つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 長尾靖「浅沼稲次郎」刺殺を捉えた歴史的ショット、瓢箪から出た駒

<<   作成日時 : 2017/09/24 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昭和35年、1960年10月12日、三党党首演説会が日比谷公会堂で行われた。
ここで日本、さらに世界をも震撼させた右翼青年、山口二矢による浅沼稲次郎
社会党委員長の刺殺、暗殺事件が発生した。この歴史的瞬間をカメラで捉え得
たのは当時、毎日新聞の長尾靖カメラマン一人であった。他のカメラマンの多く
が大日本愛国党による浅沼委員長の演説妨害のやじに気を取られていた。そ
の中にいなかった長尾靖カメラマンは12枚あったフィルムでその時1枚だけ残っ
ていた。その最後の1枚が暗殺の歴史的瞬間を見事に捉えた。UPIを通じて世界
に配信され、日本人初のピュリッツァー賞に輝いたのは周知の通りである。

 ここで山口二矢とはいかなる右翼青年であったか、事細かに今さら論じる必要
もないが、そこに向かわせたものは家庭環境であり、さらに山口二矢の一匹狼
的性格である。玉川学園高等部中退であったが、在学当時から同級生からは「
右翼野郎」と警戒され、罵られてもいた。防衛庁職員の父親、大日本愛国党所属
の兄という環境は山口二矢を皇国史観的右翼に向かわせた。大日本愛国党に
入りながらその一匹狼的性格はテロを行うことのない愛国党への不満を募らせる
結果となり、脱党し、自ら右翼団体を作った。

 1960年10月12日に戻ると、・・・・・

 恰も褐色の塊のような人間が一人、日比谷公会堂ステージで演説する社会党
委員長、浅沼稲次郎に猛烈な勢いで突進した。浅沼委員長、当時61歳、人間機
関車と呼ばれていた。その日、浅沼はやや疲れたかのように、普段の演説に比
べ、力強さにかけてある部分は棒読み的となっていた。

 褐色の人影は脇差しを構えて浅沼委員長に猛烈に体当たり.その直前、浅沼
委員長はその姿に気づき、手で制止するような素振りを見せた。浅沼委員長は
激痛に顔を歪め、左腹を抑えた。浅沼委員長と山口二矢の体は演壇から左に移
動していた。刃渡り36センチの脇差しを構えなおして再び刺そうとした山口二矢、
そこに長尾靖のフラッシュの閃光が走った。当時30歳の長尾だった。

 まさ白色テロ、暗殺の瞬間を捉えた世界的稀有な写真であった。なおNHKがテ
レビ中継しており、その録画から暗殺の瞬間をカットした写真は存在する。

 長尾の話

 「私が立っていた位置では演壇が邪魔で刺された瞬間は見えなかった。しかし
次の一瞬、二人がもつれ合う姿が視野に入り、最後の1枚のフィルムのシャッター
をきったんです」

   
画像


   この瞬間の直後の写真は、脇差しを抱えて更に再度の攻撃のため構える
山口二矢、学生服に外套姿、眼鏡が吹き飛んで鼻まで下がり、両手で体を防御
しながら何か不自然な姿で立つ浅沼委員長を写しだしていた。

 日米安保改定をめぐる大混乱、大反対運動もあったが結果は政府自民党の
目論見通りであり、政治の季節も終わっていた。騒然たる世相も虚脱感に変わっ
ていた。国民の審判を仰ぐ衆議院総選挙も近くなっていた。そこで行われた三党
党首による立会演説会であった。

 この当時、反安保の一大国民運動に対抗して岸信介が右翼を使う手法が導入
され、右翼運動も先鋭化し、活発化していた。午後2時45分、日比谷公会堂の約
2500の席はほぼ満席。民主社会党委員長の西尾末広氏の演説が終わり、二番
目の浅沼委員長の登壇、演説となっていた。やや精彩を欠いたと評されるこの日
の浅沼の演説、会場に陣取った愛国党の一団が浅沼委員長の演説に激しく野次
を飛ばし、NHKのアナウンサーが出て制止する一幕もあった。浅沼委員長の演説
は10分を過ぎようとしていて、「時間制限」を理由に終えるよう催促もされていた。
カーキ色の作業服の青年が壇上に上がり、ビラを撒き、また二階席からもビラが
撒かれた。騒然たる雰囲気だった、「何かが起こる?」フと不安を感じていた人さえ
いた。三番手のイケダハヤト首相も壇上に上がり、控えの席についていた。

 中継録画からフィルムカットされた暗殺の瞬間

 
画像


  山口二矢はすぐ池田首相のボディーガードに取り押さえられた。浅沼委員長は
直ちに搬送されたが、腹動脈切断ですでに死亡していた。即死状態であった。現場
の演壇日に血の跡はなくおびただしい失禁の跡があったという。

 反対運動潰しに右翼の暴力を導入した岸も集会、宴会で安法騒動の不手際を
理由に右翼に登山ナイフで太ももを刺される重傷を負った。

 その後、長尾カメラマンは毎日新聞を退社し、フリーとして生計を立てた。2009年
5月2日、静岡県南伊豆町の住居アパートを訪ねた知人が倒れていた長尾氏を発見
、死後数日と推定された。満78歳であった。生涯独身の天涯孤独の身であった。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
長尾靖「浅沼稲次郎」刺殺を捉えた歴史的ショット、瓢箪から出た駒 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる