つぶやき館

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民年金は貧乏税だ!支払い免除を使って25年でやめろ。

<<   作成日時 : 2011/08/13 11:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
 「年金を払わないのは非国民」だと上は言う。「強制執行を辞さない」と言う。
では「サラリーマンと夫をしておけば掛け金『一切不要』である」のは説明がつかな
いはず。

 「会社の登記」だけしてフリーターの夫をサラリーマンに仕立てればいい。

 妻の分を夫が天引きされているのではない。無年金者の税金からも、要はドンブリ
勘定で払われているのだ。

受給額で言えば「25年免除申請でもバカ正直に40年大きな掛け金を払っても
目くそ鼻くその差もない」のだ。障害者年金などの、国民最低の基本的権利を
得るだけのけものだということを重々理解しておくべき。

 国民年金は2017年には16900円に「改定率」を掛けたものになる。

 「賦課方式」は神聖ニシテ侵スヘカラス、で人口動態の逆ピラミッド化は確定だから
これ以上の金額になるの確実だ。

 逆に、月額66000円程度の支給は「制度の維持のため」ますます減らされるのも
確定と言うべき。

 「改定率」とは「出生率」を念頭においているフリだが、問題は受給者と負担者の
絶対数だ。出生可能な女性が一人で出産すれば「出生率100%」だ。

 今は団塊ジュニアの駆け込み出産があるが、直ぐに過ぎる。

 要は「出産可能年齢の女性数」という分母だが、なぜか、お上はシカトしている。
本質から眼をそらせたいからだ。

 年金は不平等、不公平、非合理、また、ありとあらゆる不正の温床だ。

 「厚生年金者(企業年金も含む)や公務員共済受給者」が「俺たちは払ったんだか
ら受給が多いのは当然だ」という。

 考えて欲しい。日本の公的年金は「賦課方式」で「個人勘定」ではないのだ。

 「後世代の負担の恩恵、また税金投入の恩恵、各種恩典に浴せられる職種」に
いたからに過ぎない。

 だが、それもこれも、若い人口動態が必須だが、現実は全く逆だ。

 完璧な「逆ピラミッド」構成は確定している。

 が、現行システムは人口動態が圧倒的に若く受給者より負担者がはるかに多
い、ことが大前提だ。だから第3号国民年金受給者は掛け金ゼロでいいのであった。

 高度経済成長も前提で、その高度成長を支える?主婦には「その程度なら振る
まいます」だった。

 だから「失業」しても決してお上に申告してははならない。また内容のない登記上
の会社だけでもいいから作っておくのもいい。

 が、それでは不公平?なので「失業」でも「専業主婦」掛け金免除の恩典は維持
となった。

 やれ、菅をやめさせろ、とか政争ばかり報道されているが社会の根底は変わらな
い。システムの将来像などカケラもふれようとしない愚劣なマスコミばかりだ。

 厚生年金は60才から厚生年金部分は受給できる。部分と言っても、国民年金(
基礎年金)部分はスズメの涙だから、ほとんど貰えるし、妻は各種恩典、控除の上
にやはり貰える。(掛け金なしで貰えるのは国民年金だけではない)

 公務員は受給者の増大で公務員共済こそ財政は最悪だが、「公務員特例」」の
付加支給も含め、最高額が受給可能だ。

 それは赤字国債を発行してでも必ず支払われる。「改定率」で、どこまで負担
が増加するのか分からない国民年金の掛け金だ。


 仮借ないのが国民年金層だ。2017年で16900X改定率が掛け金となる。

 この「改定率」がクセ者で「百年安心」はこれによる。賦課方式が絶対だから何を
やっても維持しようとする。

 それは「改定率」を上げること、国民年金の支給をさらに下げること、支給開始年齢
を遅らせること、だが選挙を考えて支給開始年齢はそれほど延ばされない、と思う。

 だが現行で月額7万円以下は、さらに下がる。

 「国民年金で一番愚かな行為は『満額』を目指して毎月、多額の掛け金をバカ正直
に掛ける」ことだ。

 「支払免除」を申請して払わなくても、これが25年なら最低限の諸権利は得られる。
 バカ正直に毎月、払ったのと同じ恩恵がある。

 免除が認めなければ、25年分のみ払うことだ。それか、社保庁ですごめばいい。
半端ではダメ。

 どうせ、国民年金では満額でも光熱費、水道代にもならないのだから。

 リタイア後を真剣に考え、あくまで「個人勘定」でに全力を!

 国は「国民年金者」など虫けらとも思っていないのだから。

 「国民年金層」はますますスラム化する。そして、ますます「貧乏税化」する。と言うか
 「貧乏税」以外に表現のしようがない。

 バカ正直に国民年金を払ってはいけない。長く大学にいて院生をしたり、またバイト
で支払猶予を申請し、最後に25年に到達すればいい。それしか正解はない。

 公的年金が巨大な国家詐欺と思い知るのも遠くはないだろう。国が馬鹿げたシステム
に執着する以上、その被害にあう国民は全力で自衛するしか、生き残る道はない。

国から「棄民」されている以上、「国民の義務だ」、とか「損得で論じるな」などと説教され
る、いわれは毛筋の幅もないわけだ。


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
国民年金は貧乏税だ!支払い免除を使って25年でやめろ。 つぶやき館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる