どこにあるだろうか

 揺れながらいつか咲くことのできる人生は素晴らしい、僧ありたいと願う。

 けれど、ずっと揺れ続けて、花をつける前に終わった人生に対して、美しくないと
誰が言えるだろうか。

 若き友人にそう伝えたい      』

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ヒューマニズム欠乏の時代と落合恵子さん つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる