アクセスカウンタ

<<  2017年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
上村松園、・・・近代美人画を創造した偉大なる女性日本画家
上村松園、・・・近代美人画を創造した偉大なる女性日本画家   近代日本美人画の極北、最高峰と称されたいだいなる女性日本画家 、上村松園は1948年、昭和23年、女性として初の文化勲章を受賞した。文 化勲章は近衛文麿の創設である。この時、上村松園73歳、15歳から58年に 及ぶ、その美人画を中心とする日本画家としての功績が認められたのであ る。とこロが松園はそれから昭和24年8月27日、肺がんでこの世を去った。 その美人画はまさしく近代美人画の最高峰であり、あまりの優美さと風雅さ は筆舌に尽くせないものがある。    上村松園は本名を津&... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 14:44
行き着く先はリベラル消滅の日本型ファシズムの世界
行き着く先はリベラル消滅の日本型ファシズムの世界  日本会議とその系列団体を支持基盤とする日本型ファシズムの申し子、安倍晋三 の自民党と、同じく日本会議を支持基盤とする、野心家、小池百合子を頭目とする、 「もう一つの日本型ファシズム」製造装置の「希望の党」の保守同士の争いとなりそ うな、ネオナチ化ともいうべき日本の政治社会状況でリベラル勢力自体が政治的に 消滅しかねない、というよりそれが現実化しそうな情勢である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 00:37
新型シビック(グローバル・シビック)遂にリリース、アクセラを圧倒か?
新型シビック(グローバル・シビック)遂にリリース、アクセラを圧倒か?  グローバルシビックが明日、2017年9月29日発売される、日本国内ではイギリス で製造のハッチバック、日本で製造のセダン、イギリスで製造のTypeRの三車種 である。2ドアクーペはアメリカで発売されているが、国内では当分は予定はない うだ。TypeRは話題だが全幅は救急車並の1875mm、価格も450万円、特別高い わけではないにせよ、スバルのWRX STiが400万円を多少超える程度なので、 トータルでどうか?という感じ、パワー自体は突出していない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/29 12:00
満州事変の導火線となった佐分利貞男駐華公使の怪死、陸軍の謀殺
満州事変の導火線となった佐分利貞男駐華公使の怪死、陸軍の謀殺  満州事変は1931年、昭和6年に勃発し、それは中国との全面戦争という泥沼 になり、あげくに対米戦争の世界対戦化、日本焦土化の最初のステージであった 。が、その最初のステージの導火線となったのが中華民国駐在公使、佐分利貞男 の怪死である。中川一郎も怪死と云われた、自殺と発表されたがあまりの不自然 さ、やはり他殺であった。自殺を装わせて殺害するという常套手段がこの世には存 在する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/28 23:12
高齢期は自分との対決、「将来幻想=希望」が失われた時
高齢期は自分との対決、「将来幻想=希望」が失われた時  若い頃はそのときがいかにどん底であろうと、いま努力すれば将来良くなると いう希望を持って生きることが出来る、若い頃は人生のプレッシャは大きいがそ れが即ち生きるエネルギーとなり、将来の自分の姿で対処できるという、人生 自体が活動期という幻想でも強みがある。今は女性にモテなくても、将来、金も できてモテるようになる、という「今後努力して」の「将来幻想」が常にもてる。た とえ孤独でも「将来孤独でなくなる」という切なくても希望、即ち将来幻想で今を 耐えることが可能である。まだ先がある、先... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/28 12:06
小池は栄えて民進崩壊、リベラルと保守の使い分けの巧妙さ
小池は栄えて民進崩壊、リベラルと保守の使い分けの巧妙さ  もう見るのも嫌気がさす日本の政治の現状、安倍一強、自民一強に風穴が 開くなら、日本会議系右翼の小池百合子でもいい、ということなのであろう。 ともかく保守的心情に染まっている日本の多数の国民にはもう民進党は受け いれがたい、でも自民や安倍のやりたい放題には呆れ果てて飽きてもいる。 そこで自民や安倍、以外の選択肢となると、もう「左翼」という偏見で見られ、ま た政権党時代の失望から民進党へは支持が向かわない、それが都知事選、 都議選の現実であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/27 21:22
「鴉」横溝正史、「人間消失」のトリック、着想、構想の見事さ、だが?
「鴉」横溝正史、「人間消失」のトリック、着想、構想の見事さ、だが?   私は横溝正史(に限らないが)ミステリー小説、推理小説においてそのその設定 、構想、トリック、着想が見事でもその動機の必然化に全く失敗しているケースは多 い、と思う。「鴉」は横溝正史が「八ツ墓村」完結後に、発表した中編に近い作品だが 、収録されている角川文庫「幽霊座」の解説においてハーバード・ブーリンの『ワイル ダー一家の失踪』という人間消失というトリックに『鴉』は挑んだものであることを述べ ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/27 06:24
なつかしの江戸川乱歩、その臨床的人間解剖 (山田風太郎)
なつかしの江戸川乱歩、その臨床的人間解剖 (山田風太郎)      編集者としての乱歩:先ごろ、講談社から出た江戸川乱歩全集の広告 に「なつかしの乱歩」という言葉があって、うまい言葉を見つけたものだと感 心した。もっともこれは、宣伝文を書いた人の手柄ではなく、以前、どこかで 聞いた言葉である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/26 09:56
日本社会の露骨な差別と陰にこもる差別の二面性
日本社会の露骨な差別と陰にこもる差別の二面性  冷戦終結後、日本の右翼は反共というより最も生の形での民族差別、特に 近隣の民族への差別、排外主義に落ちいているのは周知の事実。フィリッピン の不法滞在母子に最近のネトウヨ的右翼が押しかけて「日本から出て行け」と 攻撃を加えたなどの事例では、従来の右翼が「民族差別であんまりひどい」と 顔をしかめたという話もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/25 12:22
長尾靖「浅沼稲次郎」刺殺を捉えた歴史的ショット、瓢箪から出た駒
長尾靖「浅沼稲次郎」刺殺を捉えた歴史的ショット、瓢箪から出た駒  昭和35年、1960年10月12日、三党党首演説会が日比谷公会堂で行われた。 ここで日本、さらに世界をも震撼させた右翼青年、山口二矢による浅沼稲次郎 社会党委員長の刺殺、暗殺事件が発生した。この歴史的瞬間をカメラで捉え得 たのは当時、毎日新聞の長尾靖カメラマン一人であった。他のカメラマンの多く が大日本愛国党による浅沼委員長の演説妨害のやじに気を取られていた。そ の中にいなかった長尾靖カメラマンは12枚あったフィルムでその時1枚だけ残っ ていた。その最後の1枚が暗殺の歴史的瞬間を見... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 22:17
高齢者は賃貸を借りられない、という深刻すぎる問題
高齢者は賃貸を借りられない、という深刻すぎる問題   いくら評論家が「住宅ローンなどはリクスだから賃貸でいい」と高説を垂れようとも この日本では高齢期になっての住宅確保を考えれば、いかに狭くみすぼらしくていい から必ず持ち家を確保しておくべきである。だがへ現実それは極めて困難なケースが 多いと言わざるを得ず、今後、ますます高齢者の住居の問題は社会問題化する、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/23 18:36
「本陣殺人事件」最大の難点は「本陣殺人事件」の存在そのもの
「本陣殺人事件」最大の難点は「本陣殺人事件」の存在そのもの  いうまでもなく戦時下での言論統制でミステリー推理小説もご法度に近く、推理 小説作家たちはもはや発表の機会はなかった。だがその雌伏の中において、横溝 正史は昭和20年、東京大空襲の後吉備郡k^岡田村字桜に一家で疎開した。その 家は長く空き家だったため住める状態にするための清掃、修繕が行われ、一ヶ月 近く総社の知人宅に居候していた。だが終戦末期から戦後しばらく、この岡田村に 住み、食料の心配もなく暮らせたことは、横溝正史、さらに一家にとって何より幸福 であり、正史も執筆に専念できる恵ま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/22 11:09
ハンセン病文学の先駆者としての北条民雄
ハンセン病文学の先駆者としての北条民雄  ハンセン病文学とは現代に言い方であり、かっては癩文学と称されていた。 この癩病の癩とは誠に忌まわしいものであり、社会的偏見、差別、汚物以下 という意味合いの集約でさえあった。そこでもはや癩文学とは差別の象徴と いうべき表現であり、もう使用は許されないと思うが、紛れもない歴史的事実 として否定しきれないのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/21 11:16
「無言館」戦没した美術系学生の遺作が語りかけるもの
「無言館」戦没した美術系学生の遺作が語りかけるもの  上田市にある戦没、あるいは戦争に関連して没した美術系学生の遺作 の展示、保管を行っている、なんともユニークで訴えかけるものの深い美 術館である。ドアも人一人、やっと入れるもの、中に入るとその照明は暗く、 荘厳にその展示作品が浮かび上がる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/20 11:23
ウィンカーと甲子園、・・・岡山人のしまらない県民性
ウィンカーと甲子園、・・・岡山人のしまらない県民性  関西方面から来るまで岡山に来た人が一様に云うには「とにかく岡山県の ドライバーの運転はおそすぎてイライラする」という不満、苦情である。もち ろん岡山県のドライバーが皆、スロー運転でもないが、確かにスロー過ぎる は結構多い。あまり他県で、というか関西などで車を乗った経験はないが、 極端な差はないと思う。思うが、確かにそう言われたらそうかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 19:03
江戸川乱歩に推理小説作家として生きることを決意させた小酒井不木
江戸川乱歩に推理小説作家として生きることを決意させた小酒井不木  いうまでもなく江戸川乱歩は偉大なる日本の推理小説作家である。その最高傑作 は何かと考えたら私は文句なしに「人間椅子」であると思う。博文館に戦前勤務して いた横溝正史は「パノラマ島奇談」だともいうが、これはあまりにごちゃごちゃしすぎ て、頂けない。次は「押し絵と旅する男」だろうか。見事だと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 06:46
人生は自分探しの旅、彷徨、・・・立身出世と無縁なアウトサイダー
人生は自分探しの旅、彷徨、・・・立身出世と無縁なアウトサイダー  しょせん誰にとっても人生とは、自分探しの当て所もない彷徨、旅である。高齢 期に達しようというとき、人は何を考えるだろうか。別段、難しく考える必要もない。 人生の価値、一般人は考えるのが「人生において何らかの成功」を勝ち得たか、と いうことである。「成功」が何を意味するかは議論はあるにせよ、狭義、広義の立身 出世であることが多い。だがこの世の立身出世の定義はお偉いさんである、狭義 でも広義でも、お偉いさん、大学教授とか大企業の重役、高級官僚、・・・・・医学部 にいって病院長、・・・・... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/18 11:33
日本の右翼になぜ在日が多いのか、その奥深い理由
日本の右翼になぜ在日が多いのか、その奥深い理由  まず現在、日本の右翼が大きく変質し、かって戦前から戦後、日本右翼がアジア との連帯、白人植民地主義への抵抗という理念、冷戦構造下では反共思想から 韓国と極めて右翼は友好的であった、とはいえる。最も李承晩ラインや竹島の問題 があっても、である。戦前の日本はアジア主義を国も右翼も掲げながら実際はアジ アを踏みにじって戦乱の地獄としてしまった。戦後は国はアジアを蔑視し、ひたすら 白人に擦り寄った。だが近年の日本の右翼はこの戦後の日本という国家の歩んだ 悪しき道を踏襲し、アジア蔑視、アジア... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/17 18:59
日本人はかって白人だった、黄色人種扱いは最近?
日本人はかって白人だった、黄色人種扱いは最近?  といってこれはアパルトヘイト時代の南アで日本人が「名誉白人」として扱われ ていた、というようなこととは全く別の話である。日本人はかって欧米では白人とし て扱われていた、・・・・・ことは単純じゃないけど、・・・・・実際、現実は日本人は 黄色、イエローとして徹頭徹尾、欧米で扱われる。ある日本人女性、比較的若い が地位もある女性が、ロンドンに在住しているとき、わりと高級なデパート、セル フリッジ、というデパートの化粧品売り場で、ファンデーションを探していた。そうし たら若い女性店員(白人... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 10:12
北朝鮮ミサイルで「空気がなくなる日」?
北朝鮮ミサイルで「空気がなくなる日」?  北朝鮮が弾道ミサイルを発射実験を行った。別にミサイル、というかロケット開発 だから核兵器は搭載していない。あくまで抑止力のための核兵器開発の一貫であり、 抑止力になり得るほどに完成するまでは実験をやめることはないだろう。発射すると したら現実的には太平洋に向けてしかないから、日本「上空」は飛ぶであろう。ただそ れとて人工衛星と同じようなものだ。宇宙空間だから〜上空とは適切ともいいがたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 01:03
Facebookで心を病む人々、心の隙間はSNSで埋められますか?
Facebookで心を病む人々、心の隙間はSNSで埋められますか?  実を言えばFacebookで心を病んだ私である。SNS、ネットでの多人数に因る相互 交流の場は多いが、およそFacebookほど恐るべき多様な機能を備えたものは他に 到底見られない。病みつきになるが、それによって心が病むのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/14 10:47
「佐竹本三十六歌仙」絵巻、高価すぎて切り売りされたその後
「佐竹本三十六歌仙」絵巻、高価すぎて切り売りされたその後  これについては単行本も出ている。それに詳しいが概略を述べる。まとめる と、・・・・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/13 22:48
北朝鮮の核兵器は恐れることはない
北朝鮮の核兵器は恐れることはない  最近、妙に話題になっている小出裕章氏の「北朝鮮は核兵器など製造できるはず はない」というお考え自体は、随分と前から主張されていることである。それをごく、 本の最近、ネットで話題になっているが、実ははるか前から小出裕章氏が言ってい るこ都で北朝鮮の原子炉、原発は日本の100分の1以下、ウラ濃縮、使用済み燃 料の再処理など至難で出来るはずがない、ICBMも、・・・・アメリカのネオコンでも絡 んでいると考えないと無理だ、・・・。もちろん超専門家だけに一理はある、あるがあ の爆発を全て火薬... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/13 10:45
離婚、やってはいけない、信用失墜・・・他人の不幸は蜜の味?
 といって離婚をする夫婦は極めて多い、半ば、当たり前に思えるがこれほど 多方面で大きな悪影響を与えるものもない。離婚するくらいなら結婚しなけれ ばいい、と思います。もちろん長く連れ添っていたら他人も巻き込んでトラブル など、その原因には事欠かない。だが安易でも慎重でも基本的にに離婚は 避けるよう最大限の努力を払うべきである。いくら三組に一組が離婚といって も、決して当然視してはいけない。その損失はお世辞にも小さくない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/12 19:29
「湖泥」(横溝正史)ルーツの柳井原の人造湖が舞台
「湖泥」(横溝正史)ルーツの柳井原の人造湖が舞台   柳井原(やないばら)貯水池とは現在の倉敷市船穂町にある人造湖である。 説明によれば1907年、明治40年、流れがふた手に分かれていた高梁川の治水 のため改修工事が初められ、その後できた人造湖である。横溝正史の横溝家 のルーツは船穂町の柳井原地区である。これは疎開先だった現倉敷市真備町 の岡田地区に比較的近いといえる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/11 18:58
アジア主義の右翼が嫌韓・嫌中の排外主義になぜ転落
  冷戦構造終結以降、即ち日本国内では単純に社会主義、共産主義陣営は 敗北した、それは社会主義、共産主義が間違っていたからだ、という思い込み が定説化して以降、日本の右翼運動は大きく変わった。右派系市民グループ 的な右翼団体が活発化し、極端な例は赤報隊の朝日新聞襲撃があげられる 。この流れを現在の右翼運動は受け継いでいる。皇室擁護、反共という冷戦 構造における支柱、皇室擁護はそのままでも反共の形骸化が在日韓国人、 朝鮮人への批判、歴史認識や領土問題で韓国、中国を激しく攻撃するという ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/11 00:01
1972年(昭和47年)のビル火災、千日デパート火災の悲劇
1972年(昭和47年)のビル火災、千日デパート火災の悲劇   私に岡山県総社市の生まれの従姉妹がいるが、彼女が高島屋に就職して 、あの難波の高島屋で働いているとき、もう時刻は遅かったにしても、そのまさ しく千日デパートで行き場を失って七階から落下、転落する多くの人を見たとい う。ただ消防法のずさんな時代、防火消化対策も実質意味をなしていなかった。 その翌年、熊本の大洋デパートでも火災が発生、ここでも100名を超える死者を 出す大惨事、千日デパートの教訓は全く生かされず、この後、この二大ビル火災 を教訓として消防法などの法令が改正され、日本の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/10 08:24
マニュアル派の人生最後の車
マニュアル派の人生最後の車  人生最後の車、というテーマで考える年齢になった、といってまだ高齢者入り も果たしていない。だが人生最後の車を考える際には多くの要素が絡んでいる。 健康状態で長生きできそうかどうか、また余裕で恵まれた経済状態かどうか、 大資産家とか大企業の重役でもやって高額の年金を受取り、資産、預金も十 分であるかどうか、逆のケースもまた多い、貧困的な高齢期が予想されるよう な場合、また高級車趣味が有るかどうか、いくら金持ちでもベンツなどには何 の魅力も感じない人は多いし、貧乏人でもベンツが欲しくて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/09 15:29
 「手紙」、「行人」と天下茶屋、浜寺公園と夏目漱石のクロスオーバー
 「手紙」、「行人」と天下茶屋、浜寺公園と夏目漱石のクロスオーバー  「行人」という夏目漱石の作品であるが、実はこれを中学三年の時、旺文社 文庫版で通読した。何か雨の中を走る「一郎」のキ印な風体、懊悩に満ちた 姿は中学生でも深刻なものと受けとめられた。・・・・それから60年近くが経過 、改めて読み返してみようと思い立ったのであるが。・・・今、漱石作の「手紙」 を読むと、そこに長谷川如是を大阪の天下茶屋に訪問したということ、二つの 作品と天下茶屋(長谷川如是閑)の三つが微妙にクロスオーバーしているとい う文学史上の興味である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/09 00:09
山尾志桜里さん、、あまりにあっけない政界引退劇
山尾志桜里さん、、あまりにあっけない政界引退劇  どう考えても女性政治家、与野党を問わず期待度ナンバーワンであったはず の民進党の山尾志桜里さんが不倫発覚で、議員辞職、政界引退の瀬戸際で ある。発火点の文春は「まだ何個も山尾志桜里のネタは掴んでいる、政界引 退は避けられない」と着ているから、もはや絶体絶命である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/08 10:32
石油禁輸は北朝鮮の暴発を招く、鍵握るスイスの仲介
石油禁輸は北朝鮮の暴発を招く、鍵握るスイスの仲介  しきりに北朝鮮に石油禁輸を呼びかける日本などだが、結論を言えば現実 に石油禁輸は実行されない。中国、ロシアがそれは拒否するからである。端的 にえいば石油がなければ全てが成り立たない、だから石油禁輸は国家の根底 を揺さぶり、破壊する。だがこれは最終手段でさらに必ず暴発を招く。日本がア メリカからの対日石油禁輸措置を実質最後通告とみなし,真珠湾奇襲攻撃で 対米戦争に打てt出て南方に石油資源を求める戦いを始めたことを見ても分か る。いくら異次元圧力、といってみても、しれで北朝鮮が「はい、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/07 10:03
現実無視、伝統無視の「大麻取締法」と警察の取締、さらに「共謀罪」
現実無視、伝統無視の「大麻取締法」と警察の取締、さらに「共謀罪」  もちろん大麻といって、ことあらたに「大麻」という品種があるわけではない。 単に「繊維や種子や『園芸』以外を目的とした。枝や果実の付い枝端」という 、極めて便宜的な意味内容でしかない。麻は古来、古くから人類に多くの面で 利用された際めて伝統ある植物である。当然日本国内でも、神宮大麻、生活素 材、など数多くの用途を持必需品とも言える植物であった。それが戦後の、いわば 占領下の偏見にもとづく「大麻取締法」が制定され、この中にある「許容条項」さえ 無視されて、なんともヒステリックな警察の取... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/06 19:18
ジョイ・コガワのカナダにおける日本人差別・排日との戦い
ジョイ・コガワのカナダにおける日本人差別・排日との戦い  ジョイ・コガワ、ジョイ・ノゾミ・コガワはカナダに生まれた日系二世である。1935年6月 6日生まれ。カナダは北米大陸としてアメリカと全く変わらぬ排日。日本人差別が吹き 荒れていた。そのジョイ・コガワが1998年雑誌「新潮」に投稿したエッセイ「二世として 語ると」の冒頭、いかのように書き出している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/06 11:09
地質標本館《つくば市》とは何か?
地質標本館《つくば市》とは何か?  「地質標本館」を検索すると旅行会社の紹介が多い。で実際、どのような施設 かといえば、筑波研究学園都市にある「経済産業省工業技術院地質研究所」 という研究機関の附属施設である。いかにもお役所の施設みたいで、何か、四 角四面な面白みのない施設と思いがちだが、なかなかどうして、まさにミュージ アムというにふさわしいミュージアムの醍醐味を味わえる稀有な施設なのである 。未知の世界を詰め込んだボックスが多数あり、次々にそれが開いてくれて新た な知識を得るという楽しみが味わえるのである。それと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/05 20:55
藤本憲幸氏は短命だったのか?
藤本憲幸氏は短命だったのか?  藤本憲幸氏は結果として多くの肩書を持ったが本質的にはヨガ修行者である。 ただそれがあまりに多方面に及んでヨガの中の修行であるクリヤヨガ=断食は いいとして記憶術、赤面対人恐怖症治療、気転の効いた会話のやり方、など、 ヨガに発するとしてもその恩恵はあまりに広範囲というわけで、やや逸脱ではな いかとの批判があるのは事実だ。あまりリにビジネスに傾斜しすぎたともいえる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/05 11:17
若者はなぜバイクを捨てたのか?社会から消えたバイク熱
若者はなぜバイクを捨てたのか?社会から消えたバイク熱   私が大学、特に神戸大学に通っていたころ、その時代の前後は若者の 最大の関心事、・・・・もちろん基本は男性でも女性でさえも、・・・・それは、バ イク、二輪であった。四輪はもちろん存在していたにせよ、とにかく大学生の 多くは二輪のバイクに憧れた。もちろんバイクはいつの時代も結構、高価で ある。1970年代後半で、250cc、400ccは概ね40万円前後であった。さらに 高級な作りのバイクはもっと高価であった。ちょっとバイトで買える、とはいえ ない代物であった。人気のバイクに乗っている... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/05 00:35
ネオナチ化が止まらない日本社会のなぜ?「そよ風」と小池百合子
ネオナチ化が止まらない日本社会のなぜ?「そよ風」と小池百合子  確かに日本が右傾化、保守化、戦前回帰化とさまざまな表現でこの社会の風潮を 指摘はされるが私は最も適切は表現は「日本社会のネオナチ化」であると考える。 戦前とは近代ファシズムであるから、戦前回帰は紛れもなくファシズム化につながる ものである。だがそれにしても今の日本社会を見るとドイツはもとより先進諸国では 絶対的に否定されるネオナチのコア思想に基づく社会風潮が日本はあまりに著しい と云わざるを得ない。過去の牧歌的、なものは一切目指してはいない。ただただ異 民族に対する加害の否定、近隣... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/04 00:17
わが織田作幻想(藤本義一)
わが織田作幻想(藤本義一)  織田作之助は織田作と親しみを込めて愛称された。その織田作之助に対し、 同じく大阪出身の藤本義一が雑誌「噂」に発表した「わが織田作幻想」藤本の 織田作についての単行本でも収録されていない文章。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/03 20:41
宝くじドリーム会館、・・・夢の楽園か愚者の楽園か?
宝くじドリーム会館、・・・夢の楽園か愚者の楽園か?   どこかで読んだことがあるが、宝くじの券を縦に積み上げルト富士山の数倍に 鳴るが高額当選者はその中で数センチもない、とか。だが宝くじを買わせる国と 国に加勢する「識者」?はもう跡を絶たない。年に「高額当選者は4000人を超える 」まさに心理のトリックである、「でも当たる人もいるじゃないか」、当たり前だ、あれ だけ多数の人がせっせと買えば。いつか、池袋の何という場所だったか、別に 池袋でなくてもいい、どこでも宝くじを売り場を見ていたら次々と宝くじを買い求める 人が訪れる、身なりや風采... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 22:18
アルプスの少女ハイジはショートヘアかロングヘアか
アルプスの少女ハイジはショートヘアかロングヘアか  こんなことを論じる人は聞いたことはないが、まあ、論じるわけでなく、ちょっと 考えてみたいだけである。それというのは幼いころのことだが、私のような家庭 でも講談社の「少年少女世界文学全集」を買ってくれていいた。これは不思議な ことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 11:50
カビリアの夜、ー人生の絶望の淵で、微笑を浮かべられる娼婦
カビリアの夜、ー人生の絶望の淵で、微笑を浮かべられる娼婦   人生のすべてに裏切られ、さらに愛する人に裏切られ、もはや絶望の淵にさまよう 時、人は笑みを浮かべられるであろうか、・・・・・・・?これがフェリーニ監督の前半期 の掉尾を飾る名作「カビリアの夜」の提示するテーマ、ではないだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/01 10:31

<<  2017年9月のブログ記事  >> 

トップへ

つぶやき館 2017年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる