アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
2015年10月4日、近畿財務局記録(森友学園へ売却)出席者
2015年10月4日、近畿財務局記録(森友学園へ売却)出席者  森友学園の一件は通常なら内閣が吹き飛び、自民党は政権転落 の危機、という本来は事態である。だがファシズム不感症の蔓延する 現代の日本には、NHKは森友学園問題への野党質問の国会中継を 他の番組に変更してパス、安倍晋三は一昨日だったか、赤坂飯店で 新聞幹部に「森友学園について書くな」と圧力をかけるなど、戦前と戦 後、ドイツと日本、反米と親米の違いはあっても紛れもないファシズム がこの東アジアに出現という奇怪な自体は否定できそうにない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/28 10:26
戦前回帰という右翼の方法論に潜む「優生思想」の本音
戦前回帰という右翼の方法論に潜む「優生思想」の本音   眼前にいやというほど展開している日本会議、安倍政権などによる 右傾化劇場、そのやりかた、方法論はといえば実は恐ろしく単純でもあ る。よにいわれる「戦前回帰」、明治以降から敗戦、日本国憲法発布に 到るまでの日本への「回帰」である。それは往々にして「伝統」重視であ るという、「伝統」こそは戦前回帰の絶対的正当性のあかしであると言う のである。記紀を聖典とし、その内容、天照大神の子孫である天皇を現 人神とする大日本帝国憲法、教育勅語を明治政府創宗になる「国家神 道」の教典(その他に軍... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/27 19:11
GW,矢掛屋宿泊、もろくも崩壊
GW,矢掛屋宿泊、もろくも崩壊 最初のうちは、別に故郷に錦を飾るというほどでもないが、郷愁に 浸ってのGW、古民家改造の矢掛屋宿泊、・・・を短期間だが一日千 秋の思いで何か渇望するような気持ちであったの、あながち否定も できなかったのであるが徐々に心境の変化が忍び寄ってきた。夢で うつらうつら、地元で被った精神的外傷、トラウマかもしれない。どう も、素直に、という気になれそうにもない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 22:23
「ぼっけえ きょうてえ」(岩井志麻子)と津山事件、グロと好色と偏見
「ぼっけえ きょうてえ」(岩井志麻子)と津山事件、グロと好色と偏見 岩井志麻子という岡山県東部の生んだ作家は、さらに活動の舞台は 広がっているが、その類まれな個性とユニークさは岡山県人らしくないと いうべきか、逆に岡山県人らしいというべきか。まあ、作家としての才能 も一流だが、時代の先取りと言うべきか、好き者の本性があらわすぎる 気がする。ガラが悪い、下品といえば下品でもそれを徹底して自分を追い 詰めている姿は目を見晴らせるものがある。改めて経歴などを読むとなか なか凄まじくもある。好色一代女の風情、全然美人でなく、可愛くもない のでタイ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 01:04
日本会議の過小評価は危険、亡国。政治支配のモンスター化。
 安倍晋三記念小学校と一旦は命名された大阪の森友学園の豊中市 の小学校、まだ正式認可はないがその建物は小学校としては類を見な いほどの豪勢さだという。実質タダで、しかも割引名目の廃棄物運び出し は実際はやってもいない。ここまででたらめな国有地払い下げ、「売却」 は前代未聞である。まあ、瑞穂の國記念小学校を国策の国立小学校と 思えばいいのかもしれないが。・・・・・安倍晋三などの自民党保守派、日 本会議はあのような教育、戦前の明治以降の、大日本帝国憲法、教育 勅語発布以後の公教育、国家... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/24 22:21
一夕会、15年戦争に直結の陸軍軍閥暗闘の始まり
一夕会、15年戦争に直結の陸軍軍閥暗闘の始まり  なぜ満州事変に始まる15年戦争が勃発し、日本の焦土化、無条件降伏 に到る戦慄の軍部の暴走が始まったのか。その起点をどこに置くかはさまざ まな考えがあり得るにせよ、キーワードは陸軍軍閥の争い、その前提として の一夕会だ、と考えていいのではないか。満州事変から日中戦争にいたる 狂気は陸軍軍閥の暗闘を考えずして何も理解できない。台湾出兵が近代 天皇制国家、日本の最初の外征戦争となったがそれ以後、日清、日露と 戦争に明け暮れた「尚武」の気質の軍国主義日本はここに至って、最終的 に誰に責任... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/23 13:01
日本初の「処女を守る会」は昭和4年、女優の入江たか子
日本初の「処女を守る会」は昭和4年、女優の入江たか子      女性芸能人に対して往々にして「処女を守る会」なる「組織」が作ら れることがある。最近では日常茶飯事だが、私の記憶にあるのは、もう 何年前か、「甲斐智枝美の処女を守る会」なんて確かにあった。あったと いって実態があるとは言えないのだが。そこで、日本で最初の「処女を守 る会」を奉られたのがいかなる女性芸能人かと調べれば、それは日本映 画史上、絶世の美女でなおさらに家柄の高貴さ、お公家出身という意味で 久我美子と双璧、現実に皇后の女官に取り立てられる寸前であったあの 入江たか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/22 19:23
日本が「神の国」であれば、なぜそれがファシズムを要求するのか?
 現在、豊中市に建設中の国立!森友学園、日本会議直系の小学校 に国が差し引き200万円の収入という、実質タダで譲渡されたと話題にな ていおる。大阪はなぜか日本会議の勢力の強い地域であり、東大阪市に は日本最大規模の日本会議の支部がある。そこから日本会議系教科書、 育鵬社の教科書の採択が現実化している。その日本会議の主張とは、で はなんだろうか、端的に言えば明治以降の近代天皇制を再現する、その 実現の外交的担保としての親米路線、自発的対米従属路線である。明治 から敗戦までは近代天皇制... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/21 19:48
南京大虐殺を虚構と言えば北朝鮮を笑えない。頭を冷やすべき。
南京大虐殺を虚構と言えば北朝鮮を笑えない。頭を冷やすべき。  東アジアとは往々にして常軌を逸脱する国情が存在する。中国、日本、 北朝鮮、韓国、はっきり言ってどの国もちょっとおかしい。どこが善でどこ が悪と言い合っても、議論が暴走する傾向がある。東アジアの四カ国に は確かに良からぬ共通点があると言わざるを得ない。だからしょせんお互 いさまと言ってしまえばそれまでにせよ、国内の都合での事実の歪曲が まかり通るは恥ずべきことである。中国のチベット制圧、北朝鮮の数知れ ないテロ行為、悪行、日本の日中戦争などでの人道に反する戦争被害、 韓国兵のベトナ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/20 21:11
再論・ゼロ戦とはどんな飛行機、‥・美談を超えて
再論・ゼロ戦とはどんな飛行機、‥・美談を超えて     戦後は「ゼロ戦・大和」に時代でかって少年週刊誌では、もう毎週、ゼロ 戦、戦艦大和の話題ばかりといってよかった。今もその「ゼロ戦・大和」時 代の思惑も秘められて続いている。・・・・・・そう、続いているが、戦前、戦艦 大和を知る一般の国民はおらず、名称まで一般に募集し、戦闘機の名前を 冠した映画まで作られた陸軍戦闘機とことなり、海軍戦闘機は秘密主義で、 「ゼロ戦」という名前など全く存在もしなかった。皇紀2600年で零式艦上戦闘 機という公的な名称はかろうじて存在しても、通称も愛... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/20 12:01
大原美術館草創期の苦しみ
大原美術館草創期の苦しみ  倉敷市の美観地区内にある大原美術館、その由来は大原孫三郎と 児島虎次郎との出会い、その後、これを発展させた大原総一郎の地道 な努力、これらは十分語り尽くされていることで繰り返す必要もないとは 思う。が、大原美術館が開設されたのは1930年、昭和5年、日本は不況 のどん底、孫三郎の倉敷紡績の経営も良好とは言えなかった、困難な 時代であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/18 22:40
今、大阪で何が起きているのか、森友学園という戦前回帰の悪の華
今、大阪で何が起きているのか、森友学園という戦前回帰の悪の華  現在日本の最も尖鋭な右傾化、極右化、ファシズムアイテムの 蔓延という大阪府の状況で戦前の軍国日本の教育を幼稚園児に 行っている「塚本幼稚園」の森友学園に市価の一割、実質、タダ同 然という「価格」で国有地が売却されたという。そこで森友学園は塚 本幼稚園での暴挙が連続する小学校舎を建設し、戦前と同じく、軍 国教育によって出来上がった日本流ファシズムの純粋培養された 人間を続々作り出そうというわけなのであるが、・・・・・「瑞穂の國記 年小学院」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/17 11:34
徳田秋声の気骨、「縮図」連載の中断
徳田秋声の気骨、「縮図」連載の中断    以前、戦時下に軍部が文学者を集めて戦意高揚に協力するよう 要請した際に、徳田秋声がスクッと立ち上がって「私はただ自分自 身の信念にしたがって書くのみです」とやんわりと戦争協力を拒絶 したという勇気ある発言、その結果戦時下では徳田秋声は干され たにせよ、徳田秋声の気骨を示した出来事として永遠に記憶され るべきだと考える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/16 19:45
井上日召、現代につながる宗教右翼としての仏教
井上日召、現代につながる宗教右翼としての仏教  その昔、私が広島の大学にいたとき、特別講義とかいうことで、元 東京都立大学長で発生生物学者の団勝磨氏が教室に来られたことが あった。団となんとか磨という名前はざらにあるはずはなく、音楽家の 團伊玖磨はお馴染みだが、戦前、1932年、昭和7年、血盟団のデロの 犠牲になった当時の三井財閥の総帥、団琢磨も歴史的には有名であ る。団勝麿とはその団琢磨の次男である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/16 00:10
遂に金正恩に殺られた金正男
遂に金正恩に殺られた金正男  マレーシアで北朝鮮の金正恩の異母兄、金正男が北朝鮮の女性 工作員によって殺害された、と見て間違いはない。そもそも以前から 北朝鮮は金正男の殺害を狙い続けていたのは周知の事実で実際、 その工作員が韓国に逮捕されたこともある。それにしては、金正男の あまりの無警戒ぶりで、偽造旅券を駆使して色んな国に出入国を繰り 返すという、やや無軌道な軽佻浮薄ぶりではあった、・・・・・から仕方 がないといえば仕方がない、にせよ、改めてテロ国家、北朝鮮の本性 を世界に示した事件である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/15 12:32
女性が男性を好きなる奇妙で変態的な理由
女性が男性を好きなる奇妙で変態的な理由  古来、女性が男性を好きになる理由というのは、男性が女性を好き になり理由と違って、あまりに異様で奇妙で変態的なケースが多い。 男性が女性を好きになる、というのは広い意味での面食いである。と 言って何も顔ばかりにとらわれているわけではないが、基本は美人か 、可愛いか、愛らしいか、さらに進んで思いやりがあって優しいか、そう いう、基本的には多くの人が見ても至って妥当な理由が女性を好きに なる理由となる。男とは基本的に「いい女」が好きになるのである。だ から美人であってもツンツンしてい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/14 19:49
今年のGWは「矢掛屋」(岡山県)に宿泊?
今年のGWは「矢掛屋」(岡山県)に宿泊?  昨年、一昨年とGWは東京のお台場グランパシフィックに二泊した。 正直、新幹線の料金とホテル代だけでかなリの出費、もちろん海外 旅行に出かける人も多いのだから、いかにも貧乏くさいことを言っても 笑われるだけにせよ、今年、2017年についていえば水、木、金、の 三連休。土曜がY休みの人は五連休でも子供が休みとは限らない。 4月29日は土曜日、ま、土曜が休みでない人も多くはこれで連休に なれたわけだが、あまり魅力的な日程でないという今年のGWである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/13 19:52
東京の人はどうやって毎日の食料品を調達?
東京の人はどうやって毎日の食料品を調達?     高齢者になったら何かと便利な?大都会に移れ、という誤った考えが メディアを通じてはびこっている。「車に乗らなくていいから」、・・・・・・・・ とんでもな間違いである、と思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/12 20:31
久米邦武事件、紀元節(建国記念日)に寄せて
久米邦武事件、紀元節(建国記念日)に寄せて  さて、2月11日は明治において初めて制定された紀元節の戦後版と いえる建国記念日である。これは戦後すぐに発足した神社本庁による 最大の政治的目的であった「紀元節復活」運動の結果である。神社神 道の長い歴史から見ればあまりに異質で異様な明治時代からの国家 神道を日本の「古来からの絶対的伝統」とみなし、記紀の内容自体を 国家統治原理とするいわゆる近代天皇制の絶対化、その発露こそ道 義国家建設とする神社の使命、現人神の天皇による明治以降の戦争 は聖戦であり、正当な自存自衛のための戦いで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/11 11:35
腎臓病で生き延びる方法は即、一病息災の真実
 もちろん持病がある以上はどうなるか分からない、最近、胃病も併発 して「二病息災」と強弁したが、胃病の原因はある薬の服用と判明した。 胃の具合が悪くなった時期とその薬の服用開始時期は完全に一致して いたので・だんだん疑問になって服用をやめたら、胃はスッキリと治った みち。まさか、という感じ。でも胃病の苦しみを初めて味わって勉強には なった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 22:56
作家、火野葦平の死の残照、自殺の真相
作家、火野葦平の死の残照、自殺の真相    戦前、「糞尿譚」で芥川賞を受賞し、応召従軍しての数々の兵隊文学を 書いて一世を風靡し、「花と龍」などの九州人の鮮烈な生きざまを描いた 作品や、戦後、中国を訪問した体験「赤い国の旅人」で世評も高かった作 家、火野葦平は1960年1月24日、自ら命を絶った。その前日、NHKの朝の 番組で八幡製鉄所訪問を行っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 12:03
車の買い替えのダウンサイジングのメリット、ディメリット
車の買い替えのダウンサイジングのメリット、ディメリット  これは巷でよく論じられる話題であるが、これは購入者の年齢も考える 必要がある。これから収入も増えていく可能性がある若い人なら無理をし てでも希望の高級車、高価格車という選択も悪くはないが、その結果、不 渡りを出さないように注意すべきであるとしても、・・・。次の車は多少は 今より余裕のある、夢をいくらかでも実現する車、とは誰しも思うもので ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/08 20:43
光岡良二詩集「伝説」を読んで
光岡良二詩集「伝説」を読んで   光岡良二氏を私が初めて読んだのは、かって角川文庫の「いのちの初夜」 (北条民雄)の巻末に付されていた光岡良二氏の北条民雄についての文章で あった。川端康成の解説と並べられての文章だったが、光岡氏がすでに入所 していた多摩の全生園にあとから入ってきた北条民雄であるが、全生園の医 師が「文学をやっている人のようだから、光岡くん、ぜひいちど会ってみたら」 と勧められての訪問記。北条民雄に初めて会った光岡氏は「人なつっこさを グっと感じた」という。光岡良二氏には北条民雄についての著作もあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/07 19:08
行き着く先は良寛さんの生き方かもしれない
行き着く先は良寛さんの生き方かもしれない  良寛さんについて書かれた本は多い、そのどれもが優れた内容を持っていて 本当に勉強になると思う。小学生時代、各教室にミニ図書館みたいに本が置か れていたその中に良寛さんの子供向けの本もあった。結構愛読もした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/06 20:25
視覚障害のフリ、詐称をする男 あまりに大胆で悪質(新倉敷駅)
視覚障害のフリ、詐称をする男 あまりに大胆で悪質(新倉敷駅)  最近、聞いた話だ。毎朝、新倉敷駅に下りの電車から降りる一人の男が いる。座頭市よろしく、おそるおそるステッキをついてこわごわ歩いている 、様に見えるべく演技をしている。見ている人は「目が悪いにしては随分、 歩く速度が早いな」と怪訝に感じたという。改札を過ぎて駅を南に出る。 出て数十メートル(も行かないかもしれないが)長尾モータープールくらいの 位置につけると、何か(眼が悪い癖に!)周囲を注意深く見回して、そのステ ッキ、何と折りたたみ式でカバンに収納できる。カバンにステッキをしまい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 22:24
生涯、恋愛経験なしの論理
生涯、恋愛経験なしの論理  恋愛経験がないのは事実、これは例えば玄人女との下らない付き合い等は 恋愛というべき対象ではない。あくまで素人の女性との、いわゆる恋愛を恋愛 経験というのである。当然、不倫のたぐいも恋愛というには値しない。基本的に は青春時代の産物的なある種の純愛的な雰囲気がないと恋愛とはいえない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 12:12
高齢者をダシにした「自動ブレーキ義務化」をどう考えるか?
高齢者をダシにした「自動ブレーキ義務化」をどう考えるか?  まず自動ブレーキは乗れば分かるが、はっきり言って非常に恐い。しょせんは はカメラ、レーダーなどでの認識なのだから人間の脳による真の認識はない。 これれはミッションの「オートマ」が決して真の意味での「オートマ」でないことと 同じようなものだ。実際の道路交通状況の把握、物事の認識はそのような頭脳 が自動ブレーキ自体に備わっているはずはない(あるものは不完全すぎる未熟 品機能)のだから、結局は不完全なメカ的認識を超えるものではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/04 00:09
渡瀬淳子(女優)の裸婦像を銭湯で見て書いた女性の秘話
渡瀬淳子(女優)の裸婦像を銭湯で見て書いた女性の秘話   かって渡瀬淳子という女優がいた。宇野浩二の小説や、また広津和郎の 随筆にも触れられている。基本的資料は多いとはいえないし、画像が見つけ にくい。探せばどこかにあるのである。大阪松竹女優養成所の二期生、島村 抱月の芸術座に入ったが澤田正二郎らと脱退、1913年、大正2年、澤田と結 婚、1917年、大正6年、澤田らと計11名で新国劇創設、その舞台で活躍、1924 年、大正13年に離婚、その後は新劇で活躍。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/03 18:23
日本が今、おかしい。自由社会の消滅。
 アメリカでの数十万人規模の雇用創出のためGPIFの年金資金をアメリカ のインフラに投資する、と今度の日米首脳会談で提案するそうだ。また株式 投資と同じく財布代わりだし、やっぱり民間サラリーマンの年金資金だけを 使うわけだろう。いつ何時でも公務員共済は手堅く国内債券で運用、でも、 こんなことって国内メディアはほとんど、というか全く報道しない。どんな異様 な政策に対しても堂々と批判するメディアはほとんど見当たらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/03 11:59
尼港事件(1920年、大正9年)を起こした軽率な判断
尼港事件(1920年、大正9年)を起こした軽率な判断  1918年に始まるシベリア出兵は日本軍に於いては結局、1922年、大正11年 まで続けられ、四年間で3500人の死者を出し、当時の額で10億円という巨額 な資金を日本は費やして、現地のロシア人に深い恨みを残して終わった。実際 、1918年9月にはロシアの極東地域で日本軍は進撃を続け9月5日のハバロフ スクを占領、9月18日にはアムール州のブラゴベシチェンスクを占領、さらにコ サックのセミョーノフを支援し、満州からザバイカル州に進行して9月8日にチタ を占領した。かくして秋までには日... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 22:47
日本の明日は本当に良くなるのか
日本の明日は本当に良くなるのか  別に、ただの一人の無名の市政の民として、現在の日本の状況、それを取り 巻く世界の状況は何とも不可解で袋小路である気がする。戦後、全く無一文の 焦土から必死の努力で這い上がってきた日本、日本人もここに来て、進むべき 方向を実際は見失っているとしか思えない。間違いないのは人類史でも例のな いような超々高齢化社会、・・・他方、戦後の平和と民主主義の中から経済成長 に全力を注ぐ、という統一された意志が崩壊し、安倍政権、そのバックにいる日 本会議などの右翼的勢力は何かといえば「戦後レジームか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/01 22:22
「キリストの幕屋」というユダヤ教・国家神道習合宗教幻想
「キリストの幕屋」というユダヤ教・国家神道習合宗教幻想  でも「キリストの幕屋」などというキリスト教系とされる宗教団体があるとは 最近まで知らなかった、が知る人ぞ知るのであり、1996年に創設された元 共産党員の藤岡勝信などの指導による『新しい歴史教科書をつくる会』に 、毎回、多数の「キリストの幕屋」信者が押しかけて大いに物議も醸して、そ の名をしられるというべきか、煙たがられる宗教団体として隠微な知名度は 確かに存在はしていたらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/01 00:10

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

つぶやき館 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる