つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏枯れの中、顔面アトピーは取り敢えず、プロトピックで治癒?

<<   作成日時 : 2017/07/22 14:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 毎日暑いですね、まあ、エアコンの部屋で快適に、でも日々、心が騒ぐ
ものである。何によって?つまらない話だけど些細なブロークンハート、
・・・失恋、・・・別にそんなものはないけど、Facebookをやっていると、
妙なヤキモチみたいな感情も湧いて(苦笑)、バカバカしいのだけど。
テーマも正直夏枯れかな、・・・・そうかもしれない。

 だけど悩み続けた顔面の赤み、それをアトピーというのか、・・・・・
どうやら脱出できるかもしれない。それは免疫抑制硬化をもったプロ
トピック軟膏、・・・・ステロイドのような皮膚萎縮作用や白内障の危険
もない。ただややヒリヒリする感じはある

 皮膚科に行ったらやっぱり処方したステロイド(クリーム状に調合した
もの)、それ以前に長くステロイド入り軟膏を使ってさっぱり効かなかった
ので、内心失望した。皮膚科の調合したステロイドなら多少は効きがい
いいかも、と僅かに期待はして使ったものの、サッパリ。逆に火に油を
注ぐ感じさえあった。全く有害無益なステロイド、

 非ステロイド姓軟膏は多少は効いたかも、でも基本的には治癒効果
なし、紫雲膏もやはり同じ程度、油でベトベトしてなんとも困ることが多
かった。基本的にさしたる効果はなし。

 そこで個人輸入したプロトピック、そのジネリック、プロトピック自体
は安くはない。購するならジェネリック、実際、ジェネリックがあるくらい
だから新薬といってそれほど新しくもないのである。ネットで見ると体
験者のコメントは得がたい唯一の薬という印象、でも皮膚科医は「副
作用」を説いている。

 結論を言えば顔面アトピーを治癒できる事実上、唯一の薬である。
もちろん内服の免疫抑制剤はあるにせよ、それこそ副作用が怖い。
しかも効くとなったら、あれほどどうしようもなかった顔の赤い発疹が
ほぼ消えてなくなる。プロトピックのありがたみは絶大である。ただ
塗った部分はヒリヒリする。普段はさほどじゃないけど、風呂に入ると
確かにひりひり感は著しい。でもアトピーが治るなら。

 疑問はステロイドをこれほど乱用してきた皮膚科医が、プロトピック
が出来たのに、顔面アトピーになぜ処方しようとせず、やっぱりステロ
いどを処方するのか?であるが、これでは皮膚科に行く意味はない
ことになる。

 プロトピックは皮膚の薄い部分でないと効かないから顔専用などと
いわれっるが、体の発疹に塗っても十分効果はあった。なかなか優れ
者だ。ただし調子に乗って長期使用の乱用はやはりいけないのだろう
けど。だが顔面アトピーにはもうプロトピック(ジェネリックも含めて)しか
ないといえるだろう。ただし治ったら迅速に使用は終了することである。

  
   
画像


 

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
夏枯れの中、顔面アトピーは取り敢えず、プロトピックで治癒? つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる