つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三はなぜ伊藤哲夫、椛島有三の舎弟となったのか?「塚本幼稚園」の狂気

<<   作成日時 : 2016/05/20 08:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 私の親戚、というか叔母夫婦だが、・・・田舎を飛び出して住み着いたのが
大阪市の当時は東淀川区、現在は淀川区の「塚本」なる土地であった。大阪
というには、尼崎的でである。東海道線の大阪駅と尼崎の間の駅が塚本駅で
ある。大阪市のなかで長く発展から取り残されたような土地で梅田に近いの
で水商売の女性とか、またヤクザ者がやたら多い土地柄であった。基本的
には今もそうだろう。私にの従兄弟たちはだから「塚本小学校」に行った。本
来は共産党勢力が強く自民党など無に等しいような気風であった。・・・・・・・
しかし、・・である。世の中わからないものである。このスラムのような土地に
、・・・・である。

 ★「生長の家原理主義」の「塚本幼稚園」なるものが、このような場所にある
のだ。

 これは最近、「日本会議の研究」で知ったことだ。それによると、『この写真
は大阪護国神社で「同期の桜を歌う会」に参加した「塚本幼稚園」に園児たち
が参加した園児たちが参加した様子をとらえた動画のキャプチャである(写真
有)。この塚本幼稚園、・・・・写真は園児たちが「教育勅語」を唱和しているシ
ーンである。さらに「教育勅語」に続き、戦時歌謡の「日の丸行進曲」や「愛国
行進曲」などを歌唱している。

 しかし戦前の黒革の「生命の実相」を掲げて(柄にもなく微笑んで)講演する
「稲田朋美」と「愛国行進曲を咲和する塚本幼稚園」の間には極めて太い関
係があるのだ。』

 幼稚園児に「同期の桜」を歌わせ、「教育勅語」を唱和させるというのが、
「生長の家原理主義」の教育観、ひいては国家観であるわけだ。でもより
にもよって「塚本」とは微苦笑させられる。

 
  
画像


 
画像


 要するに、「日本会議」と単純に考えてしまうが、その運営主体、実施はかっ
て「生長の家」学生運動の出身で「長崎大学正常化運動」で左翼学生を打倒し
た椛島有三は事務総長の「日本青年協議会」である。さらに「生長の家」の元
広宣部長の伊藤哲夫、これも右翼学生運動出身だが、・・の「日本政策研究
センター」が安倍政権、すなわち自民党を支えているわけである。

 さらに外務省を支配しているのが元「生長の家学生会全国総連合」の委員
長(早稲田)であった土橋士朗、現在の名前が高橋史朗である。

 ★安倍晋三がなぜ伊藤哲夫、椛島有三の舎弟となったのか?

 椛島有三、伊藤哲夫も「生長の家」の学生運動、右翼運動の出身で1970年
安保の「当事者」である。いわばその時点で左翼学生と対決することが原点
でもあった。「生長の家」はいつの間にか、せんぜんの国家神道支配の軍事警
察、家父長的家族制度への回帰を目指す窮極の保守反動となて以来、60年
安保での祖父の岸信介への社会からの猛攻撃を見て、左翼憎悪の精神を叩
着こまれた安倍晋三にとって、あたかも思想上からも「天上人」の如き崇拝の
念を土橋士朗も含め、椛島有三、伊藤哲夫に対し抱くにいたったことはその
ある意味、自然であった。

 「生長の家」の政治運動はかって村上正邦など総裁選出まで影響力を行使
するほどの自民党有力議員を支配下に置き、かなりの力を有していた。「生長
の家」自体は政治から表向き手を引いても、生長の家出身者による「日本青年
協議会」、「日本政策研究センター」などを通じて実質的に政治行動を行ってい
るといえる。

 安倍晋太郎の息子であり、岸信介の孫、その弟が佐藤栄作という「華麗
なる妖怪ファミリー」の「運命の子」?であったという安倍晋三は学歴は精彩
を欠いた。つてで神戸製鋼に入社して政治家には乗り気ではなかった.だが
60年安保の左翼憎悪の深層心理、南平台の岸信介の自宅で過ごした子供
時代を懐かしむことによる戦前回帰思想、・・・・60年安保の猛烈な左翼学生
運動に戦慄した安倍晋三が左翼学生と戦い勝利するという「生長の家」の学
性運動出身者に無上の価値を見出したこと、大臣経験もなく当選回数も少な
い安倍の右翼的資質を見ぬいて支えようとする椛島有三、伊藤哲夫などの
結果として舎弟!となって椛島、伊藤らの政治目的に奉仕することになったの
も、けだし成り行き任せとはいえないものがある。

 ★生長の家原理主義運に参画する稲田朋美、百地章などの安倍政権関係
者。

 また引用させていただくと

 『安倍政権を支える「日本会議」の事務総長の椛島有三も、安倍の筆頭ブ
レーンと目される伊藤哲夫も、内閣総理大臣補佐官の衛藤も、南京大虐殺
事件の登録素子の政府行動を担っ土橋(高橋)士朗も、全員が「生長の家」の
出身者である。だが「生長の家」自体は1983年から政治運動から撤退してい
る。

 その路線変更を良しとしない古参信徒たちが今、教団に反旗を翻し、「生長
の家原理主義」を展開中であり、その運動に稲田朋美や百地章など、安倍政
権と深すぎるつながりを持つ政治家その他が参画している。(生長の家原理
主義運動は、塚本幼稚園の事例のように、政治だけでなく市民社会で、ファナ
ティック、狂信的な右翼的風潮を醸し出している』

 まことにヤバイ(苦笑)現在の日本の情勢である。安倍は日本青年協議会た
日本政策研究センターの「改憲テイムテーブル」を100%忠実に実行している
に過ぎない。しょせん椛島有三、伊藤哲夫の安倍は舎弟なのであるから。

 日本を支配するのは日本会議というより、生長の家原理主義の倒錯しきっ
た時代錯誤の狂気である。信者の数では取るに足らない「生長の家」だが、
その右翼学生運動の「成果」が今頃になって出ている、わけだろう。日本の
非常事態である。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
安倍晋三はなぜ伊藤哲夫、椛島有三の舎弟となったのか?「塚本幼稚園」の狂気 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる