つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本会議の過小評価は危険、亡国。政治支配のモンスター化。

<<   作成日時 : 2017/02/24 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 安倍晋三記念小学校と一旦は命名された大阪の森友学園の豊中市
の小学校、まだ正式認可はないがその建物は小学校としては類を見な
いほどの豪勢さだという。実質タダで、しかも割引名目の廃棄物運び出し
は実際はやってもいない。ここまででたらめな国有地払い下げ、「売却」
は前代未聞である。まあ、瑞穂の國記念小学校を国策の国立小学校と
思えばいいのかもしれないが。・・・・・安倍晋三などの自民党保守派、日
本会議はあのような教育、戦前の明治以降の、大日本帝国憲法、教育
勅語発布以後の公教育、国家神道という近代ファシズムを徹底して叩
き込む教育をやはり、理想としていたことはあらためて分かった。

 日本会議と安倍政権の方法論は単純、明確である。明治創建の国家
神道(近代天皇制)は古代に名を借りた近代ファシズムでしかないのだか
ら、「伝統」を何万回でも繰り返して主張し、そのアイテムを実現したら即、
近代ファシズムになるわけであるから、目的は達成されるわけである。
もちろん明治に数限りなく創案された国家神道名目の諸アイテムは全く
伝統でもなんでもない、だがそれは十分、現代人を煙に巻けるもので
あると見抜いている。その方法論、目的で日本会議と安倍政権は完全
に一致している以上、もうどちらがどちらを利用もない。一心同体である
。明治回帰、すなわち近代国家神道ファシズム回帰の中心勢力は神社
勢力である。氏子たちを武運長久の祈念で戦地に続々送り出した、あの
歪んだ黄金時代!が蜜の味で忘れられないのか、・・・・・本来の神社の
伝統が氏子の平安、平和な生活を祈念するというものであるのに著しく
反し、不見識の極みで誠に遺憾である。靖国神社、護国神社などは
明治以降のもので本来の神社の伝統を引き継ぐものではない。

 とは言え、すでに塚本幼稚園で園児たちに軍歌を歌わせ、旭日旗を
持たせて振らせ、教育勅語の斉唱、・・・戦前の軍国時代でも幼稚園児に
軍歌を歌わせることはまずなかった。森友とは日本会議の大阪支部の
幹部であるという。大阪には東大阪支部という日本会議で日本最大規模
の支部がある。現実にここまで荒唐無稽な暴挙が推進されて実現されて
いる実情は、「日本会議」の政治中枢との一体化が現実化しているから
である。

 日本会議については昨年、立て続けに多くの本が出版された、もちろん
批判的見地からである。ベストセラーになったものもあるが、では国民全
体から見るとその危機意識はまるで浸透していないように見える。国政選
挙では相も変わらず安倍自民党の勝利ばかりである。小選挙区制のトリッ
クもあるにせよ、ここにいたっての国民の多くがどっぷり草の根保守に浸
かっている状態はなんとも強固に見える。

 日本会議についてはすでに出版されている多くの本で十分説明されて
いる。基本的にはそれまで存在した「日本を守る会」、「日本を守る国民会
議」を統合して1997年にできたもので運営の主体は、「生長の家」のかって
の右翼学生運動組織「日本青年協議会」がそのまま横滑りで取り仕切って
いる。日本青年協議会と日本会議の事務所は同じ建物にある。いわば統
合された右翼巨大プラットフォームであるとは、いささか陳腐な表現だが、
神社本庁を中心とする神道団体、右翼的性格を持つ既存大仏教教団、小
規模な宗教団体、経済界、財界人、大学関係者、右翼論客、芸能人、文
化人、スポーツ関係者、など日本における右翼的存在をジャンルと規模、
団体、個人を通じて相当に網羅している。

 その会員には国会議員、特に自民党の政治家は今や七割以上が加入
ともいわれ、そのための日本会議国家議員懇談会が存在し、安倍総理ら
自民党幹部、閣僚はその要職に就いている。さらに地方議会議員への加
入の働きかけも異常に熱心で執拗であり、すでに日本会議加入率が半数
を超えている地方県議会も少なくない。

 日本会議は明確に国政レベル、地方レベルで議員の加入を促し、影響
力を行使し、日本会議の政策実現を図るという手段と目的を持っている。

 神社本庁の政治団体で神道政治連盟もあるがその考え、政策の目標は
日本会議とほぼ寸分違わず一致しており、やはり自民党国会議員の大多
数が神道政治連盟に加入していても齟齬は一切起きない仕組みである。
今や、はっきりいえば神道政治連盟も日本会議の最重要の関連団体とい
って差し支えない。同様に自民党もかっての自民党ではない。日本会議の
政治部門の最重要の関連団体といえる。

 ★日本会議に日本の内閣、政治が完全に乗っ取られている、という批判
は以前から多いが、・・・・・・

 そのような考えは「日本会議への過大評価である。実際はそんな力も影
響力もない」と日本会議に側に立つ人たちからのコメントは多い。

 だが、それが日本会議への過大評価どころか、実は過小評価のレベル
であったことを証明したのが、今回の森友学園の事例である。

 正に前代未聞であり、総理の夫人が「この幼稚園教育を受けて、また
普通の公立の小学校に入ったら大切なことが全て失われる」と、堂々と
「公教育否定」の論理をぶっているのである。寄付金集めの用紙には
「安倍晋三記念小学校」と明記されていた。安倍が「知らない」といって
夫人の抜き差しならぬ関係を見ただけで、白々しい逃げ口上と見るしか
ないであろう。

 すべてが狂っていると考えなければならない。日本の右翼が神社本庁
の「歴史と伝統、国体」に基づいた大日本帝国憲法と教育勅語の復活、そ
レさえやっておけばそれらは明治創製に新たなるファシズムアイテムに満
ちているから、もう自動的にファシズムに、明治のファシズムが現代日本に
復活する、ということである。国家神道がそれまでの神社神道、宮中祭祀を
リソースとした疑似一神教の近代ファシズムであり、教典は大日本帝国憲
法と教育勅語、さらには軍人勅諭というわけである。さすがに軍人勅諭の
復活までは以下な神社本庁でも言っていないようだが、理念的には戦争天
皇なのだから同じことであろう。


 ともかく神社本庁を中心とし、日本青年協議会の面々が運営する日本会
議は明治の近代天皇制ファシズムを「美しい日本」と咆哮し、戦争に明け暮
れた日本は自存自衛の絶対的聖戦を戦い抜いた真の日本、といういわゆ
る「戦前回帰」、実は明治の国家神道ファシズム回帰を目標としている。

 ともかく森友学園の事案を見るにつけても、安倍晋三夫妻の明治以降の
国家神道軍国ファシズムへの傾倒は並大抵でなく、幼稚園児に軍歌を歌わ
せ、運動会の宣誓で「安保法制の国会通過を祝福」と園児にいわせるこの
塚本幼稚園において、日本会議大阪支部の幹部によるこの幼稚園への呆
れたゾッコンぶりは今までの自民党総裁、戦後の一国の総理には絶対に見
られなかった奇観である。

 その安倍晋三を自民党総裁に押し上げたのは日本会議である。日本会議
こそは第二次安倍政権の生みの親である。もはや離れ得ない安倍政権、自
民党と日本会議であろう。

 ★稲田朋美の「日本会議過大評価」のコメント『日本会議の正体』青木理

  ーまずは日本会議国会議員懇談会に入ることになった経緯からお伺い
したい。

 稲田「もう随分前、記憶は定かではないのですが、たしかにお誘いがあっ
たんです。私はもともと弁護士で、いわゆる『百人斬り』名誉毀損裁判の主任
弁護士を務めていました」

 ー戦時中、日中戦争のさなか、日本軍による南京攻略で日本の二人の
将校が「百人斬り競争」を行ったという、当時、南京攻略後の新聞で大きく
報じられた問題ですよね。その将校の遺族が2003年『これは創作記事で
名誉を既存された」として当時の東京日日、今の毎日新聞や、また朝日新
聞を訴えたんですね。稲田さんは遺族側の主任弁補任でしたね

 稲田「私はそういう活動がきっかけで総理(安倍晋三)に誘われて政治家
になったんです。また日本会議の小堀桂一郎先生とか、そういう方々が私の
裁判を応援してくださったという関係もあったので、自然にお誘いがあって
入ったという感じです」

 ーその日本会議について、海外メディアなどは「日本最大の右翼ロビー
団体」とか、「安倍政権を牛耳っている」などと報じてますね。

 稲田「そういうイメージは持っていないというか、そんな力のある組織とは
感じたことはありません。もちろん、いろいろ依頼されますよ。こういう会に出
手離してくれとか、憲法のシンポジウム出席の要請を受けることはあります。
そういうものをロビー活動というのかもしれませんが、私の政治活動を直接
バックアップしていただくとか、何か見返りでしていただくとか、そういう濃密
な関係はございません」

 ーたとえば政治資金とか選挙運動で支援してくれるというようなことは?

 稲田「そういうことはありません。むしろ私が日本会議国会議員懇談会の
事務局長をやっていて総理(安倍)も同じく神道政治連盟国会議員懇談会の
会長をやっている、そのほうが選挙には協力してくれます。神社は自民党よ
りですし、各地域に神社があって地域活動とかお祭りをやっいぇいますから
、つながりは強いと思います」

 ーでもその神社本庁も日本会議の最有力メンバーなわけですから、同じこ
とじゃないのでしょうか。

    ーーーーーーーー

 安倍政権と日本会議の主張は親和性が高く、結果的に日本会議国会議員
懇談会に入る閣僚が多くなるだけなんでしょうか?

 稲田「結果的には安倍総理の思想信条と、日本会議の推進する政策とは
一致しているところが多いと思います」



 稲田朋美のインタビューからは「日本会議はまとまって運動していない」と
か「たいした力はない」といって煙に巻いていることである。だがその主張は
安倍政権、自民党とほぼ完全一致である。もはや二人三脚の一心同体といっ
て過言ではない。

 ★「放送法の遵守を求める視聴者の会」はほぼ全て日本会議の息のかか
った者たちで占められていた。テレビ局への政権批判的発言への執拗なイヤ
ガラセ、言論妨害は日本会議の仕事である。

 遂に行き着く所まで来た日本会議と政府自民党との一体化、それによる日本
会議のモンスター化!

 一般新聞メディアも例外を除き、日本会議はほとんど取り上げようとしない。
またテレビも完全に日本会議については黙秘である。

 伝統を正当化の根拠として、実は明治の特異な国家神道ファシズムへの回
帰しか考えようとしない、日本会議、その国政支部の自民党。

 塚本幼稚園から森友学園への前代未聞の国有地実質無償譲渡は日本会議
の日本政治支配の一端である。もう、「日本会議は実は力などない」などという
ざれごとに惑わされてはならない。もはや日本国民に残された時間は十分ない
、崖っぷちなのである。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本会議の過小評価は危険、亡国。政治支配のモンスター化。 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる