つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 舟木一夫の結婚式に招待された唯一の芸能人は(音大雑感)

<<   作成日時 : 2011/12/24 00:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
それは先ごろ亡くなられた山内賢さんだ。

 見るからに人柄が良さそうでスッキリしている感じ。日活映画での共演が
多かった。

 また舟木一夫の奥さんの出身大学は・・・・、

 これは音楽系の学部で宮城学院女子大学、ここの音楽科は悪くない。

 北海道、東北甲信越、北陸などの北日本(寒冷地域)で唯一の音大、音楽
科である。北日本でクラシックコンサートがほとんどないのも、これに起因し
ている。

 婚約後、舟木が自殺未遂を起こして彼のお父さんが仙台まで行って土下座
までして・・、「一夫を俺みたいにしてはだめだ」何か10回も入れ替わり立ち替
わって嫁さんを変えて「本当にいい迷惑をかけてくれたよ」と舟木一夫をして
言わしめた父親だったが、根底では愛情のある父親だったわけだ。

 しかし、それを乗り越えて婚約者とゴールインした。

 いわゆる音大といわれるものは何とか音大、芸術大という大学ばかりでなく
一般学部を持つ大学や、あえて音楽大、とかを名乗らない大学もあるので意外
に知られていない「音大」もある。

 無論、その世界の人は知ってはいるけど。

 音大(音楽系学部、学科)は大学の実技試験の偏差値は確かにあるが、要は
実力で

 トップの東京芸大音楽科でも、卒業して本当にモノになれる人は一部だ。
卒業しなくても葉加瀬さんみたいに、素晴しい活躍、また実力を身につければ
いいわけだし。

音楽の世界では特に顕著でも、一般に世界に出たら「日本の大学名」など
ゼロの意味合いしかない。

 上野学園大は最近、共学化したけど早速、その効果で辻井伸行君がピアノで
国際的なコンクールで優勝した。

 YOU TUBE に音大で唯一専用チャンネルを持つ洗足音大だが、ここのレベル
も高い。

端的に言って音楽系では東京芸大がトップだが、続く評価は割れる。武蔵野音大
は最近、凋落のウワサはあるがヴィルトーゾコースは東京芸大に匹敵するかも、し
れず、桐朋学園大はソリストコース以外でも東京芸大に迫るが・・、いずれにしても
入るときの実技レベルであって、その先は本人の努力と言いたいが

 クラッシックコンサートは圧倒的に東京中心で、コンサートに日常、接することの
可能な環境という点で東京にある音大の優位性は高すぎる。

 愛知県は愛知県立芸術大、名古屋音大、などがあってクラッシク公演は大阪と
同等だ。愛知県立芸術大は難関でレベルが非常に高い。

 大阪の音楽系大は、いまいちだが、関西圏では京都市立芸術大がトップとなる。

 あまり存在を知られていない一般大学名だが、・・・神戸女学院、また相愛大の
音楽科もいい。

 地方では、「くらしき作陽大」の「モスクワ音楽院特別演奏コース」もレベルが高い。

 まあ、東京芸大、桐朋学園大、国立音大、東京音大、愛知県立芸大、京都市立
芸大などが入試時の実技試験のレベルは高いが、知名度は高くなくても実質「光る
音大」もあって、別に「偏差値」にこだわることもない。

 私学の音大で重要なこと

 1.授業料を滞納しないこと

 2.正規の授業とは別に必ず教授の個人レッスンを受ける

 3.その時、絶対に質問をしないこと

 が重要でしょうか・・・。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
舟木一夫の結婚式に招待された唯一の芸能人は(音大雑感) つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる