つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS リコール(エアバッグ部品交換)から帰ったらカーナビを壊されていた

<<   作成日時 : 2018/04/20 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
今回、インプレッサ(GH2)のクラッチ交換、並びにブレーキのローター交換を
依頼し、一週間もかかって戻ってきたと思ったら、同時に行った助手席エアバッグ
のタカタ製のパーツ交換でインパネを取り外したようで、その際にカーナビも取り
外すことになったことは確か。その再取り付けでカーナビの取付に不慣れなのか
、まずくてカーナビが開閉しない、もう半分壊れたようなもの、昨年6月かな、14万
円で買ったパナソニックのカーナビ、・・・・・・気づいたのかどうか黙って車を戻す
というのもいかがなものか。クラッチ交換が工賃、部品代で高額、それに加えて
カーナビ購入の必要となれば、ものいりの極み、ため息が出てしまう。カーライフ
で超重要なカーナビを壊されたのは痛い、黙って納車はいただけない。

一般にモータースがカーナビを取り付けることはごく少ない、専門業者、ディー
ラー、カーショップである。製品ごとのマニュアルが取り付けに必要である。だが
今度のように助手席エアバッグの部品交換というような場合、インパネ取り外し、
カーナビも取り外しというケースはある。マニュアルもなくて自信がなくてもやって
しまう、結果は取り付け失敗で破壊行為である。安い商品じゃない。黙って納車
は信用失墜である。

 そこで6月末に迫った車検だが、このたびはそのモータースには頼まない方向で
検討する。だいたい、車検なんかどこでやってもいい、修理などはまたモータース
に頼めばいいだけである。当分、あのモータースから離れるつもり。

 さて、インプレッサGH2であるが走行距離は88300キロ程度、最低10万キロは
走破しないと代替えなど出来ないが、車格的には満足している。GH系になって
のインプレッサはたいしたことはないが高級感もある。だが燃費が悪い、居住性
はいいし、パワーもまずまず、不満はない、維持費がかかる。パーツの消耗が早
い、今までの車と比較してマニュアルばかりを乗り継いだが故障は多発傾向であ
る。このまま乗り続けるべきか、・・・・・

 今度買う車は人生最後のマイカーになる、そのタイミングとしては今は早い。マ
ニュアル限定だから選択肢は限られる。しばらくはインプレッサに乗り続けたい
がカーナビを壊されたのは困った、またイエローハットに持ち込まないといけない。

修理に出したら全く別のものが壊れていた、このようなことってある。これに対応の
保険はないのだろうか?というよりそれ以前の業者の責任である。

 本当に車というのは色んな意味で金食い虫だ。


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
リコール(エアバッグ部品交換)から帰ったらカーナビを壊されていた つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる