つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争加害、悲劇否定は愛国主義の方法論となり得ない

<<   作成日時 : 2017/05/10 10:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 戦争は限りない惨劇、悲劇を生む。否定されるべきは戦争に際して生み
出される非人道的行為、残虐行為である。これは当事国全てについてで
ある。日本が最も戦争を行った時代、これは外国との戦争だが、明治以降
から終戦までである。。日中戦争から対米戦争に広がり、まさに根こそぎ動
員となった。・・・・・・その過程で数多くの戦争に関連する非人道的な行為、
残虐行為が横行した。特定の事象、事件とばかりはいえないが、日本軍関
連では南京大虐殺、従軍慰安婦、沖縄住民の集団自決、国内労働力の不
足を補うための強制連行がある。

 ★戦争加害、非人道行為の否定を行うことによる国家主義、右翼運動の
方法論を考えてみる。

 ここでアンネ・フランクのことを考えてみよう。日本の右翼は天皇陛下万歳
などという独特な特異なお題目を持つようだが、本質的にナチスのファシズ
ムトの親和性が極めて高い。これは「南京大虐殺はなかった」、「強制連行
はなかった」という右翼敵愛国主義のアピールの方法論が場所を変えての
「ガス室はなかった」、「ホロコーストなどなかった」と主張する日本の右翼が
いることを見ても分かるし、閣僚が日本のネオナチと満面の笑みで並んで記
念写真を撮っているのを見ても分かる。

 戦後、アンネ・フランクの「アンネの日記」が世に出てそれが演劇化される
こともあった。オーストリーのリンツで1958年10月で「アンネの日記」の演劇
が公演された時、劇場の二階席にいたネオナチの高校生たちが大声を出し
て暴れまわり、「この劇はインチキだ、アンネ・フランクなんていなかった。す
べて一から十まで作り話だ。ユダヤ人が賠償金をつり上げるためのでっち
上げだ」とわめき散らした。

 ホロコーストを奇蹟的に生き延びたナチハンターのサイモン・ヴィーゼン
タールはこれに激怒し、事実であることを証明するため遂にアンネ一家を
逮捕したゲシュタポを特定した。オーストリーのジルバーバウアーである。

  アンネ一家を逮捕に向かったカール・ジルバーバウアー

  Karl Josef Silberbauer

画像


  

 


 結局、アパホテルの経営者もDHCの社長も「アンネ・フランクなんかいな
買った、すべて作り話だ」とわめいたネオナチの高校生と同じレベルである
し、戦争加害・悲劇を否定することを愛国主義の最重要な方法論、手段とし
ている日本の右翼団体、日本会議などの民間ファッショ団体もおなじといえ
る。

 あれだけ数多くの証言、写真もある南京大虐殺ですら、「でっちあげだ」
という本が出たり、またそれに関連した軍人の訴訟で現防衛大臣が主任
弁護士となったりするお国柄である。沖縄集団自決についても軍人の訴訟
のその政治家は、稲田朋美は主任弁護士となっている。

  戦争加害の否定、さらにその悲劇の否定はネオナチのみならず日本の
右翼の重要なカウンター的なアピール手段として基本に据えられている。

 だがドイツと日本の明確すぎる違いは公的にネオナチは完全否定されて
いるドイツに対し、日本では政治権力自体が日本流ファシズムという疑似
ネオナチ勢力そのものという違いである。

 さらに日本独自の戦争加害否定、悲劇の否定の「論拠」が存在する。

 神社本庁に代表される戦前の近代ファシズムとしての国家神道原理主義
の継承者、その基本的思考が共通の右翼勢力にとって何よりも現人神で
ある天皇の軍隊「皇軍」の戦争行為、それに付随する諸行為が「聖戦」とし
て絶対的に正当化されるということ、他の国からの批判にも一切耳をかさな
い、実際のs年層の悲劇は無視に徹する「自己正当化」論である。

 現在の日本会議もその「自己正当化物語」をそっくりそのまま受け継いで
入ることは言うまでもない。何かといえば「東京裁判史観」からの脱却、戦後
レジームの脱却、現行憲法否定を声高に叫ぶのも自然の成り行きである。
それは現実の政治の有様にそのまま反映している。

 ★「強制連行」は「自主的な就職」、従軍慰安婦も「自主的な売春行為」
「強制」はでっち上げだ、「はだしのゲン」など大げさすぎる、日教組の回し
者だ、

 これもネオナチの高校生と同じ論理である。現実は峻烈で悲惨であった
のである。

 だが明白な事実、戦争の悲劇を否定するからこそ逆に政治的効果が
期待できる、という計算は常に保守団体に働いている。


 鈴木邦男氏のインタビュー記事

 雑誌・なぜこれほど日本会議の存在感が増しているのでしょうか?

 鈴木:左翼が衰退し、右翼団体も『正論』とか『WILL』という、極右のオ
ピニオン雑誌にや保守団体に乗り越えられてしまいました。

 今やそのへんのおじさん、おばさんが「草の根保守」と称して「従軍慰
安婦は朝日新聞の作ったウソです」と街頭で演説しているんですよ。社会
全体が右傾化していることもありますが、その風潮に日本会議は乗ること
が出来たんでしょう。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
戦争加害、悲劇否定は愛国主義の方法論となり得ない つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる