つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型シビック(グローバル・シビック)遂にリリース、アクセラを圧倒か?

<<   作成日時 : 2017/09/29 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 グローバルシビックが明日、2017年9月29日発売される、日本国内ではイギリス
で製造のハッチバック、日本で製造のセダン、イギリスで製造のTypeRの三車種
である。2ドアクーペはアメリカで発売されているが、国内では当分は予定はない
うだ。TypeRは話題だが全幅は救急車並の1875mm、価格も450万円、特別高い
わけではないにせよ、スバルのWRX STiが400万円を多少超える程度なので、
トータルでどうか?という感じ、パワー自体は突出していない。

 やはり圧倒的にメインはハッチバックとセダンである。グレード種別はミッション
の違いくらい、ハッチバックは6MTとCVTとマニュアルもあるのが魅力。また先進
にかけた「sensing」ン装備か非装備で多少価格は変わるが基本的に280万円、
セダンはCVTのみで残念なところである。セダンはsensing装備で265万円、非装
備で258万円と設定、・・・・・

 明日から発売と行ってオーダーを出して現実には何ヶ月も納車にはかかる。ま
たネットではずっと前から見積もりが可能だった。

  
画像


  
画像

 これからわかるのはハッチバックにマニュアルが設定されていること。ハッチバッ
クよりセダンが割安なことである。ただしマニュアルの設定がない。パワーユニット
は1.5LVTEC ターボで182馬力前後。

 ★では新型シビックはどこまで売れる?

 これはかなり期待できると思われる。

 といって販売台数トップクラス車種程は売れないだろうが、ライバルは同じCセグ
メント、全幅1800mmレベルのアクセラとインプレサである。

 アクセラ、インプレッサは一気に抜くと思われる。ただトヨタの販売力で凡庸な
がらオーリスはそこそこの台数をさばいている。これも抜くとは思えるが。

 アクセラの欠点はパワーユニットである。このボディにいかにも無理の効かない
1.5LのNA、さらに1.5Lと2.2Lのシーケンシャルターボのディーゼルターボ(クリーン
ディーゼル)、選択肢的に魅力にかけるかもしれない。ディーゼル嫌いの人は多い
。2Lガソリンが消えたのは痛い。

 スバルインプレッサ新型はほとんど見ない。CVTのみ、かってWRX STiのベース
車というスポーティーさが売り物だったインプレッサは性格が激変された。メディア
が絶賛するほど受けてはいない。

 ただ1.5Lターボ、180馬力としてもその価格は安いとはいい難い、高すぎることも
ないが。やはり1.5Lガソリンならターボは欲しいところ。もちろん実用上は1.5LのNA
で別に不満はないにせよ、やはりここぞのパワーがない。その魅力がない。ディー
ゼルターボはマツダの場合非常に高価である。

 端的に言えば酷なCセグメント市場は席巻できる新型シビックである。販売台数
自体はアクセラ以上は間違いない・

 ただCセグメントのこの種の車が日本でどれだけ販売台数を稼げるか、である。
基本的にはアクセラ、インプレッサ、あのトヨタの弱いがオーリス(ただし販売力で
販売台数は多い方)辺りと当然バッティングする。魅力は1.5L VTEC ターボであ
る。アクセラの1.5Lのノンターボは13.0という異様な高圧縮比、キャビティをピストン
上面につけてある。けど圧縮比でパワーは稼げない。111psと182psの商品上の
魅力の差は大きい。インプレッサは、・・・・MTもなくスポーツ志向ではない。

 かってのコンパクトハッチバックのシビックと異なるグローバルなCセグメントで
ある。日本国内で爆発的販売はないだろうがホンダの業績向上には確実に資す
るだろう。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新型シビック(グローバル・シビック)遂にリリース、アクセラを圧倒か? つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる