つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 万年大学生の論理、・・・社畜でいるよりゃ大学生に逆戻り

<<   作成日時 : 2017/05/16 10:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 この世には万年大学生と思われるような人が古来から現代に
いたるまで結構存在している。その理由は様々だろう。べつに
「青い鳥症候群」などという小ぎれいな言葉で装飾しなくてもいい
。現実的に多いのはすでに大学を出ていて医師を目指して医学
部に再入学するけーす。ここでどうしても国立大医学部を目指す
となると難関でさらに何浪も繰り返すことも多い。

 だがすでに大学を出て医者になりたいといって私立医学部に入
るような奴は相当に道楽者だし、親への経済的負担も限りない。
「国立大医学部なら行ってもいい」でなく「私立大医学でもまた行
かせてやる」という親は相当な金持ちである。再受験で私立大医
学部行くような奴は信用出来ないと思う。だから薬大か何かを出て
入るのに医者になりたいと言って日本医科大に入るような奴は、
医科歯科の女性歯科医と婚約してもその助成が指導医とツーシ
ョットをInstagramで投稿して嫉妬で逆上して刃傷沙汰に及ぶので
あろう。

 久米正雄に「萬年大学生」という作品、短編がある。時代的には
関東大震災から二年後くらいか、もう久米正雄は作家として名を成
していた。東大構内を歩いていると、・・・最近できたという寄宿舎が
あった。窓が開いている、そこから見えた、見えたのは同じ一高の
文科にいてドイツ語を落としてくめより一年卒業の遅れた五百木(
いほぎ)という男、一高を出て京都の法科に進んだ、・・・・・ことは
知っていたが、その後は知らなかった。全く老けないその時のまま
の顔で、・・・なぜ今、東大の寄宿舎に、・・・聞けば経済を勉強し直
そうと思って再入学、京大の法科は一年ほどでやめて田舎に帰って
いた、・・・・・。最後は五百気が「危険思想」研究会のメンバーとして
警察に摘発された、という治安維持法が制定された当時の風潮を
象徴するかのような内容だった。

画像


 これなどは社会に入り込んで勤め人などにはなれないため、受け
いれてもくれず、また性にも合わないので大学にまた舞い戻るとい
うタイプである。@とAの要素が併合した場合である。

 @社会、とくに企業や官庁に受け入れてもらいえない

 A自分自身も社畜担って会社の利益のために働くことや、職場に
束縛される生活などj金輪際イヤ、

 私はこの世で何がイヤといって民間企業のサラリーマンで働くこと
ほどイヤなものはない、と、・・・少なくとも私にとっては、・・・・思えて
ならない。企業の利益の道具として使い捨てのようにこき使われる
、最低な生き方みたいだが、現実の日本は大半の人がこれで生きて
いるわけである。要するに我慢しているのである。生きるためである。
社畜にならないと生きていけないという現実は悲惨だ。

 サラリーマンになるならやはり公務員に限る。公務員になれないな
ラサラリーマンは最初からやめるべき、少なくとも要領が悪ク、小賢し
く振る舞えない人間は、・・・といって公務員は民間よりは遥かに楽で
も職場に馴染めない、公務員独特の嫌な部分にふれて、これもやめ
る人は少なくない。

 私の場合は悪条件の塊、病気、家庭、言葉の障害、要領の悪さ、
病気で遅れていること、職場などにはそもそも馴染めない孤独な
性格、・・・そもそも正規社員として、どんな零細企業でも、・・・一つも
なかったのである。非正規なら可能であるが。それだっていつまでも
耐えられるもんじゃない。
 

 どんな零細企業でも厚生年金がつき、多少でもボーナスをくれる
ような職場、・・・から受け入れてもらったことはない。だから私は生涯
、ボーナスを貰ったという経験がない。どんな零細企業からでも正規
雇用は拒否されようと、・・・・・勉強さえすれば東大の正規の学生や
また国立大医学部の正規の学生にはなれる。頭は良くないが。お金
はバイトでもなんでもすればいい。れっきとした一流大学生の身分は
年齢にかかわらず不朽の価値!をもつ。

 これが私の場合の「万年大学生)の論理である。

 ただ私に限った話ではない、誰しも社畜など耐えられるものでもない
。だったら大学へ戻りたい、それなら医学部か、・・・無理なら歯学部、
そういうことになる。我が広島大歯学部もそういう人間がかなり集ま
っていた。何か吹き溜まり的な雰囲気があった。

 大学自体、まして医歯系は愉快な場所じゃありえないが、資格を取
得したら、という夢だけは持てる。歯科では幻想にせよ。

 「万年大学生」とは根源的に、この社会に生きるとは何か、という
問題を提起している、ともいえる。社会に受け入れられにくい人間は
間違いなく存在する。生きることは限りなく難しい。その場合の生きる
ためのヒントが万年大学生だろう。

 社畜でいるよりゃ、大学に戻ろう!

 人生お金ばかりじゃない(お金はなんとでもなる)

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
万年大学生の論理、・・・社畜でいるよりゃ大学生に逆戻り つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる