つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性宮家に徹底抗戦、徹底反対の日本会議の反フェミニズム

<<   作成日時 : 2017/05/18 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
眞子様の御結婚で皇籍離脱は既定事実、さらに皇族の数は減る。現在
18人が17人となる。秋篠宮の娘の女性皇族も結局、次々と結婚し、皇籍
を離脱されるだろう。今上天皇の孫の世代の皇族は結局、悠仁さま一人
になられる可能性がきわめて高い。皇室などなくていい、すくないほどいい
、と考えるかどうかは別としても、戦後の皇室典範は皇籍からの離脱
も規定している。女性皇族は民間人男性と結婚した場合、皇籍を離脱
しなければならない。といって広い華族制度も存在はせず、女性皇族は
実際、結婚は民間人以外には先ず考えられない。女性皇族(娘たる者
は)結局、皇籍を離脱する運命である。

 しかしなぜこのような、別に女性の皇族の問題、皇族ついても問題、女
系天皇のみならず、女性皇族の宮家設立にも絶対反対、政治家に働きか
けて徹底反対の徹底抗戦、これは選択性夫婦別姓制度への激しい反対
運動、従軍慰安婦問題の否定、男女共同参画社会への反対,改憲による
家族条項追加の要求、広い意味での女性の登用への抵抗、反対、例え
ば宇佐八幡宮の宮司への女性の就任への神社本庁の妨害、・・・とにかく
あらゆる場面でジェンダーフリー、女性解放への執拗な反対を繰り返す
、日本会議、その加盟団体、・・・・・・である。

 反フェミニズムこそは日本会議、その加盟団体のコア思想であり、常識、
良識からすれば当然のようなことにさえ、牙を剥いて激しい攻撃を加え、
改革に反対し、政治に働きかけてそれをことごとく潰している。

 日本会議の反フェミニズムが何に依拠しているか、明治以降の女性
差別的な思想を日本古来の伝統と頑なに信じ込んでいるかどうか、とも
かく「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」の合併で誕生した日本会議
は当初から反フェミニズムが運動の中心だった。それが日本伝統だ、とい
いたいのかもしれないが,皇嗣に問題でも江戸時代までは何も皇室典範
のようなガチガチの規定などどこにもなかった。融通無碍というべき状態
だった。全ては明治以降のことである。

 共謀罪ではあれほど国際協定を盾にとって成立を図る国も、夫婦の別姓
問題については度重なる国連女性差別撤廃委員会の勧告にも拘らず,、国
は日本会議の意向を踏まえて頑として上程しようとしない。

 さて皇室の問題についても、これは国家神道原理主義というべきか、徹
底した女性排除の思想で凝り固まっているのは見ての通りである。「女系
天皇への警戒心」という言葉でよくメディアに書かれる。「男系」こそが日本
の天皇の伝統だ、・・・・・・いわば狂信である。民間神道系宗教団体では逆
に女系で跡継ぎを決める場合が多い。大本教はその代表だろうか。でも多
い。女性の王を立てて初めて国が治まったという邪馬台国の記述に見られ
るように、日本は女性を王に立てるのが本来の姿と考えることは十分可能
である。天照大神の女性の太陽神思想。だが明治以降は暗鬱のガチガチ
の男系思想によって支配された、・・・・・・女性を太陽と見る日本の真の伝
統は失われた暗く沈んだものとなった。

  日本会議は2006年の政府の女系天皇容認論への反対、これを潰す
ため皇室典範改定反対運動を展開し、自民党には激しく働きかけた。さ
らに2012年、女性宮家の創設の政府方針に反対のため「皇室の伝統
を守る国民の会」を結成し、今に至るも執拗な反対運動を繰り広げてい
る。「伝統」は常に錦の御旗であり、正統性の絶対的根拠として、女性
の新たな登用的な改革には容赦なく牙を剥く。

 全ては男性支配、女性蔑視の思想で凝り固まった日本会議による何か
女性排撃の思想は女性宮家の創設にも当然ながら反対、単に反対でなく
これまた徹底反対はとどまるところを知らない。

日本会議は国家神道原理主義を基本的なよりどころとしているため、
その反フェミニズムはイスラム原理主義と極めて類似している。ただ、
異なる点は、反フェミニズム、女性解放に反対するバックラッシュを喧伝
する女性のみは優遇することである。

 秋篠宮の娘達を見てもわかる有能で極めて魅力に富んだ皇族は女性
にこそ多いものである。だが女性排撃思想はその女性皇族の宮家創設
に絶対反対であろう。なぜ?分かりやすいから?女性は皇族からドンドン
追い出すことが真の伝統?結果は極度の皇族の減少である。もう皇嗣の
範囲が極度に限られ、ついにはいなくなるジリ貧は目に見えているのに。

 男性皇族の結婚難は続くはずだ。女性宮家の創設という差し迫った問題
が悠仁様の誕生で何か解決したかのような誤った錯覚を与えてしまった。
悠仁さまとて結婚相手が見つかるかどうか、際めて難しいだろう。

 現実には安倍晋三が日本会議の回し者でしかなく、自民党も日本会議
と限りなく一体化している以上は、女性宮家の創設はありえないと考える
べきである。

 偏狭で意固地な考えが日本を衰退させ、皇室も消滅させるであろう。そ
の歴史の始まりを今見ているのである。


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
女性宮家に徹底抗戦、徹底反対の日本会議の反フェミニズム つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる