つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金の繰り下げ受給、繰り上げ受給の損益分岐点は

<<   作成日時 : 2018/03/14 21:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
「年金は遠慮なく繰り上げ受給しなさい」と言う識者もいる。繰り上げ受給だと
当然、支給額は減らされる、減らされるが、減らされた金額でも早く受給している
からその分、特には違いない。要は損益分岐点ということである。

 ★繰り上げ受給

   60歳から  ー30%

   61歳から   −24%

   62歳から   −18%

   63才から      −12%

   64歳から    ー6%


  60歳から受給だと支給額は−30%、それがずっと続く、が65歳からの人はその
間受給していないから、その分有利である。でその損益分岐点は

 76才8ヶ月以上を考えた場合、ここから「受け取り総額」が65歳から受給よりも少
なくなる、

 かなり長生きしそうな人は繰り上げ受給はマイナスであることは、明らかだが、少
くなっても繰り上げ受給のほうがより若い時代にお金を使えるのでプラスと考えられ
なくもない。

 ★繰り下げ受給

  
   66歳から受給    +8.4%  77才11ヶ月以上生きて65才受給より受け取り
                      総額が多くなる

  67才から受給     +16,8%  78才11ヶ月から

  68歳から受給     +25.2%   79才11ヶ月から

  69才から受給     +33.6%    80歳11ヶ月から

  70歳から受給      +42%    81歳11ヶ月から


 これを見てどう考えるだろうか、出す方からすれば「総額」が少なくなったほうが
得である。繰り下げ受給車が増えてくれたほうが有り難いのはわかる。

 これを文章にすると

  受給開始を早めることができる「繰り上げ制度」、一回の支給額は削減される
。一ヶ月早く貰うごとに、0.5%、60歳まで繰り上げると0.5✕12ヶ月✕5年間で、年金
総額は30%減る。

  繰り下げは基本的にこの逆となるが、最近、75歳まで繰り下げるコトが可能な、新
たな方針も取り沙汰されて入る、いるというのは結局、繰り下げを選択してくれたら総
支給額は確実に減少するからこそいうのである。

 繰り下げ受給は明らかに損である!

 実は繰り下げ受給が有利になる人もいるが、基本的に繰り下げ受給は損である。同じ
、とぴうより少ないお金でもより若い年齢で貰ったほうが、また楽しくもあるからである。

 ともなく難しいことを考えず、損益分岐点を考えると結構その年齢は高い。67歳まで
繰り下げたなら78歳11ヶ月、ほぼ79歳にならないと逆転できない。79歳なんてまだ若い
と思うかどうかは別として、これはハードルが高い、いろんな意味で。


 基本は、現状なら65歳からの支給を選択が何かと妥当であるいうことである。

  

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
年金の繰り下げ受給、繰り上げ受給の損益分岐点は つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる